2010年05月18日

デモ参加者がダウニング街でパレスチナのための正義を要求

2010年05月16日

ロンドン、2010年5月16日 (WAFA) - デヴィッド・キャメロンが先週移ってからの首相官邸前での最初の集会で、パレスチナの人びとのため正義を要求する何百人ものデモ参加者が、土曜日、ダウニング街に集まった。

 新政府は、ダウニング街で、俳優でコメディアンのアレクセイ・セールにより、ダウニング街門前で朗読された、国際法へのイスラエルの応諾を獲得する厳格な措置を講ずるよう要請する、最初の書簡を授かった。平和と正義の呼び掛けを支持しようと、Lauren Boothもそこに居合わせた。

(後略)

全文:WAFA
posted by mizya at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがパレスチナ自治政府ヘブロン市のオフィスを閉鎖

2010年05月16日
Muhammad Oweiweih

ヘブロン - Ma'an - イスラエル当局が、日曜日、ヘブロン旧市街にあるパレスチナ自治政府市警ビルを閉鎖した、とヘブロン市長は語った。

 ヘブロン市長、ハーリド・アル-ウセイリは、手順が「違法でヘブロン協定に違反」し、即座にオフィスを再開するよう努力すると語った。
 アル-ウセイリは、ヘブロン議定書と、1997年1月15日にパレスチナ自治政府とイスラエルの間で署名された協定への違反を構成する、完全なイスラエル支配下のH2として知られる、領域での隠れた行動を警官隊に許していると、イスラエル当局がパレスチナ自治政府を非難する、と語った。

 協定第14条、A号によると、「私服の非武装の市域警察官はH-2域で活動するものとする。これら警察官の数は50を超えないものとする」が、B号で:「警察官は市により発行の写真のある公式身分証明書を携帯するものとする」と述べる。

(後略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルが1万5000人の国外居住者を呼び戻す計画を承認

5年間以上海外にいて戻る市民は、新移民と同じ多くの利益の受け取るだろう。
Lior Dattel

 1万5000人ほどのイスラエル人国外居住者の外国からの帰還を奨励する新計画は、日曜日、政府の承認を得た。

 総理府と移民編入省により纏められた計画は、5年間以上海外で暮らし、イスラエルに戻るイスラエル人のための税金・教育・健康保険給付金のパッケージ同様、国外居住イスラエル人に向けたマーケティング・キャンペーンからなる。

 中央統計局によると、60パーセントほどが北アメリカ、25パーセントがヨーロッパに、およそ75万人のイスラエル人が現在海外に住んでいる。

(後略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:PCBS:1948年以来倍増するパレスチナ人口(05月16日)

 イスラエルユダヤ系の10パーセント以上は二重国籍者となる、多分。
posted by mizya at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

Free Gaza ヴィデオ

2010年05月15日
Alice Walker

gazafriends

Noam Chomsky

gazafriends

アーカイヴ:Free Gaza活動家が第3の船団(01月14日)

 ノーム・チョムスキーのメッセージの映像、張り付いてくれないらしいので、とりあえず「Noam Chomsky」クリックでYouTubeのこの映像に到達できるようリンク。
posted by mizya at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

西岸から追い出されるパレスチナ人を収容する新難民キャンプ

2010年05月13日木曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

ハマース運動に率いられるガザ回廊のパレスチナ政府は、ガザ回廊とイスラエル間のエレツ検問所に、最近、西岸から追い出されたパレスチナ人を収容するため、新たな一時的難民キャンプを設立すると決めた。

 パレスチナ人は、イスラエルが自身に、西岸地区身分証明書も居住許可証もないまま西岸に住むパレスチナ人の強制追放を許す、新イスラエル軍令1650号の下、被占領西岸から強制的に排除された。
 イスラエルは、身分証明書と許可証の発行を統制して、それ故、家族再統合申請を含む、そのような申請書を否定する絶大な権力を有する。
 新法は、西岸から何千人ものパレスチナ人を強制追放し、ガザに移送するもうひとつの企てで、同時に、ヨルダンやアラブ諸国から来た何千人ものパレスチナ人が、ヨルダンに強制追放されるだろう。

 ガザのパレスチナ政府は、新キャンプの財政支援のため、チャリティー団体や他の財源の支援を模索するつもりでおり、措置は住人の帰宅が許されるまでの一時的なものと述べた。

(後略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:国連特別報告官がイスラエル軍令は「国際人権法不履行」と警告(04月23日)
posted by mizya at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイルランド人活動家たちがCRH年次総会で資本引き上げを促す

Adri NieuwhofとJohn Dorman
The Electronic Intifada
2010年05月12日

100512-stop-crh.jpg
ビリンの抗議者たちがMashavからの資本引き上げをCRHに促す標示を掲げる。 (IPSC)

 アイルランド・パレスチナ連帯キャンペーン(IPSC)の活動家たちは、アイルランドに本拠地を置く国際建設資材グループ、CRHに、イスラエルの子会社、Mashavから資本を引き上げるよう圧力をかけている。先週、IPSCメンバーは、活動家(モノ言う?)株主としてCRH年次株主総会に出席した。彼らの目的は、CRH子会社Mashavの、被占領西岸での違法な建設活動へのかかわり合いについて論争することだった。4人のIPSC株主は、1時間の質疑応答セッションを支配し、会社のイスラエルからの資本引き上げは、実際のCRH株主から支援を受けた。

(後略)

全文:The Electronic Intifada

アーカイヴ:堕落のセメント:BDSキャンペーンはCRHアイルランド建設会社の被占領地の資源を搾取するイスラエル企業との取引に反対する(2009年11月30日)
posted by mizya at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラファ検問所が2カ月ぶりに開く

2010年05月15日

ガザ - Ma'an - エジプトが、土曜日、2ヵ月半の閉鎖の後、パレスチナ人の両方向への旅を可能にし、行き詰まっていたエジプト入国を許可する、ラファ検問所を開いた、と事実上の検問所管理は語った。

(中略)

 Ma'anに話して、事実上の検問所管理代表は、6台が患者の輸送で、他の11台がガザ住人を乗せ、17台のバスがラファを経由してエジプトに入ると語った。エジプト国境当局は、午前9時に検問所業務を開始すると彼らは付け加えた。

(後略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする