2010年05月03日

イスラエルの法律提案:違反を報告する組織を違法とする

新法案が、国際法不履行を報告する組織を標的にするとして、イスラエルの人権共同体の中で広がる不吉な予感

JNews
2010年04月29日木曜日
ロンドン、イギリス

 水曜日、イスラエル国会に上程された新法は、国際人道法不履行、あるいは戦争犯罪での、イスラエル閣僚や指揮官に対する法的訴訟で、情報提供、あるいは関係を疑われるイスラエル組織(NGO)登録禁止を求める。

 それはまた、そのような活動に従事する既存の組織を抹消するよう登録協会に要求するだろう。

(中略)

 提案された法案への署名者の中に、イスラエル秘密警察、シン・ベトあるいはシャバクの元メンバー、ふたり:元長官、Avi Dichterと、元副長官、Gideon Ezraがいる。

 法の提案は、特定の組織名に言及していないが、法案提唱者、連立政権と野党、様々な両陣営の19人のクネセト・メンバー(MKs)は、水曜日、法案についての持たれた論争の問題で、例として、イスラエルのグループ、Adalah(アダラ)、イスラエル-人権医師団、イスラエルの拷問に反対する人民委員会、平和の女たち連合に言及した。

 イスラエル日刊紙、マアリヴは、ことさら、イスラエルのパレスチナ市民が主導する人権組織、Adalahに焦点を合わせた。法提案の新聞記事は「MKs提案:Adalahを違法に」と表題された。

 昨日のクネセトでの激論で、左翼系メレツ党のMK、Nitsan Horovitzは、法の提案を魔女狩りと述べた。

(後略)

全文:JNews

 このような法案をイスラエルのマジョリティ(「イスラエルの民主主義の価値基準:戦争犯罪者らでなく人権組織を処罰せよ」参照)が支持しているのだから、シオニズムが害毒と証明している。


posted by mizya at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHRF:「2010年当初以来、トンネルでパレスチナ人52人が殺戮」

2010年05月01日土曜日
Saed Bannoura - IMEMC News

パレスチナ人権財団(PHRF)は、金曜日、今年はじめ以来、国境のトンネルで、エジプト当局が、住人がその中にいるトンネルにガスを噴射して、52人のパレスチナ住人が殺害されたと報告した。

 PHRFは、エジプト当局が、継続するイスラエル主導の攻囲のため、ガザ回廊で入手困難な、食糧、薬品、必要不可欠な物資を密輸するため住人により使用されるトンネルに、計画的にガスを噴射すると述べた。

 財団は、これは、住宅地域にガス噴射を禁じる、重大な国際法違反で、行為は計画的犯罪と思われると語った。

(後略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:エジプトによるトンネルへのガスで、4人が殺され9人が負傷(05月02日)
posted by mizya at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルの民主主義の価値基準:戦争犯罪者らでなく人権組織を処罰せよ

アレックス・ケーン
2010年04月29日

 あなたは、イスラエル・ユダヤ人のマジョリティが、深く反-民主的意見を持ち、人権集団の制限、国へのボイコットを求めるイスラエル市民の処罰、また、軍による不道徳な行為を暴くニュースを人目にさらすジャーナリストの処罰を支持する、最近の世論調査に怯えたろうか? さてそれでは、ずっと、覆いの下で(隠れて)得よ(かな? get all the way underneath your covers)。

(後略:修辞学をちりばめた文章を翻訳するだけの語学力はない)

全文:Mondoweiss

 翻訳の時間がなかった「最近の世論調査」(文中「最近の世論調査」クリックでハアレツの記事にアクセス)を、もっと短いこちらの記事で掲載しようと思ったけれど、翻訳に手こずった。
 ニッポンの治安維持法を思い浮かべない訳にはいかない。市民に向けられる、逮捕、拷問、殺戮。破綻に向かう、その一歩。
posted by mizya at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。