2010年05月04日

アヤロン:パレスチナによるボイコットは近距離交渉で議論される

クネセトの経済事業委員会は、入植地製品のパレスチナによる禁止を議論する。副外務大臣は、問題は、審議の準備段階で提出されると語る

Zvi Lavi
2010年05月02日

 クネセトの経済事業委員会は、日曜日、パレスチナ自治政府で先週通過した、西岸のイスラエル入植地で生産された製品を、パレスチナ人が売買することを禁止する、新法への応答の可能性を議論した。

 副外務大臣、ダニー・アヤロンは、イスラエルは、近距離外交の準備段階で、ボイコットを中止するようパレスチナ人に促すと語った。しかしながら、彼は、前提条件なしで会談を始めるというイスラエルの決定故、会談の継続が、禁止の解除に依らないと強調した。

(中略)

 イスラエル製造業協会会長、Shraga Broshは、パレスチナ自治政府の原料と商品の輸出入に、イスラエルの港を閉じることで、新法に応じるよう提案した。

(後略)

全文:Ynet news.com

 被占領者が占領者と「非暴力」で闘うことの困難を示す記事、結局のところ、占領者は何だって出来る。だから国際社会は占領者に圧力をかけ続けなければならない、米国のように、兵器を供給し続けるのではなく。


posted by mizya at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元パレスチナのユダヤ業務大臣、ヒルシュ死去

2010年05月02日日曜日

アラファト政権下、ユダヤ業務大臣として務めたラビ

large_27946_107512.jpg
ラビ、モシェ・ヒルシュは長い間、偶像的パレスチナ指導者、ヤセル・アラファトを「友人であり兄弟」と語った

被占領エルサレム (AFP)

 かつて、閣僚としてパレスチナ指導者、故ヤセル・アラファトの下に勤め、論争の的となったラビ、モシェ・ヒルシュは、日曜日、79歳で、長く患い亡くなったと、親戚は語った。

 1931年、ニューヨークで生まれたヒルシュは、1974年から彼が導き続けた、超正統派で反-シオニスト集団、ネトレイ・カルタ(市の守護者)を創設したKatzenel Bogenの娘婿だった。
 1995年に、アラファトは、最初のパレスチナ政権を立ち上げ、ユダヤ業務の大臣にヒルシュを任命した。
 ヒルシュは長い間、偶像的パレスチナ指導者を「友人であり兄弟」と述べ、パレスチナの大義の忠実な支持者だった。

(後略)

全文:Al Arabiya
posted by mizya at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。