2010年05月05日

原理主義ユダヤ人がラビ、モシェ・ヒルシュの葬儀を攻撃

2010年05月03日月曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

イスラエル自身により違法とされた「ケヒ」テロ活動メンバーを含む、原理主義ユダヤ人入植者グループは、シオニズムを糾弾し、イスラエルの存在承認を拒否するユダヤ人集団、ネトレイ・カルタ代表のラビ、モシェ・ヒルシュの葬儀を攻撃した。

 原理主義入植者らは、ヒルシュ ラビに対するスローガンを繰り返し、イスラエルの敵とみなしながら、葬列を攻撃した、とMa'an News Agencyは報じた。
 入植者らは、ヒルシュ ラビの死を、イスラエルの慶事、幸福な日と述べ、彼が「地獄に行く」ことを願った。

 ヒルシュは、自由と独立のためのパレスチナの闘いを支持し、故パレスチナ大統領、ヤセル・アラファトのユダヤ部局アドバイザーとして務め、パレスチナの人々と共に特別な関係を持っていた。
 集団メンバーは、イスラエルの旗や独立を承認せず、いくつかの機会に、旗を燃やしさえした。
 ヒルシュは、アラファトを、よく兄弟や友人と述べたもので、「イスラエルは、取り除かなければならない偽り」と信じていた。

 集団は、イスラエル国家が、救世主が戻ったときにのみ設立され、「武力によるイスラエルの土地奪還は、神意に反する」試みと信じている。

 ヒルシュが、かつて、彼に酸を投げかけた原理主義入植者らにより攻撃され、この攻撃で片目を失ったことは、言及に値する。
---
(ネトレイ・カルタの説明翻訳省略)

全文:International Middle East Media Center

 ヤコヴ・ラブキン著『トーラーの名において』によれば、経験なユダヤ教徒は、ネトレイ・カルタに限らず、シオニズムをユダヤ教からの逸脱と考え、それ故、「ユダヤ国家」を標榜する「イスラエル」は、既に「ユダヤ(教徒)国家」ではないと考える。原理主義者とはつまり、「シオニズム」原理主義ということだろうか。

アーカイヴ:元パレスチナのユダヤ業務大臣、ヒルシュ死去(05月04日)


posted by mizya at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yesha協議会:パレスチナ自治政府にボイコットの代価を払わせよ

2010年05月04日
Maayana Miskin

 Yesha協議会トップ、ダニー・ダヤンは、政府がパレスチナ自治政府によるボイコットで損害を被るイスラエル人に、賠償するよう提案した。賠償金は、イスラエルにより集められ渡される、パレスチナ自治政府税金でまかなうことができると、彼は、大蔵大臣、ユヴァル・スタイニッツに提案した。

(後略:上記の説明で、さほど内容はないので)

全文:IsraelNationalNews.com

アーカイヴ:アヤロン:パレスチナによるボイコットは近距離交渉で議論される(05月04日)

 さすがイスラエルのニュースだけに、「イスラエル人」と表記、「違法入植者」に「賠償」するようとは、記さない。パレスチナの税金をイスラエルに集めさせるなら、このようなことになる可能性は充分あったわけで、イスラエルの強弁を阻むことができなかった国際社会に責任はある。
posted by mizya at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入植地マスクメロンがベツレヘムで押収

2010年05月03日

ベツレヘム - Ma'an - パレスチナ当局税関は、捜査官が、日曜日夜、イスラエル入植地からのマスクメロン、10トンを積んだトラックを、ベツレヘムへの途中で押収したと語った。

 ベツレヘム税関事務所所長、アミン・アブ・アキルは、パレスチナ自治政府の、西岸の違法イスラエル入植地で生産された商品の売買禁止に反し、果物はベツレヘム市場で売られることになっていたと語った。

(後略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

報告:オバマがアッバスにエルサレムでの入植地凍結を約束

2010年05月02日日曜日

ベツレヘム - Ma'an/Agencies - 米国大統領、バラク・オバマは、伝えられるところによれば、西岸と東エルサレムでの長期入植地凍結を、マフムード・アッバス大統領に約束したと、日曜日、様々なメディア報道が述べた。

 ロンドンを本拠地とする新聞、アル・ハヤトを引用し、イスラエル陸軍ラジオは、パレスチナ解放機構の交渉者チーフ、サエブ・エレカットが、土曜日夜、オバマが、イスラエルの右翼派閥との闘争を避けるため彼の約束をオフレコにしたとアラブ連盟の大臣に語ったと報じた。

(後略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。