2010年05月10日

米国の裁判所がTevaにC型肝炎に感染した男に3億6500万ドル支払うよう命令

2010年05月08日

イスラエル製薬会社は、再利用の麻酔薬を与えられた100人以上が肝疾患にかかり、陪審員団が裁定したネバダ史上最大の支払いに直面している。

ロイター

 Teva Pharmaceutical Industries(テヴァ医薬製造)とBaxter Healthcare Services(バクスター健康管理事業)は、金曜日、2年前に突発したC型肝炎に感染したネバダ男性に懲罰的損害賠償金で、両者合わせて5億を支払うよう命じられた。

 ネバダのクラーク郡地方裁判所の陪審員は、ネバダ史上最大の陪審員団裁定となる、テヴァに3億5600万ドル、バクスターに1億4400万ドルの支払いを命じたと、弁護士、Robert Egletは語った。

349931670.jpgPhoto by: Reuters
エルサレムのテヴァセンター 

(後略)

全文:Haaretz.com

 テヴァといえば、ニッポンのジェネリック薬品を製造する会社、ご注意あれ、ニッポンで裁判しても300億円はムリ、命の安い国だから。


posted by mizya at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダン渓谷での強まる締め付け

2010年05月07日
International Solidarity Movement

「イスラエルはヨルダン渓谷を決して割譲しない」とベンヤミン・ネタニアフ、2010年3月

tent-400x242.gif
アル-マレで入植者とパレスチナ人のテント

 ヨルダン渓谷は、併合の切迫した脅威下の領域にあり、ここ数週間、イスラエルは、生来のパレスチナ住民に対する締め付けを相当に強化している。4月11日、イスラエル軍は - 農村社会としての村の生活維持を危険に晒す - バルダラへの主要水源を閉じ、4月12日、彼らは、アル-マレを、動物に草を食ませることから羊飼いを妨げる、軍事閉鎖地域と宣言し、そして4月15日、イスラエル軍は、その領域のすべての水資源を支配する更なる試みで、アル-ファリシヤを襲い、水ポンプ4基を盗んだ。4月25日、強硬なシオニスト、マスキオット入植地の武装入植者らが、アル-マレのベドゥイン・コミュニティからほんの10メートルにテントを張って、パレスチナ人への嫌がらせは著しく増加した。

(後略)

全文:International Solidarity Movement

アーカイヴ:入植者がヨルダン渓谷のエイネル・ヒルワのパレスチナ・コミュニティ追放の試み(05月01日)
      イスラエルがヨルダン渓谷の4つの水ポンプを強奪(04月20日)
      ヨルダン渓谷の脅かされる野生(04月15日)
      報告:イスラエルがヨルダン渓谷の農場への水を遮断(04月13日)
posted by mizya at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルは非核地帯の国連要請に動かないだろう

ダン・ウィリアムズ
2010年05月07日金曜日

エルサレム (ロイター) - イスラエルには、核政策を見直す計画はないと、国連拡散防止会議での、世界強国による核兵器なき中東を促進する努力を軽視して、政府官僚は、金曜日、語った。

 イランに対する経済制裁へのアラブ支持を得ることを望み、合衆国と他の国連安全保障常任理事国は、水曜日、イスラエルが唯一そのような兵器を持っていると広く思われる領域での核軍縮を保証する1995年提案実行にたどり着く方法を呼びかけた。

(後略)

全文:Yahoo! news

関連記事:「元米国大使ボルトン:オバマはイスラエルからの核兵器除去を試みる」The Jerusalem Post
ベン・ハートマン
2010年05月05日
「核兵器なき中東」はイスラエルを特に標的とする。

 ボルトンの名を聞くのも久しい。ネオコンの亡霊が現れた感じ、丁度、NHKのニュースでイシヤブリ(この方が感じ出てるでしょ、漢字に変換する訳ではないから読み通りでも問題はないけれど)が話しているときに抱く感覚。

アーカイヴ:国連安全保障理事会常任理事国が核無き中東支持(05月09日)
posted by mizya at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OECDイスラエル会員資格猶予のための著名人の要請

速報
2010年05月09日
Contact: Ziyaad Lunat
+351 938349206
z.lunat@gmail.com

パリ - よく知られる著名人たちは、5月10日月曜日のイスラエルの加盟に投票することになっている経済協力開発機構(OECD)加盟国への緊急要請に着手した。元欧州議会副大統領、元フランス大使、ノーベル平和賞受賞者を含む著名人たちは、イスラエルが国際法の下、パレスチナ人に向け義務を果たし、OECDの基本的原理と基準に完全にとどまるまで、進行の猶予を求めた。

「OECDの使命は、世界貿易と経済発展の促進を含んでいます」と、彼らは語り、「パレスチナ人にその生産品の輸出を許さない一方で、イスラエルがガザに許すのは81品目に過ぎません。そのような非人道的政策は、基本的道義は言うまでもなく、論理への挑戦で、OECDのような組織が、どのようにして一民族全体への「反-開発」に貢献してきた国家を、メンバーとして受け入れ可能なのだろうとわたしたちに思わせます」と付け加える。

 OECDのイスラエル承認への市民の反対は、投票に向かう何週間かでより大きな声に増大してきている。フランス活動家たちは、先週木曜日、加盟国がイスラエル加盟について議論したとき、OECDのロビーで座り込み抗議を展開した。事務総長、Angel Gurríaにもたらされた請願は、OECD加盟30カ国すべての懸念する市民により署名された。市民社会集団は、月曜日、午後6時30分、パリのOECD本部の入り口で、記者会見を計画した。

 声明は、OECDが「パレスチナ領土の占領と人権抑圧のイスラエルに報いるのか、あるいは、そのような特権を獲得する前にまず国際法を守らなければならないというシグナルを送るのか」という、ふたつの選択に直面する広範囲の信念を反映する。

 さらに、国際人道法と第四次ジュネーヴ条約の下の国家義務との重大な法律問題が、被占領パレスチナ西岸の違法入植地を含み、OECD加盟国がイスラエルを受け入れる計画での方法から持ち上がった。これら意義深い挑戦は、オックスフォード大学の著名な法律専門家たちによりOECDに提出された。

インタヴュの予定や更なる背景的情報は、Ziyaad Lunatに連絡ください:
+351 938349206
z.lunat@gmail.com

声明全文は以下(翻訳省略):

OECD: Delay Israel’s membership in the name of justice and peace

The Organization for Economic Co-operation and Development (OECD) will decide in the coming days whether to welcome Israel in its ranks. Such a move, at a time when Israel continues its decades-old occupation, colonization and oppression of the Palestinian people, will impair efforts to achieve justice, freedom, dignified living and, therefore, sustainable peace for all in the region.

The OECD foundational principles include respect for human rights and international law. Israel has shown complete disregard for both. The UN Fact Finding Mission on the Gaza conflict, headed by Justice Richard Goldstone, issued a comprehensive, well-documented report calling for independent investigation of war crimes and possible crimes against humanity committed during the Gaza conflict. The US and most European countries regrettably voted against the report. This is in line with a long-standing policy to shelter Israel from accountability.

In the mean time, Palestinians continue to be dispossessed and uprooted from their land by an unabated growth of Israel's colonial settlements; their houses are demolished; their residency rights in Jerusalem are gratuitously revoked; a Wall is snaking its way through their agricultural land; and military checkpoints hinder their access to their schools, jobs, hospitals and fields, depriving them of their dignity. Those who bravely oppose these brutal policies of discrimination, through popular non-violent protests, are often killed or injured in cold blood. Last week, Israeli forces shot Ahmed Dib as he protested the Israeli-imposed buffer zone inside Gaza. He died on his way to the hospital at the age of 19. Like so many of these cases, those responsible will not be brought to justice; they will enjoy total impunity. Israel has made a mockery of international law and human rights in that part of the world. The OECD, as an organization that purportedly privileges these values, should know better.

OECD’s mission includes promotion of world trade and economic development. This week an Israeli court ordered the release of details about Israel’s hold on Gaza. The document describes how Israel has set the minimum calorie intake needed by Gaza's million and a half inhabitants, according to their age and sex. These gruesome figures show that Israel is literally implementing the policy described by Dov Weisglass, the advisor of former Israeli Prime Minister Ariel Sharon when he said "the idea is to put the Palestinians on a diet, but not to make them die of hunger." Israel allows only 81 items into Gaza, while Palestinians are not allowed to export their produce. Such an inhuman policy defies logic, not to mention basic moral principles, and makes us wonder how an organization like OECD would find it acceptable for a state that has contributed to the “de-development” of a whole people, as characterized by Harvard University Professor Sara Roy, to join it as a member.

In 2005, Palestinian civil society called on international civil society to apply pressure on Israel until it abides by its obligations under international law. Five years on, a dynamic pro-sanctions movement has emerged, composed of activists from diverse backgrounds, artists, academics, politicians, and community and faith leaders such as myself. The movement represents universal values of peace, justice and equality for all. It calls for the end of impunity as a counterweight to the privileges governments have afforded to Israel.

Accountable to the calls of their citizens, the states that form the OECD should not once again turn a blind eye to injustices perpetrated by Israel. OECD members should bear this in mind when making their decision about Israeli accession. The choice is clear: either reward Israel for its occupation and injustice against the Palestinian people or send a signal to Israel that it must first abide by international law and respect human rights before gaining such a privilege.

Welcoming Israel will undermine the rule of law and encourage more violations. We appeal to OECD members to delay Israel’s membership in the name of justice, human dignity and comprehensive peace.

The Undersigned:

Mairead Maguire, Nobel Prize for Peace Laureate 1976, Northern Ireland
John Dugard, Former Special Rapporteur of UN on Palestine, South Africa
Luisa Morgantini, former vice-President of the European Parliament, Italy
Stephane Hessel, Ambassador, France
Ronnie Kasrils, Former Minister, writer and activist, South Africa
John Berger, Writer, UK
Judith Butler, philosopher, USA
Ilan Pappe, Historian, Israel
Ken Loach, Filmmaker, winner of Cannes festival's Palme d'Or, UK
Michael Mansfield QC, UK
Ghada Karmi, Author and academic, Palestine
Paul Laverty, Screenwriter, UK
Naomi Wallace, Playwright/Screenwriter, USA
George Bisharat, Professor, USA

アーカイヴ:OECD:みなさんの議員に書簡を送るか請願書に署名を!(05月01日)
posted by mizya at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | statement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。