2010年05月11日

イスラエル占領当局がガザ政治犯2人に追放を受け入れるなら解放すると

政治犯支援上級全国委員会は、イスラエル占領当局(IOA)が、ガザ回廊の政治犯2人に、追放を受け入れるなら解放すると提案したと発表した。

2010年05月09日日曜日
PIC&Ikhwanweb

ガザ、政治犯支援上級全国委員会は、イスラエル占領当局(IOA)が、ガザ回廊の政治犯2人に、追放を受け入れるなら解放すると提案したと発表した。

 委員会報道官、リヤド・アル-アシュカルは、金曜日のプレスリリースで、イスラエル占領当局が、政治犯に追放と対になっている解放か、さもなければ、彼らは無期限に行政拘留に置かれると提案していたと、語った。

 彼は、イスラエル占領当局が、モハメッド・ムスタファに、治療のためのパレスチナ外への追放の報酬としての解放を提案したと語った。ムスタファは、2000年に12年間を宣告され、尋問中に受けた拷問とその後の治療怠慢により、麻痺させられた、と語った。

 アシュカルは、もうひとりの政治犯、11年の刑期を満了したムニール・アブ・ディバが、強制追放か長期間の拘留かを提案されたと語った。イスラエル占領当局は、彼がパレスチナIDを携帯していなかったことを口実に、アブ・ディバの解放を拒絶し、エジプトとヨルダンへの強制追放を試みたが、どちらも彼の受け入れを拒否した。

(後略)

全文:IKHWANWEB


posted by mizya at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルにかまいなくガザ支援船のカウントダウン始まる

2010年05月10日

gaza.jpg
İHHは、最近旅客船を購入し、医療機器、薬品、およびパレスチナの学校と病院の修復に使用される建設資材で満たされる。

 国際支援船コンヴォイがガザに向かうまで残すところ2週間となり、人道支援財団(İHH)は、その準備を完了させつつあり、ガザ回廊への長年のイスラエル禁輸を破ろうと望む。

 財団は、5月23日にガザに向け出発が設定される「自由小艦隊連合」として知られる、船8隻の小艦隊を組織していると、代表、Bülent Yıldırımは言及した。İHH船は、ヴェネズエラ、マレーシア、ドイツ、イタリア、フランス、ギリシア、合衆国を含む多くの国から出航する12隻の他の船と合流するだろう。

 支援船プロジェクトでのİHHの役割は、最初、「パレスチナが目的地・人道支援が積荷」の標語と共に、先月に発表された。「わたしたちは、この禁輸が終わって欲しい。わたしたちは昨年の12月、(パレスチナへの)支援コンヴォイでそれを破った。支援船プロジェクトは、禁輸を世界の注目に戻した」と、Yıldırımは述べた。

 財団は最近、İstanbul Seabuses and Fast Ferries Inc. (İDO)から旅客船を購入し、およそ500人の代表団をガザに運ぶ。

「パレスチナは、いかなる法的根拠も欠く非人道的禁輸に直面している。市民社会組織は、この不当な禁輸を破るイニシアチヴを取るべきである」と、Yıldırımは付け加えた。

 トルコ船は、医療機器、薬品、およびパレスチナの学校と病院の修復に使用される建設資材で満たされるだろう。そのような修復は、イスラエルが、悪用されると恐れて、ガザへのいかなる建設資材の搬入も許していないので、国にとって象徴的意味がある。

(後略)

全文:Todays Zaman
posted by mizya at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナ市民社会はイスラエル加盟でOECDを非難する

速報
Contact: Ziyaad Lunat
BNC+351 938349206
ziyaad@bdsmovement.net

2010年05月10日

パレスチナ市民社会はイスラエル加盟でOECDを非難する

被占領パレスチナ - 最大のパレスチナ大衆組織と労働組合の多方面連合、不買・脱資・制裁全国委員会(BNC)により代表されたパレスチナ市民社会は、5月27-28日に行われる閣僚会議で、組織のメンバーとしてイスラエルを迎えるとした、本日のOECDの決定に強い非難を発表した。BNC報道担当者は「イスラエルを受け入れることで、OECD加盟国は、国際法のまったくの基礎を破壊する、イスラエル戦争犯罪との露骨な共犯を示した。かいあるイスラエルは、刑罰免除を確立し、領域での公正なる平和達成のいかなる現実的希望も打ち砕く」と論評した。

(以下、全文を英文で)
FOR IMMEDIATE RELEASE

Contact: Ziyaad Lunat, BNC
+351 938349206, ziyaad@bdsmovement.net

May 10, 2010

Palestinian civil society slams OECD over Israel’s accession

Occupied Palestine – Palestinian civil society represented by the Boycott, Divestment and Sanctions National Committee (BNC), a wide coalition of the largest Palestinian mass organizations and trade unions, issued a strong condemnation of OECD’s decision today to welcome Israel as a member of the organization at its ministerial meeting to take place on May 27-28. A BNC spokesperson commented, “By accepting Israel, OECD member countries show a blatant complicity with Israeli war crimes, destroying the very foundations of international law. Rewarding Israel entrenches its impunity and dashes any realistic hope for achieving a just peace in the region.”

The OECD’s decision is the culmination of a process that began in 2007 whereby Israel had to pass a number of technical tests and implement reforms to be eligible for accession. According to the “Road Map for the accession of Israel to the OECD Convention”, it was required to demonstrate commitment to the “fundamental values” of the OECD. The BNC had released a paper showing how Israel has consistently breached these requirements, making it ineligible for accession (see: holdisraelaccountable.net/2010/05/05/memo/). A BNC spokesperson commented: “Officials of OECD member states are perfectly aware that Israel does not comply with any of the objective criteria put forth. Yet, they have decided to single out Israel, elevate it above all these objective criteria, reward it for its defiance of the OECD, not to mention of international law, and make the entire accession process a farce.”

In the run-up to the OECD decision, the BNC coordinated with the PLO, unions and other civil society actors in all thirty OECD member states as part of an intensive campaign to oppose Israel’s membership for its persistent and systematic violations of the rights of the Palestinians, especially after its atrocities in Gaza in 2008-2009, described as “war crimes” in the UN report authored by Justice Richard Goldstone and his colleagues.

Most important for OECD member states should be the fact that they themselves are violating their own legal obligations, in the moment they accept Israel into the OECD as currently agreed upon. The PLO, supported by renowned international law experts, presented to the OECD and its member states a legal opinion that highlights this serious legal matter and requested that it be clarified prior to Israel’s accession. Governments are yet to respond.

Having accepted economic data from Israel that include its illegal settlements in the occupied West Bank, the OECD is, in legal terms, considering Israel's accession into the OECD as a state and an Occupying Power. The Fourth Geneva Convention (GCIV) requires that Israel as an Occupying Power ensures the economic wellbeing of the occupied Palestinian population. Under the Convention, Israel's settlements in the occupied West Bank constitute population transfer, which is defined as a war crime. OECD member states are under legal obligation to ensure compliance with the Fourth Geneva Convention (GCIV) under international humanitarian law and the law on state responsibility. Accepting economic data of the illegal settlements makes it absolutely required to ensure that the protected Palestinian population is also included in this data. Under the Convention, Israel's settlements in the occupied West Bank constitute population transfer which is defined as a war crime.

Moreover, accepting Israel into the OECD based on economic data which include the illegal settlements in the occupied West Bank but arbitrarily exclude the four million Palestinians living there constitutes a direct and blatant breach by the OECD and member states of their legal obligations under both bodies of international law. OECD member states as High Contracting Parties to the GCIV would thereby endorse and become complicit in Israel's war crime of population transfer.

“The only legally sound course of action for OECD governments would have been to put Israel’s accession process on hold and give due consideration to the serious legal ramifications put forth by prominent legal experts,” said a BNC spokesperson, “not doing so means that these states are actively abetting Israeli war crimes against the Palestinian people and cementing Israeli impunity in maintaining its occupation and apartheid system.”

Kindly direct any interview or information requests to Ziyaad Lunat at +351 938349206 or ziyaad@bdsmovement.net.

追記:関連記事「イスラエルのOECD加盟に条件をつけよ」guardian.co.uk
この国家グループへのイスラエル加盟は確実な和平プロセスに従事する約束を条件とすべき
Avi ShlaimとSimon Mohun
2010年05月07日金曜日
posted by mizya at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。