2010年05月15日

イスラエル科学者が核公開を呼びかける

スティーブ・ワイツマン
2010年05月10日月曜日

エルサレム (AFP) - イスラエル科学者が、核兵器状況報告に関する何十年もの長い沈黙を終わらせ、原子炉を視察に開くよう、国に求めている。

 テルアビブ大学化学教授でイスラエルのディモナ原子炉の元研究者、Uzi Evenが、米国大統領、バラク・オバマの世界的核兵器削減キャンペーンは、時代の変化の兆候であり、イスラエルも歩調をそろえなければならないと語った。

「我々は国際査察にディモナを開くことができる」と、左翼メレツ党の元国会議員は、月曜日、イスラエル陸軍ラジオで語った。

(後略)

全文:Yahoo! news


posted by mizya at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アムネスティ:核内部告発者を投獄するな

2010年05月13日木曜日

ベツレヘム - Ma'an - アムネスティ・インタナショナルは、木曜日、数日以内に刑務所にもどることに直面している核内部告発者、モルデカイ・ヴァヌヌを投獄しないようイスラエルに促した。

 イスラエル高等裁判所は、5月11日、イスラエルの核開発計画情報を明らかにしたため、18年獄中にあったヴァヌヌが、軍により課された制限違反、外国人に会ったとして、さらにに3カ月勤めなければならないと裁決した。

「モルデカイ・ヴァヌヌが再び投獄されなら、アムネスティ・インタナショナルは、彼を良心の囚人と宣言し、即時無条件釈放を求める」と、アムネスティ・インタナショナル中東・北アフリカ次長、Philip Lutherは語った。

 国を離れることを禁止されているヴァヌヌ、56歳は、5月12日、アムネスティに語った:「わたしが刑務所に入ろうと入るまいと、わたしにとっては問題じゃない。わたしは常に刑務所にいると感じている、イスラエルに捕らえられて」。

(後略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「ヴァヌヌが西エルサレムでのボランティア活動を拒否して刑務所送り」Ynet news.com
核内部告発者が、ハラスメントを恐れて首都西域でのボランティア活動実施を拒否した後、3ヵ月の実刑判決。起訴:彼はまだ国家保安を危険にさらす情報を持つ
Aviad Glickman
2010年05月11日
posted by mizya at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがヨルダン渓谷で違法入植地を拡張

2010年05月10日月曜日

トゥバ - Ma'an - ヨルダン渓谷監視者は、政府の凍結にも関わらず、建設資材を積んだ何十台ものトラックが、続いて、建設労働者を満載したトラックが、違法イスラエル入植地、ナハル・マスキオットに入ったと報告した。

 ヨルダン渓谷救済キャンペーンは、木材とセメントのトラックが、日曜日、入植地に入ったと語り、建設は領域北部から見えると注意喚起した。

 イスラエル民事行政は、公式声明で、それを確認し「建設は、中止命令が開始されたのと同じ日に、国防省長官を通し民事行政により承認された」と追認したが、その建設が何であったか特定するのを断った。

 キャンペーン調整者、ファティ・イフデイラトは、建設が、2005年、回廊の違法な家から撤退したガザ入植者のためのものと語った。

「国際的な努力が、対話を進めるよう試みる時さえ、10ヵ月の凍結にも関わらず、建設工事は西岸で継続されてきた」と、和平プロセスを「開始前の失敗」と呼び、イフデイラトは語った。

(後略)

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:ヨルダン渓谷での強まる締め付け(05月10日)
posted by mizya at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランス人活動家たちはパリでOECDに訴状を届ける

GazaFreedomMarch9
ラベル:パリ OECD
posted by mizya at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アムネスティ:イスラエルは人権活動家へのハラスメントを停止すべき

2010年05月12日

 アムネスティ・インタナショナルは、イスラエル当局により、今日延長された1週間にわたり拘留されている人権活動家へのハラスメントを停止するよう、イスラエル当局に要請した。

 イスラエルのパレスチナ系市民、アミール・マフールは、5月6日、イスラエル北部、ハイファの彼の家で、イスラエル治安部隊と警察による夜明けの急襲で逮捕された。「秘密の証拠」に基づく「外国人スパイとの接触」で彼は起訴された。

「アミール・マフールは、主要な人権活動家で、イスラエルのパレスチナ市民を代表する、その市民社会行動主義によりよく知られている」と、アムネスティ・インタナショナル中東・北アフリカプログラム次長、Philip Lutherは語った。
「彼の逮捕と継続的拘留は、彼の人権業務を妨げるよう計画された、純然たるハラスメントの気味がある。これがそうであれば、わたしたちは、彼の即時無条件解放を求め、良心の囚人と見なすだろう」。

(後略)

全文:Amnesty International

アーカイヴ:何百人もがアラブ人スパイ申し立てでの逮捕に抗議行動(05月14日)
posted by mizya at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。