2010年05月18日

チョムスキィがイスラエルにより入域を拒まれる;バルグーティが動きを酷評

2010年05月16日

ラマッラ - Ma'an - 著名な大学人でイスラエルの評論家、ノーム・チョムスキィは、日曜日、ヨルダンと西岸の間、アレンビー橋検問所でイスラエル当局により入域を拒まれたと、AP通信は報じた。

 内務省報道官、Sabine Haddadは、チョムスキィが「様々な理由」ゆえ追い払われたとAP通信に語ったが、詳述を断った。

 チョムスキィは、月曜日、西岸都市、ラマッラに近いビルゼイト大学で講義が予定されており、すばやく動きを糾弾したPalestinian National Initiative事務総長、ムスタファ・バルグーティによる同行が予定されていた。

(後略)

全文:Ma'an News Agency

関連ヴィデオ:「チョムスキィ:『わたしたちは入域を拒まれた』」Al Jazeera English

AlJazeeraEnglish


posted by mizya at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Free Gaza: レイチェル・コリー号出発

gazafriends
ラベル:Free Gaza ガザ封鎖
posted by mizya at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルダンがイスラエル産品を燃やす

聖職者の宗教的布告発行を受け、数百人がイスラエルの果物や野菜の箱を燃やす

Roee Nahmias
2010年05月15日

ヨルダンとの冷たい平和:土曜日、ナクバの日を記念するハシミテ王国の首都での、イスラエルに対する抗議行動で、イスラエル商品はヨルダンで燃やされた。

 イスラエルとの経済関係正常化に対して闘いを挑む、反-正常化委員会メンバー何百人もが、ユダヤ隣国から輸入された何百個もの果物・野菜箱に火をつけた。
 アンマンの中央市場での抗議は、ヨルダン人聖職者が、イスラエルからの商品購入を禁じる、宗教的布告を発行した1日後に起こった。

(後略)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:ヨルダン組合がボイコットのために闘う(05月12日)

 パレスチナをヨルダンに建国すればいい、などとイスラエルは言っているのだから、ヨルダンとしては当然の措置。
posted by mizya at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナが西岸でイスラエルのボイコットに舵を切る

Janine Zacharia
ワシントン・ポスト
2010年05月16日日曜日

マアレ・アドミム、西岸 - この西岸ユダヤ人入植地内のブーゲンビリアが筋なす工業地帯、Mishor Adumimで、数カ月前に始まったパレスチナによる製品ボイコット以来、少なくても17の企業が、営業を停止した。

 入植地の製造業者300人を代表するAvi Elkayamによれば、イスラエルにとって、それは「我慢ならない状況」だ。しかしパレスチナ人にとって、それは彼らが求めてきた戦略かもしれない。

 40年間以上、パレスチナ人は、イスラエルの占領を終わらせ、国家を得ようとしてきた。国際テロ・20年に及ぶ交渉・2波の大規模反乱(インティファーダ)は、それらの目標に向かう測定しうる進展をもたらさなかった。

 今パレスチナ人は、激しい闘争よりむしろ穏やかな抗議に焦点を合わせたキャンペーンが、最終的に結果をもたらすかもしれない証拠として、ボイコットの成功を見ている。

(後略)

全文:The Washington Post
posted by mizya at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デモ参加者がダウニング街でパレスチナのための正義を要求

2010年05月16日

ロンドン、2010年5月16日 (WAFA) - デヴィッド・キャメロンが先週移ってからの首相官邸前での最初の集会で、パレスチナの人びとのため正義を要求する何百人ものデモ参加者が、土曜日、ダウニング街に集まった。

 新政府は、ダウニング街で、俳優でコメディアンのアレクセイ・セールにより、ダウニング街門前で朗読された、国際法へのイスラエルの応諾を獲得する厳格な措置を講ずるよう要請する、最初の書簡を授かった。平和と正義の呼び掛けを支持しようと、Lauren Boothもそこに居合わせた。

(後略)

全文:WAFA
posted by mizya at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがパレスチナ自治政府ヘブロン市のオフィスを閉鎖

2010年05月16日
Muhammad Oweiweih

ヘブロン - Ma'an - イスラエル当局が、日曜日、ヘブロン旧市街にあるパレスチナ自治政府市警ビルを閉鎖した、とヘブロン市長は語った。

 ヘブロン市長、ハーリド・アル-ウセイリは、手順が「違法でヘブロン協定に違反」し、即座にオフィスを再開するよう努力すると語った。
 アル-ウセイリは、ヘブロン議定書と、1997年1月15日にパレスチナ自治政府とイスラエルの間で署名された協定への違反を構成する、完全なイスラエル支配下のH2として知られる、領域での隠れた行動を警官隊に許していると、イスラエル当局がパレスチナ自治政府を非難する、と語った。

 協定第14条、A号によると、「私服の非武装の市域警察官はH-2域で活動するものとする。これら警察官の数は50を超えないものとする」が、B号で:「警察官は市により発行の写真のある公式身分証明書を携帯するものとする」と述べる。

(後略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルが1万5000人の国外居住者を呼び戻す計画を承認

5年間以上海外にいて戻る市民は、新移民と同じ多くの利益の受け取るだろう。
Lior Dattel

 1万5000人ほどのイスラエル人国外居住者の外国からの帰還を奨励する新計画は、日曜日、政府の承認を得た。

 総理府と移民編入省により纏められた計画は、5年間以上海外で暮らし、イスラエルに戻るイスラエル人のための税金・教育・健康保険給付金のパッケージ同様、国外居住イスラエル人に向けたマーケティング・キャンペーンからなる。

 中央統計局によると、60パーセントほどが北アメリカ、25パーセントがヨーロッパに、およそ75万人のイスラエル人が現在海外に住んでいる。

(後略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:PCBS:1948年以来倍増するパレスチナ人口(05月16日)

 イスラエルユダヤ系の10パーセント以上は二重国籍者となる、多分。
posted by mizya at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。