2010年05月24日

入植者らがヨルダン渓谷で農地に放火

2010年05月23日日曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

原理主義入植者者グループは、土曜日、被占領西岸のヨルダン渓谷北部平原、ワド・アルマレのいくつかの農地に放火した。

 放火された土地には小麦と大麦が栽培されていた。
 目撃証人は、パレスチナ消防士が現場に到着、災害拡大を防いだと報告した。
 北部平原民衆委員会は、イスラエル兵士らが、入植者らの攻撃を止める代わりに支援し、軍隊は、消防士や市民防衛団の目的地到達を妨害したと、報告した。

(後略)

全文:International Middle East Media Center

関連記事:「市民防衛団は入植者が引き起こした火事を消す」Ma'an News Agency
2010年05月22日
トゥバ - Ma'an - パレスチナ市民防衛団クルーは、土曜日、農産物何十ドナムをも焼き尽くす火を放った入植者らにより引き起こされたと、目撃者が語った火事を消した。

 トゥバのワディ・アル-マレ地域の焼け焦げた大地は、小麦と大麦が栽培されており、何週間かで収穫だった。乾いた作物は火のまわりが早く、煙が大気中をうねり、目撃者に消防署への電話を急かせた。
 ヨルダン渓谷北部の民衆委員会報道官は、消防隊の緊急領域へのすばやい到達を妨げることによる、イスラエル兵のいつもながらの入植者支援を非難した。

 人道問題調整事務所(OCHA)のための国連民間人防衛白書によると、5月12日、サルフィト地域で火事が発生した時、イスラエル当局から許可を求める遅れは、市民防衛隊クルーの地域への到着を30分以上遅らせ、何十ドナムもが燃やされた。

     「イスラエル入植者らがヘブロンで果樹200本を燃やす」The Palestine Telegraph
2010年05月22日土曜日
ヘブロン、2010年5月22日 (Pal Telegraph) - イスラエル入植者らは、土曜日朝、西岸、ヘブロンの東、セイル町のパレスチナ人に属す、果樹200本以上を燃やした。
 治安当局筋は、ヘブロンの東、セイル渓谷の「アスファル」入植地のイスラエル入植者グループが、入植地近くの植林地域の果樹200本以上を燃やしたと、SAFA通信社に語った。

 日々、届くニュース、あるいは、このようなニュースが届かない日はない。


posted by mizya at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すべてのテロリストはイスラーム教徒... そうじゃない94%を除くなら

CNNは最近、研究:誇張された米国のイスラーム教徒アメリカ人のテロの脅威と題する記事を発表した;デューク大学とノースキャロライナ大学チャペルヒル校により発表された研究によると「急進的イスラーム教徒アメリカ人によって引き起こされたテロの脅威は、誇張されてきた」。

2010年05月22日土曜日
Danios

(本文翻訳省略)

piechart2-1024x1024.jpg
FBIデータベースに従った1980年から2005年までのグループによる米国領土におけるテロ攻撃

全文:IKHWANWEB
posted by mizya at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Free Gaza:第2船がガザに向かう自由小艦隊に合流

Greta Berlin

(イスタンブール、トルコ、 - 2010年5月22日)歓声とトルコとパレスチナの旗が振られる中、第2の船が自由小艦隊に加わるため、今日午後、イスタンブールを離れた。トルコ人道組織、Insani Yardim Vakfi(IHH)により後援された船は、「封鎖破壊」小艦隊の一部として600人の乗客をガザに運ぶ。それは、 他の3カ国からの、イスラエルにより断たれてきた供給品を1万トン、パレスチナの人びとに運ぶ他の船8隻に合流する。

(後略)

全文:uruknet.info

関連記事:「アルジェリア支援船がガザに向かう」KUWAIT TIMES
2010年05月23日

アルジェ:貨物船は、昨日、パレスチナ人との連帯行動で、数日後にガザに向かう第4回生命線輸送船団に合流するため、アルジェ港からトルコに向け出航した。船は、いくつかの協会・実業家たち、アルジェリア市民が協力した連帯運動を通して集められた、ガザ住民への支援物資、4万4000トン以上を運ぶと、アルジェリアの第4回生命線主導の調整者、アフマド・イブラヒミは、昨日、記者会見で語った。

     「地元船隊がトルコからガザに向かう船団逆襲の出航」Haaretz.com
2010年05月23日
 船団主催者が語る、昨日、トルコから出航してガザ回廊に向かう船団への応答で、何十隻もの船が、昨日、ヘルツリヤ・マリーナからRishon Letzionの西、テルヨナ近くの海岸まで航行した。
「これは民間主導で、どんな政治団体にも関係していない」と、主催者のひとり、Mati Freimanは語った。
(中略)
 国防相、エフード・バラクは、ガザ海岸線から20海里海域を封鎖する命令に署名した。防衛体制は、海軍が、船隊のガザ港到着を妨げると語ったが、作戦上の理由で、船がどこで妨害されるかは言えないと付け加えた。
(中略)
 また、ガザ住民が支援船と会うため、何十隻もの船を海に出そうとする懸念もある。海軍は、2つのグループを別々に維持するための行動を取ると予測される。

 グシュ・シャローム運動は、先週、バラクに、トルコ小艦隊を止める海軍への指示を中止するよう要請した。「全世界がわたしたちを見ている」と、グループは語った。「イスラエルは、水兵やイスラエル・コマンドが、多くが彼らの国でよく知られている平和活動家や人道支援活動家と戦っている写真で、国際的なテレビ・チャンネルをあふれさせることに関心を持っていない」。
posted by mizya at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。