2010年06月01日

ガザ支援攻撃の死者数20人に達する

2010年05月31日月曜日

 イスラエルが、攻撃での死傷者に関する報道を入念に検閲する中、イスラエル海軍のガザ支援船団乗っ取りによる死者数は、20人にのぼった。

 ガザ自由小船艦は、月曜日早朝、ガザ沖、150km(90マイル)以上の公海上で、イスラエル海軍の攻撃を受けた。
 6隻の支援船団は、間もなくヘリコプターから降りてくる奇襲隊員により攻撃された。

 ガザ支援輸送船団乗っ取りで、パレスチナのイスラーム運動指導者、シェイフ、ラーイド・サラを含む50人以上が、攻撃で負傷したと語り、少なくとも20人が殺されたと、アル・アクサーTVチャンネルは報じた。
 ニュースは、死傷者のいかなる情報の報道も妨げようとしてきたイスラエル軍の検閲から漏れでた。
 イスラエルラジオの報道は、検閲は、治療でイスラエルの病院に運ばれた死傷者の数を隠すため目論まれたと述べた。

 その間、イスラエル貿易産業大臣、ベンヤミン・ベン-エリエゼルは、ガザ支援船での死に遺憾の意を表明した。
「イメージは、確かに喜ばしくない。わたしはただ、死者すべてに、哀悼を述べることができるのみだ」と、彼はイスラエル陸軍ラジオに語った。
 コメントは、攻撃が致命的となって、テルアヴィヴによる初めての公式の自認となった。
 イスラエルは当初、支援船団乗っ取りでの死傷者報道のコメントを断ってきた。

原文:PRESS TV


posted by mizya at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ガザ自由船団」に対するイスラエルの虐殺行為に抗議する6・1緊急申入れ・情宣行動

【転載・転送歓迎】

★「ガザ自由船団」に対するイスラエルの虐殺行為に抗議する6・1緊急申入れ・情宣行動

申入れ行動●午後4時45分〜(1時間ぐらい)
場所:在神戸イスラエル名誉領事館前
(神戸市中央区中山手通5-2-3 扇都センタービル)

情宣行動●午後6時30分〜(30分ぐらい)
場所:JR大阪駅南側交番前

呼びかけ●6・1緊急抗議・申入れ行動実行委員会
連絡先●パレスチナの平和を考える会
palestine.forum@gmail.com

* * *

5月31日未明、イスラエル軍の特殊部隊は、パレスチナ・ガザ地区に向かって、人道援助物資を積んで航海していた「ガザ自由船団」に侵入・襲撃し、19名以上の支援者・平和活動家を殺害しました。

1400名以上の犠牲者を出したガザ住民虐殺から1年以上たった今も、ガザ地区は、イスラエルの封鎖政策によって、人道援助を受けることさえ妨害され続けてきました。

国連やEUなど、国際社会が繰り返し要求し続けてきたガザ封鎖の解除をイスラエルが頑なに拒み続けるなか、700人以上の平和活動家が、「ガザ自由船団」に乗り込み、人道的危機状況が深まるガザの人々に、建材・車椅子等の支援物資1万トンを届けようとしていた
ところでした。

私達は、公海上における非武装の市民ボランティアに対する武力攻撃というイスラエル軍による前代未聞の犯罪行為に対し、緊急抗議行動を行います。多くの方の参加をよろしくお願いします。

プラカード・手製ビラ等々、適当に持参していただければ、助かります。
posted by mizya at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル海軍が公海で自由小艦隊乗客を虐殺

2010年05月31日

justicentric
posted by mizya at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルの小艦隊攻撃に世界の抗議

2010年05月31日

ベツレヘム - Ma'an - 欧州諸国のいくつかが、そのイスラエル大使を召喚するとき、月曜日朝、少なくとも10人の活動家が殺されたイスラエルの支援輸送船団への襲撃に対する非難のコーラスは、世界の指導者と政府により声に出された。

 イギリス外務長官、ウィリアム・ハーグにより発表の声明は、支援物資をガザに入れるためイスラエルがすべての検問所を開くよう要請した。(中略)

国連は殺害に「衝撃」

 国連中東和平プロセス特別調整事務所は、彼らが「明白に公海で、ガザに物資を運ぶ船に乗っていた人びとの殺戮と負傷に衝撃を受けた」と述べる声明を発表した。

(中略)

「わたしたちはまた、一般市民の生命を危険にさらす更なる手段はとられないと保証することを最も強いことばで彼らに促す。イスラエルが、国際社会の、ガザへの反生産的で容認できない封鎖を終わらせるよう繰り返された要求を意に介すなら、そのような悲劇が完全に回避可能であると、わたしたちは明確にしたい」と声明は締めくくった。

トルコは「撤回不能の結果」と警告

 トルコ外務省は、自由小艦隊上でのイスラエル海軍の行動を「国際法に著しく違反して、公海で起こったこのゆゆしき事件は、我々の関係に撤回不能の結果を招くかもしれない」と語り、さらに迅速に糾弾した。

(後略)

全文:Ma'an News Agency

 ニッポンは「慎ましい」のか「恐ろしい」のか、あるいは内政で「忙しい」のか、イスラエルに非難を向けたことがない。「ばか」なだけかもしれない。
posted by mizya at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがガザ支援船隊を攻撃

2010年05月31日月曜日

 イスラエル軍は、ガザへの国の攻囲を破ろうと目指した、支援物資を運ぶ船団の小船艦を攻撃した。

 軍が月曜日早く、自由小艦隊と称される輸送船団を拿捕しようとした時、少なくとも19人が殺され、何十人もが負傷したと、イスラエルのラジオは報じた。

 小艦隊は、ガザ海岸から65km、公海で攻撃された。

 イスラエル軍報道官、Avital Leibovichは、攻撃が公海で行われたと認め、「これは、イスラエル海域の外で起こったが、我々には自身を護る権利がある」と語る。

(後略)

全文:AlJazeera.net
posted by mizya at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルが非常警戒態勢;ヒズボッラはガザ小艦隊の死で「国際的懲罰」を要請

2010年05月31日

レバノン、ガザ、シリアの国境でイスラエル軍は非常警戒態勢;アラブメディアがイスラーム運動の長、ラーイド・サラの深刻な負傷を報じた後、抗議行動がナザレで噴出。

Jack KhouryとAmos Harel

 ヒズボッラゲリラ集団は、月曜日、少なくとも10人が殺されたガザ行き支援船団に対するイスラエルの行動は「国際的懲罰に値するテロ行為」であると語った。

(後略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。