2010年06月06日

推理作家マンケルがヘブライ語版中止を熟考

2010年06月03日木曜日

ストックホルム (AFP) - スウェーデン推理作家、ヘニング・マンケルは、ガザに向かう支援小艦隊へのイスラエルの攻撃後、彼の好評書籍のヘブライ語への翻訳の禁止を考えていると、木曜日発行のインタヴュで語った。

「わたしはイスラエルのベストセラー作家で、わたしの本がヘブライ語に翻訳されるのを遮断すべきかどうか真剣に考えなければならない」と、人気あるヴァランダー・シリーズの推理小説作者は、日刊紙、Dagens Nyheterに語った。

(略)

「わたしたちが何百隻ものボートで戻ってくる来年、何が起こるのだろう?(イスラエルは)核爆弾でも撃つのだろうか?」と彼は尋ねた。

全文:Yahoo! news


posted by mizya at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トルコがイスラエルとの経済・軍事連携の結びつきを縮小

2010年06月04日金曜日

アンカラ (AFP) - トルコが、イスラエルとの経済・防衛連携を縮小させるだろうが、相互協力はガザへの船襲撃後も完全に凍結されないだろうと、副首相、Bulent Arincは、金曜日、語った。
(略)
「しかし国家として、その存在を認めた国家を完全に無視できるわけではない」と、彼は語った。
(略)
 アンカラは、イスラエルから大使を呼び戻し、3つの合同軍事演習計画を取りやめた。
(略)

全文:Yahoo! news

関連記事:「エクアドルがイスラエルから大使引き上げ」The Palestine Telegraph
2010年06月03日木曜日
エクアドル、6月3日、(Pal Telegraph) エクアドル国家元首、Rafael Correaは、ガザへの人道支援物資を運んでいた平和の人びとに対する、イスラエル本体により遂行された自由の船団虐殺後、昨夜、協議のため「イスラエル」から大使を撤退させると宣言した。

 Correa大統領は、「市民の殺傷を引き起こした自由の船隊への攻撃に対する抗議で、大使は、即刻テルアヴィヴを出るべきでる。ニカラグアは、水曜日、イスラエルとの外交関係凍結を決定した」。(略)

     「南アフリカが小艦隊襲撃で使節を呼び戻す」Ynet news.com
小艦隊乗っ取りに関する外交的損害はアフリカにまで至る - プレトリアは、テルアヴィヴへの大使を呼び戻し;セネガルは、イスラエルとの関係を留保し、製品ボイコットの高まる要請に直面する。
2010年06月03日

アーカイヴ:トルコが最後通牒を送り、活動家に対する告訴は放棄された(06月04日)
posted by mizya at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。