2010年06月10日

レバノン活動家はイスラエルに関しPlacebo演奏ボイコットを求める

2010年06月08日火曜日

ベイルート - レバノン人活動家たちは、火曜日、レバノン演奏の前日、ガザ行き支援小艦隊への激しい襲撃に奮起して、イスラエルでの演奏で、イギリスのロックバンドPlaceboのボイコットを呼びかけた。

「あなたたちはレバノンで歓迎されない」と、レバノンライターで編集者のサマ・イドリスは、ベイルートのコンサート前日、5つの非政府組織による共同記者会見で語った。
「バンドは、レバノンで演奏するか、または絶え間なく権利を犯す国家で演奏するかを選ばなければならない」とイドリスは、「レバノンのイスラエル支持者をボイコットするキャンペーン」と「シオニズムへのレバノン・ボイコット・キャンペーン」を含むグループを代表して語った。

 Placeboは、リード・ヴォーカル、Brian Molkoがインタヴュで、イスラエルの「是認」を発表した、隣国イスラエルでの演奏の数日後、6月9日のコンサートのため、既にレバノンに到着していた。
 インタヴュアは次に、ここ何日間かのイスラエルの是認は重要かどうか尋ね、Molkoは辛辣に:「ああ、航行するつもりなら、ね」。

原文:the raw story

「ああ、航行するつもりなら、ね」、殺されないように。イスラエルに「エルサレム賞」を受賞しに出かけた日本の小説家がいたけれど、小説家の曖昧な受賞コメントより、このヴォーカルのインタヴュでの応答の方が遥かに小気味いい。

おまけ:「PiC.NiCフェスティヴァルでのPlaceboインタヴュ」

PlaceboForumfree


posted by mizya at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨーロッパ外務大臣:我々が船を監視する

JPOST.COM
2010年06月07日

イギリスとフランスは、ヨーロッパ軍のガザ海アクセス制御を望む。

 フランス外務大臣、Bernard Kouchnerは、月曜日、海からガザへの物資搬入監視にヨーロッパが責任を担うと提案した。

 国際協定で、ヨーロッパ監視者は、エジプトから陸路ガザに入る人びとを監視すると想定されているが、しかしながら、ハマース政府の選挙は協定履行を困難にした。

 Kouchnerは、日曜日、パリで、イギリス外務大臣、William Hagueとの会談後話した。
 KouchnerとHagueは、ガザ小艦隊事件の「確実で透明な」調査を求め、「国際的関与は最小限であるべき」と付け加えた。

全文:The Jerusalem Post

 イギリス・フランスがどんなつもりで監視を申し出ているのかこの記事では判らない。「国際的関与は最小限であるべき」と言っているところをみると、イスラエルの調査を信用している? それではあまりにも「純朴」が過ぎる、少なくても外務大臣としては...
posted by mizya at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル軍がヨルダン渓谷のパレスチナ人に10日内立ち退き命令発行

2010年06月08日火曜日
Saed Bannoura - IMEMC News

西岸東部、ヨルダン渓谷のパレスチナ5家族は、日曜日、イスラエル入植者らが、これら家族たちの土地に違法な(入植)前哨基地を立ち上げ、その地域の井戸を強奪してわずか数日後、イスラエル軍から立ち退き命令を受けた。 立ち退き命令は、イスラエル軍が占領できるよう、10日以内に土地家屋を引き払うよう家族たちに告げる。

460_0___10000000_0_0_0_0_0_jordan_valley.jpg
ヨルダン渓谷のパレスチナ集落跡 (photo from atlastours)

(本文翻訳省略)

全文:International Middle East Media Center

 牧歌的風景が要塞のようなイスラエル入植地に変わっていくのをいつまで目撃させられるのか。ヨーロッパの問題であった「ユダヤ人問題」をアジアに放り込まれ、そのアジアの一国、ニッポンが、この美しい風景の破壊に関わっている。
パレスチナ情報センター:「平和と繁栄の回廊」構想 - 日本政府のヨルダン渓谷開発援助計画について
posted by mizya at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クネセト委員会がアラブ国会議員特権取り消しを勧告

2010年06月07日

ガザ小艦隊参加で、バラド国会議員ハニーン・ズアビから特権を奪い取る決定が、7対1の大多数で通過した;ズアビは Haaretzに:わたしたちは魔女狩りの犠牲者。
Jonathan LisとJack Khoury

3699216288.jpgPhoto by: Tomer Noiberg
イスラエルのアラブ国会議員、ハニーン・ズアビ。

 クネセト下院委員会は、月曜日、イスラエル・アラブ国会議員、ハニーン・ズアビが、先週、活動家9人が殺されたイスラエル国防軍襲撃をもたらしたガザ行き支援小艦隊に参加して、彼女の特権剥奪を勧告した。
 決定は、メレツのイラン・ギロン議員の反対のみ、7対1の大多数で通過した。

(略)

 ズアビの特権剥奪は、クネセト議会の承認に依存する。

(略)

 バラド党は、月曜日、ズアビからの特権剥奪のクネセトの決定を非難した。
「決定は、人種差別的で反民主的」と、バラドは声明で述べた。「ズアビに対して流血を煽動する国会議員たち - 彼らは大衆に、彼女を傷つけるよう呼びかけており、彼らの決定後、彼女の生命は脅威にさらされるだろう。これら国会議員たちは、彼女に引き起こされるいかなる危害にも責任がある」。

(略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。