2010年06月12日

小艦隊イタリア人ジャーナリスト:イスラエル国防軍により没収されたクレジットカードが使用された

2010年06月11日

ジャーナリスト、Manolo Luppichiniは、その件で、ネタニアフ、ペレス、バラク、リーバーマン、イタリア駐在イスラエル大使に書いた。
Dimi Reider

 ガザ行き小艦隊への襲撃で、イスラエル国防軍により拘留されたイタリア人ジャーナリストは、彼のクレジットカードがイスラエル当局により没収された後、商品購入に使用されたと語る。

 Manolo Luppichiniは、海軍特攻隊が乗っ取ったとき、小艦隊の小さな船のひとつ、Sfintoni-8000号に乗っていた。「わたしたちの船では誰も殺されなかった」と、Luppichiniはイタリアから電話で語った。「わたしたちは船橋の周りで小さな消極的抵抗を試みた。兵士らは塗料ボールに発砲し、2人がスタンガンで負傷させられた」。

(略:所持品すべて、財布、パスポート、バッグなどが没収される)

 6月2日、彼は、入国管理複合施設に連れて行かれ、その翌日強制送還された。彼はイスラエルがパスポートを没収したと証明する文書を示したが、所有物も身分証明書類も何も受け取ることなく強制送還されたと語る。

 彼がベール・シェヴァに閉じ込められていた間と強制送還の1日後、イタリアに戻った後、彼は、イスラエル当局が没収したクレジットカードで買い物されていると、数日前発見した。

 買い物のひとつは、6月2日、テルアヴィヴの自動販売機で10シェケル(240円ほど、タバコ? - mizya)と彼は言う。もうひとつの買い物は240シェケル(5,700円ほど)で、Gedera村マーケット - Luppichini自身は、イタリア、ボローニャにいた。

(略)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴィデオはイスラエル特攻隊のアメリカ人処刑を示す

2010年06月10日

イスラエル国防軍はマヴィ・マルマラ号で処刑した(YouTubeを貼付けることができなかった。シオニストの反対にあって掲載が取り消される可能性あり)

 イスラエル軍は、追悼の日となったマヴィ・マルマラ支援船上の残忍な襲撃に関する写真とヴィデオの証拠の没収と消去を企んだ。しかし、ディジタル画像は、消去後しばしば回復でき、また、小さなメモリースティックに保存して、荷物の隅や裂け目に隠すことができると判ってきている。そのようないくつかのイメージが、実際表面化している。

 アメリカ市民、Furkan Doganは、地中海の公海上で、ガザ人道支援小艦隊へのイスラエル特殊部隊による月曜日の攻撃で殺された。イスラエルは、最初のひとりが(ヘリコプターから船に)降りる5分前に、船団に発砲し始めた。

(略)

全文:Intifada
posted by mizya at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yahoo!とアップルが東エルサレムを地図に入れる

2010年06月10日

ベツレヘム - Ma'an - 伝えられるところによれば、インターネット巨人、Yahoo!とアップルコンピュータが、iPhoneの気象ソフトアプリケーションに東エルサレムを含めたとイスラエルメディアは報じた。

 極右のイスラエルニュースサイトArtuz Shevaによると、東部分は公式に1967年にイスラエルにより占領されたパレスチナ領土であるにも関わらず、先立つプログラムは、市の東西をひとつにした。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 パレスチナを旅していると、アップルコンピュータを使うインタナショナルズは多い。わたしも最初のコンピュータからアップルだった、アラビア語ソフトを入れることができたから。中米イスラエル大使館職員が全員iPhoneを使っているとしても(原文参照)、アップルを使う反-シオニズム活動家の方が遥かに多い。iPadを買おうと思ったけれど止めた。
posted by mizya at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独占:ガザ支援小艦隊に対するイスラエルの致命的襲撃のマヴィ・マルマラ号から密かに持ち出された新たなヴィデオ

2010年06月10日

デモクラシー・ナウ! 独占で、わたしたちはみなさんに、こっそり持ち出された予告編を、この日後に国連での記者会見で公式に発表されるマヴィ・マルマラ号の未公開の未編集フィルムをもたらす。フィルムは、攻撃に至る時間の、マヴィ・マルマラ号に乗船していた活動家たちと雰囲気、そして攻撃での乗客の即刻の反応を示す。マヴィ・マルマラ号に乗船していた数少ないアメリカ人のひとり、映画制作者で活動家のIara Leeに加わってもらう。彼女の機材は没収されたが、彼女は何とか1時間分のフィルムを密かに持ち出した。

ヴィデオ:DEMOCRACY NOW!
posted by mizya at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。