2010年06月14日

報道:Mabhouh暗殺容疑者がポーランドで逮捕

ワルシャワ空港でドイツ令状で逮捕されたUri Brodskyは、ドイツパスポートを違法に得ることにより、1月19日のハマース指揮官暗殺補助を疑われている。

AFP
2010年06月12日

 ハマース指揮官、マフムード・アル-マブフーフの暗殺補助を疑われるイスラエルの男は、ドイツの要請でポーランドで逮捕された、とAFPは土曜日、報じた。

 報道は、月曜日に発行される予定のDer Spiegel記事に基づく。イスラエル外務省は、土曜日、逮捕を知っていたと語った。

(略)

全文:Ynet news.com

関連記事:「イスラエルは伝えられるところによればMabhouhでの逮捕で本国送還を競り落とそうと戦う」Ynet news.com

イスラエルがポーランドに、 al-Mabhouh暗殺容疑者をドイツ当局に引き渡さないよう要請したと、Der Spiegelは報じる:ポーランドで逮捕されたイスラエル国民は、いかなる他の市民が扱われるように扱われると、外務省は語る

Dor Glick
2010年06月12日

アーカイヴ:報告:首相が1月初めドバイ暗殺を承認(02月22日)


posted by mizya at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「カメラマン・報道写真家・記者が虐待された」

2010年06月11日

ベツレヘム - Ma'an - 国境なき記者団は、5月31日、ガザ行き人道小艦隊への襲撃で、ジャーナリストから強奪したヴィデオフィルムのイスラエル軍による使用を遺憾に思い続けている。

 いくつかのヴィデオ動画が、イスラエル国防軍により、「ガザ小艦隊で撮られたヴィデオ」と記述され、YouTubeに掲載された。ニュースメディアからの許可なく、ヴィデオを強奪したり使用することは、ジャーナリスティックな倫理への深刻な違反を構成すると懸念されると、国境なき記者団は主張する。

 以下は、小艦隊に乗船していたクウェート通信(KUNA)のMuna Shesterへの「国境なき記者団」のインタヴュを原稿起こししたものである。(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bağış:NATO船隊はガザの封鎖を終わらせ得る

2010年06月13日

 トルコのEU交渉チーフ、Egemen Bağışは、5月31日のガザへの支援小艦隊へのイスラエル特攻隊による襲撃でトルコ人9人の死亡の後、ガザ回廊へのイスラエルの封鎖を終わらせるためNATO船隊を送るよう提案した。

 彼は、昨日ブリュッセルで、封鎖を実施するイスラエル船への攻撃を支持しないが、イスラエルが、回廊への支援を排除し続けることは許されるべきでないと語った。

「NATOが、出入港禁止を終了させるため船隊を送るべきとわたしは思う」と、ブリュッセルへの訪問で、NATOのメンバーであるがEUのメンバーでない国のBağışは、ロイターにより引用されたごとく、語った。

全文:Todays Zaman

関連記事:闘いを手放すな:偽善がはびこるCounterPunch
週末版:2010年6月11-13日
WILLIAM BLUM

事は、国際的に、夢想するほかするべき事を残さないほど、あまりにも落胆させる。NATOのメンバーとして、イスラエルに攻撃された後、同盟が防衛に来るよう要請するトルコを、わたしは描写する。 メンバー1国に対する武力攻撃は、NATO憲章、第5条の下、メンバー国すべてへの武力攻撃を構成すると考えられる。 それが、NATOがアフガニスタンで戦っている表向きの理由で - 2001年9月11日の合衆国に対する攻撃は、(アフガニスタンが国として攻撃と関係ないという都合の悪い事実を無視して)NATOメンバーすべてに対する攻撃とみなされる。トルコ人道組織により実施され、トルコ旗を掲げた船への、トルコ市民9人を殺し多くを負傷させたイスラエルの攻撃は、NATOメンバーに対する攻撃を確かに構成する。

そして、合衆国の後に、イギリス、ドイツ、フランス、および他の主要NATOメンバーは、彼らの馬鹿げた不合理な弁解、我々は... う〜... あ〜... 第5条を発動できないと申し出、そして、イスラエルが、少なくとも、地中海会談のメンバーとしてNATOとの公式連携を失うべきとするトルコの要請を、国際メディアが未消化のまますべてを飲み込む。(略)
posted by mizya at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アムネスティがイスラエルへ:非暴力活動家を断罪するなかれ

2010年06月13日

ベツレヘム - Ma'an - アムネスティ・インタナショナルは、イスラエル軍事法廷に、パレスチナの土地へのイスラエル壁に反対する抗議行動に参加して、去年の7月以来拘留されているパレスチナ非暴力活動家を断罪しないよう促した。

 アディーブ・アブ・ラフマは、「軍事地域に宣言された領域にいる」、「煽動」、「公安に対する活動」で告発された。イスラエルに占領された西岸のオフェル軍事法廷が、日曜日、彼に有罪宣告する懸念がある。

「アディーブ・アブ・ラフマが、この種類の事件で完全証拠裁判に持ち込まれる、フェンス/壁に反対する最初の活動家となるだろうから、有罪判決は、告発され裁判を待つ他の活動家に心配な先例となるだろう」と、アムネスティ・インタナショナルは述べた。

(略)

「イスラエル軍令の広い(運用)範囲は、西岸でのイスラエルの政策に反対する表現の自由の権利を単に合法的に行使しただけで、アディーブ・アブ・ラフマを投獄し得ると意味する」と、アムネスティは述べた。

(略)

 西岸でイスラエル占領下に暮らすパレスチナ人に適用される軍令の下、「煽動と敵対的プロパガンダ行為」の下で断罪された者は、10年の投獄か罰金、あるいはそのどちらも課される場合がある。「公安に対する活動」の請求は、5年の懲役刑をもたらし得る。

(略)

 2004年6月、国際司法裁判所は、被占領地内での壁建設は、国際法に反し、イスラエルは既にそこに建造した部分を解体しなければならず、建設で影響を被ったパレスチナ人に賠償金を提供しなければならないと述べる、満場一致の勧告意見を発表した。イスラエル政府はこれら勧告を拒絶した。

(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | statement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。