2010年06月18日

イスラエルでのアイルランド歌手コンサートはキャンセルされた

2010年06月17日

Malak Behrouznami - PNN - 伝説的ソングライターにしてパフォーマー、平和活動家のトミー・サンズの、6月20日日曜日にFestival Bloomsday Concertで、計画されていたパフォーマンスはキャンセルされた。

 出演は、サンズがパフォーマンスで検閲されるのを拒絶して、キャンセルされた。サンズは、イヴェントの主催者、ラマト・ハシャロン自治体と提携するイスラエルのアイルランド友好連盟に、アイルランドからガザに出航したMVレイチェル・コリー号のため賛美歌として彼が書いた歌『ガザ海岸の平和』を演奏しないよう頼まれた。

 十分奇妙にも、それは今年初め、ドバイでのハマース官僚、マフムード・アル-マブフーフ暗殺に関する、イスラエル諜報機関の下の作戦と推定される暗殺で、容疑者により使用されたアイルランド・パスポート8通が偽造されたと判明した調査の後の、アイルランドの最近のイスラエル外交官追放の決定の直後にやってきた。

(略)

全文:Palestine News Network


posted by mizya at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

支援船がガザに向けイランから出航

2010年06月17日木曜日
Saed Bannoura - IMEMC News

人道支援物資を満載した貨物船1隻が、ガザに向けイランから出発し、もう1隻が、週末までに加わるを計画だ。国際赤三日月社によって組織され、個人的寄付で資金供給されたイラン小艦隊は、2週間前、ガザへの途上イスラエル海軍に攻撃され、支援スタッフ9人が殺された国際支援輸送船団に続く。

 これは、ガザへのイスラエル攻囲を破る試みのイラン船の最初のものではない。昨年、1,400人が殺された、3週間にわたるガザへのイスラエル襲撃の最中、イラン船は、地中海からガザに入るのを試みたが、まだ公海上にあるうちイスラエル軍により追い返された。

 イスラエル軍は、その時イラン船を攻撃しなかったが、船が公海上にある間でさえ、現在その途上にある船との交戦を脅迫してきた。これは2週間前、イスラエル海軍が、イスラエル海軍の四分の一を送り、特攻隊を使用してヘリコプターから船に降りた、イスラエルが国際支援小艦隊の船6隻に使用した同じ戦術である。

(略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:イランは連帯船護衛を計画していない(06月16日)
posted by mizya at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルの攻撃は国際・海洋法に違反の可能性

Thalif Deen
2010年06月16日

(略)


 イスラエルの襲撃は、国際法を逸脱し、国連憲章に違反し、海洋法条約を侵害したのか?
 占領政権、イスラエルによるガザへの3年もの海上封鎖に、どれほどの正当性があるのか?

 オハイオ州立大学国際法教授、ジョン・キグリーは、公海上で旗を揚げた船への乗船は、旗国の同意なしには許されていないとIPSに語った。

 この旗国はコモロであり、見たところ協議されず、従って同意を与えなかった、と、彼は語った。
 彼はまた、イスラエル国防軍(IDF)が、平時に適用される法の下では乗船が違法と認めているように見える、とも語った。乗船の合法性の唯一の議論は、戦時法に基づいている。
 キグリーは、それでもまだ、海上封鎖原則に関する戦時法の下、乗船は法的正当性を欠くと語る。

 第一に、公海上における海上封鎖の理論的原則は、敵の着岸から船を妨げることである。
 ここで、イスラエルは関連沿岸 - ガザの - を支配するとキグリーは論じた。「したがって、公海上で船を止める根拠は全くない」。

 第二に、彼は、過度の困難を敵国住民に課すなら海上封鎖は制定され得ないと指摘した。
 ここで、住民は商品搬入制限で既に困難を被っており、海上封鎖はその政策の一部である、と彼は付け加えた。

 月曜日、イスラエルは「独立公的委員会」に、国際的「オブザーバー」2人、アイルランドのノーベル平和賞受賞者、デヴィッド・トリンブル卿と、元カナダ軍法務裁判官、ケン・ワトキン陸軍司令官と共に、皆イスラエル人の、自身のメンバー3人を指名した。

 ロンドン拠点のアムネスティ・インタナショナルは、火曜日、事実上道化芝居として「独立委員会」を却下した。

 指令によると、委員会は、武力行使の計画と実行に関わったイスラエル軍のメンバーに接触しないだろう。唯一の例外は、スタッフのチーフとなるだろう。

(略)

全文:antiwar.com

関連記事:「イスラエルガザ委員会は透明性と責任に関し批判される」Amnesry International
2010年06月15日

 アムネスティ・インタナショナルは、火曜日、5月31日のガザ支援小艦隊に対する武力行使に対するイスラエル提案の調査を、透明性の欠如と、作戦での活動家9人の死で責任を確実にしそうにないとして批判した。(略)
posted by mizya at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。