2010年06月28日

トルコがイスラエル国防軍航空機の入域を禁止

アウシュビッツに向かった士官代表団は、アンカラが、飛行機の領空飛行を妨げ、代替ルート使用を強いられた

Yossi Yehoshua
2010年06月27日

イスラエル-トルコ関係の悪化は、新たな低さに達する:Yedioth Ahronoth紙は、アンカラが、イスラエル国防軍航空機が、ポーランドへの途中、領空を飛ぶのを妨げたと知った。

 貨物機は、追悼遺跡と強制収容所のツアーに、士官・下士官100人以上を運んでいた。

 軍代表団は、ホロコーストを生き延びた家族の一員、元イスラエル国防軍隊員理事会会長、Elazar Stern少将により開始された「Edim Bemadim」(制服の目撃者)プロジェクトの一部としてポーランドに発った。

(略)

 ポーランドとドイツへのフライトは、ほとんどボーイング707モデルのイスラエル空軍貨物機で行われる。
 ポーランドへの民間・軍用飛行機のルートは通常トルコ上空を通るが、今回、イスラエル空軍は代替ルート使用を強いられた。 代表団メンバーは変更に気づかなかった。

(略)

全文:Ynet news.com


posted by mizya at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル新法案がイスラエルと入植地両方のボイコットを非合法に

2010年06月25日

この記録は、提案された反-ボイコット法案の完全な翻訳である。 (Emily Schaefferの翻訳に感謝)

 法案は、連立・野党両方のクネセトメンバー25人により、2010年6月9日に提案され、まだ提出されていない。この初期段階で、仮にあるとするなら、いかなる改編版が立法を通過するかは不明。

 法案によれば、いかなる不買あるいは資本引き上げ行動の、開始・奨励、あるいは支持や情報の提供をする個人を、損害を被った会社は、損害賠償で訴えることができまる;それが在留外国人の場合、少なくとも10年間、イスラエル入国、あるいはその事業を禁じる;そして、外国政府事業体は、損害賠償にその資産を没収し、イスラエルでのいかなる経済活動においても従事を禁ずる。

 提案は、法が実施される年の「前」まで、そのような行動に関わる誰あれ、特別な立証責任を負わせる。「外国政府事業体」に関する部門は、特に、入植地商品ボイコットを促進するパレスチナ自治政府の最近の率先に対して企てられている。提案によると、イスラエルにより保留される(イスラエルが自治政府に代わって徴税した)パレスチナ自治政府の税金を使用することで、直接、その「ボイコットからの損害賠償」を入植地ビジネスに補償することにより、パレスチナ人は、事実上彼らが購入しないと選択した製品の代金を支払い続けることになる。 この法提案が、外国活動家たちの視点と行動を監視するようイスラエル国家に要求することにもまた、注意。

原文:Israeli Occupation Archive
posted by mizya at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもが拷問され、イスラエル尋問官により生殖器に感電される

2010年06月25日金曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

イスラエル尋問官らは、拘留され、ヘブロンに近い入植地近くの拘留センターに送られたパレスチナの子どもを拷問した。子どもは、尋問官らが彼を拷問するのに、睾丸にワイヤを取り付け電気を使用したと語った。

 ガザ拠点のパレスチナ領域人権委員、Kiert Jornegは、イスラエル尋問官らが、睾丸に配線して子どもを拷問するとき、ワイヤとバッテリーを使用したと述べた。

 子ども、15歳は、1カ月前、西岸南部のヘブロン市で、兵士らが、彼らの車輌に石を投げたと主張し、軍により拉致されたと、彼は付け加えた。

 子どもは、尋問官らが彼に軍用車輌に石を投げたと自白させようと試みる、尋問と拷問が続いた拘留センターに移動される途中ずっと、兵士らに、蹴られ、打たれた。
 彼は、尋問官らの主張を否定し、なぜ彼が拘留されるのかさえ知らないまま、通りから拉致されたと語った。
 子どもを打ち、拷問して、「自白」達成に失敗すると、尋問官らは、拷問の手法として電気を使用した。しかし、彼は、していないことを自白するのを拒否した。
 尋問官らは、車のバッテリーとおぼしき、バッテリーを持ってきて、彼の睾丸にワイヤを取り付けた。

(略)

全文:International Middle East Media Center

 こんなことが愉しいのかしら。
posted by mizya at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。