2010年07月27日

報告:小艦隊に直面してイスラエルが準備

2010年07月26日

ベツレヘム - Ma'an - イスラエルは、レバノン、リビア、カタール、オーマンからの、それらすべてがイスラーム党派に組織された4つのガザ行き支援小艦隊に直面して準備していると、ヘブライ語日刊紙、Maarivは日曜日に報じた。

 船の到着の時期が知られていない一方、イスラエルは、公海上でのもうひとつの致命的対立を防ぐため、非常警戒態勢にあると、新聞は、匿名の情報筋を引用して報じた。
(略)

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:小艦隊訴訟で弁護士60人がイスタンブールで会談(07月18日)


posted by mizya at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

西岸の通商制限

2010年07月25日日曜日



 パレスチナ領域、西岸のビジネスは長い間、イスラエルにより課された多くの犠牲の大きい通商制限を被ってきた。

 西岸唯一のビール醸造所、タイベや、ヨーロッパ中に薬品を供給する製薬会社、Pharmacareは、イスラエルによる制限に多くの苦しみを抱える2つの会社だ。
 彼らは、高い税金や関税、商品の長い検査が、彼らの輸出し拡大する野心を著しくが妨げると語る。

 西岸のラマッラから、アルジャジーラのバーナード・スミスが報告する。

原文:AlJazeera.net
posted by mizya at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザ議員:イスラエルに支援船を止める権利はない

2010年07月24日

ガザ - Ma'an - 航海法の下、イスラエルは、ガザ行き支援船を拿捕する権利を持っていないと、金曜日、封鎖に反対する民衆委員会代表、ジャマル・アル-フダリは語った。

 最も間近なレバノン支援船、どちらも1週間以内に錨を上げ、ガザに航行する予定のマリアム号とナジ・アル-アリ号についての談話で、アル-フダリは、海洋法の適切な適用と、ガザ海岸に向けた船出を保証することは、国々の権利と義務であると語った。
 すべての国々を律する海洋法を不明瞭にすることにより、イスラエルはか細い法的根拠を踏みつけていたと説明し「4年前に課された攻囲は、すべての国の権利につけいる」と、アル-フダリは語った。

 前日の国連での談話で、しかしながら、事務総長報道官、Martin Nesirkyは「供給が陸路入るルートが確立されている。それがガザの人びとに支援を運ぶ方法である」と強調し、同意しなかった。
(略)

全文:Ma'an News Agency

 国連のだらしなさに比べると、ガザの無所属議員が輝いて見える。支援物資陸路搬入の困難、イスラエル、エジプトによる国境検問所の恣意的開閉の問題が、世界の活動家たちに海路行くことを選ばせた。国連が陸路使用を主張するなら、陸路行く支援物資が完全にガザに搬入できると保証すべき、そのような保証もできないまま「陸路行け」とは無責任きわまりない。というわけで、無責任きわまりない国連談話の先行記事...

先行記事:「国連がガザ支援は陸路運ばれるべきと語る」Ynet news.com
イスラエルが、レバノン船のハマース統治の飛び地へのアクセスを防ぐ「権利を保有する」と語った後、バンの報道官は、回廊への支援は確立されたルートで運ばれるべきとの国連の公式見解は存続すると語る

AFP
2010年07月23日
(本文翻訳省略:ばかばかしくて翻訳する気になれないから)
posted by mizya at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザの子どもが陶芸家伝統維持

2010年07月23日


AlJazeeraEnglish

 6歳の少年は、地域の最年少陶芸家としてガザで多くの注目を集めてきた。
 彼は、4歳の時から学び始め、学校休日の殆どをろくろの上での制作に費やす。
 家族の工芸伝統を続けると決心している幼いマフムードについてNicole Johnstonが報告する。
posted by mizya at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

トルコ外務大臣:イスラエルによる船団返還は基本的ステップ

アンカラとの関係の更なる悪化を防ぐ努力で、エルサレムの政治的階層は、海軍により襲撃されたガザ行き船団を引き渡すと決める。決定はイスラエルが、船団が将来の航行に参加しないよう要請した、国家間交渉に続いてなされた。Davutoglu:これはともかくもイスラエルがすべきことだった

Roni Sofer
2010年07月23日

 駐トルコイスラエル大使、Gabby Levyは、金曜日、イスラエルが、5月下旬、ガザ行き小艦隊に加わったトルコ船団を返還することを地方当局に知らせると思われる。

 エルサレムの政治的階層は、アンカラとの危機の更なる悪化を防ぐため、船団を返却すると決定した。決定は、イスラエルが、船団が将来の航行に参加しないよう要請した、国家間交渉に続いてなされた。
「これはともかくもイスラエルがすべきことだった。イスラエルが取る必要のある一定の歩みがあり、これはそのひとつ」と、トルコ外務大臣、Ahmet Davutogluが、ベトナムで語ったと国立アナトリア通信により引用された。

(略)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:ハイファ市長が奪ったトルコ船を浮かぶホテルに変えるよう要求(07月12日)

 ハイファ市長の提案を受け入れることになったら、いつまでも「盗んだ船をホテルにした」と世界からいわれかねないと、返還を急いだかもしれない。とすると、この返還は、ハイファ市長の「お手柄」かも...
posted by mizya at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

禁止令に直面してイスラエル乳製品会社が入植地を離れる

2010年07月22日木曜日

ラマッラ - Ma'an - 先導的イスラエル乳製品会社が、被占領ゴラン高原からイスラエルに工場を移転させ、その製品を西岸で市場に出すことが許されるだろうと、木曜日、National Dignity Fund(全国尊厳基金)は発表した。

 その政府がサラーム・ファイヤドに率いられる、マフムード・アッバス大統領が基金を始め、4月に、西岸での入植地生産物の販売や購買を禁止し、入植地商品を棚から取り除く締め切りは7月31日だ。

(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

イスラエルがレバノン人居住地域を攻撃すると脅迫

Patrick Galey、Daily Star staff
2010年07月21日水曜日

ベイルート:イスラエルは火曜日、軍幹部が、ヒズボッラは兵器を隠すのに都市施設を使用していると主張して、レバノンの人口密集地域を攻撃すると脅した。

 イスラエル陸軍の将軍幕僚長、Gabi Ashkenazi中将は、仮に新たな闘争へと強いられるなら、彼の軍隊がレバノンの町や村を攻撃するのを躊躇しないと語った。
「ヒズボッラは、国連レバノン暫定軍(UNIFIL)が兵器を発見できない居住地域に存在を強化している」と、イタリアへの旅行中、Ashkenaziはイスラエルラジオに語った。「必要なら、我々はこれらの地域に移動するつもりだ」。

全文:The Daily Star

アーカイヴ:国連:ヒズボッラのスカッド密輸に「証拠はない」(05月08日)

 アーカイヴの記事ばかりでなく、国連レバノン暫定軍はしばしば「兵器はない」と発表している。常に戦争をしていなければ国家体制が維持できないイスラエルは自業自得だけれど、その戦争につき合わされる近隣諸国はたまったものではない。
posted by mizya at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする