2010年07月02日

イスラエルの反-ボイコットの好戦性

イスラエルの学会や製品 - 入植地を含む - へのボイコットを不法とするための法案は、外交的に論争を巻き起こす

Miri Weingarten
guardian.co.uk
2010年06月30日水曜日

 市民社会がイスラエル政府政策を批判する力をそぐことを目指す一連の法案の3番目、新たな「反-ボイコット法案」は、イスラエルのボイコットを開始するか促進するイスラエル人や外国人を処罰するだろう。

 法案は、法的イスラエル学会へのボイコットを禁止するだけでなく、入植地活動や製品(へのボイコット)も禁止する。それは「ボイコットを促進する」イスラエル人に罰金を課し、ボイコットされた組織に罰金を振り込もうとする。

 それは、ボイコットに従事する在留外国人に10年の入域禁止を課し、イスラエルでのいかなる経済活動を行うことも禁じるだろう。

(略)

全文:guardian.co.uk

アーカイヴ:イスラエル新法案がイスラエルと入植地両方のボイコットを非合法に(06月28日)

 罰金を課されずに済む唯一の方法は当然ながらイスラエルと商売しないこと。この新法案は、イスラエルによるイスラエルへの「ボイコット法案」とも見える。弾圧することにばかり目が眩むと、自らの首を絞めることになる。まあ、一向に構わないけれど。


posted by mizya at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベドゥイン家族が更なる追放に直面

2010年06月30日水曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

エルサレム法的救援・人権センターは、ヨルダン渓谷の北部平原、アル-ファルシーヤ地区のベドゥインほぼ40家族が、その地域を離れるよう命令するイスラエルからの公式通知を受け取ったと報告した。

 家族たちは、以前に、イスラエルの違法な政策と入植地建設のため、別の地域から追い出され、この地域に数十年間住んできた。

(略)

全文:International Middle East Media Center

先行記事:「ヨルダン渓谷の10家族が離れるのに24時間与えられる」Ma'an News Agency
2010年06月28日月曜日
ベツレヘム - Ma'an - ヨルダン渓谷の10家族は、日曜日、家屋破壊命令を手渡され、彼らの土地から立ち退くため24時間を与えられた。

 破壊される家屋の殆どは、イスラエル土地登記所にファイルされた、彼らの土地の所有権を証明する文書を持っていると語る、Daraghmah家とAl-Makahmreh家のものだ。

 米国に媚び諂ってイスラエルの占領を維持する「平和と繁栄の回廊」構想など打ち出す(自民党政権期)外務省を変えるには、民主党でもダメ、せめて社民党の躍進を期待したい。
ラベル:ヨルダン渓谷
posted by mizya at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レバノンのパレスチナ人、羞恥が吹き出す

Rami G. Khouri
2010年6月30日水曜日

 数十万人のパレスチナ難民住民の法的身分に関する、レバノンでの現在の論争は、アラブ世界の最良と最悪を反映する。これらパレスチナ人の虐待、底知れない生活水準、限られた仕事、社会保障、財産権は、長引くモラルの黒星だが - しかし、主にレバノン人により開始された、変化の雰囲気が漂う。

(略)

全文:The Daily Star

先行記事:「数千人がレバノンのパレスチナ人の権利のために抗議行動」The National
2010年06月27日

 ベイルート - 数千人のパレスチナとレバノンの市民活動家たちが、今日、ベイルートの中央に集まり、その多くが、汚い超過密の難民キャンプに住む、パレスチナ人のさらなる権利を要求した。

 何十台ものバスが、国中の難民キャンプ - 北はトリポリからと同様、南はテュロスから、パレスチナ旗を振るデモンストレータを輸送した。

     「難民がレバノンの権利を求めて行進」(2分50秒ほどのヴィデオ含む)AlJazeera.net
posted by mizya at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする