2010年07月20日

西岸:アクセスと閉鎖 (2010年6月)

2010年07月15日

0.84.gif

- 国連人道問題調整事務所(OCHA)

PDF *, 9503 Kb

所在:ReliefWeb


posted by mizya at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | map | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

活動家たちがガザへの米国船キャンペーン開始

2010年07月18日

_ERD8487_boats_to_gaza_cropped.jpg
5月のガザ自由小艦隊支持デモンストレーション
PHOTO: ELLEN DAVIDSON


 活動家たちは、今秋、ヨーロッパ、カナダ、インド、南アフリカ、中東のいくつかからの船で構成する小艦隊と共に航行するだろう米国船をガザに送る全国キャンペーンに着手した。関係者は、ガザへの3年に及ぶイスラエルの海上封鎖を突破することを望んでいる。5月に、船6隻で構成した同様の奮闘は、イスラエル軍により攻撃された。イスラエル特攻隊が船に乗り込んできて、トルコ船、マヴィ・マルマラ号の活動家たち9人が殺戮され、何十人もが負傷させられ、ほぼ700人の乗客を逮捕し、船を強奪した。

 米国の運動は、他と共に、公正な和平のためのアメリカユダヤ人、コードピンク、ガザ解放運動、ガザ自由行進、Granny Peace Brigade、平和のためのユダヤ人の声、平和のための退役軍人、非暴力創出の声、戦争抵抗連盟、WESPACなどにより支持された。個人の支持者たちには、作家のアリス・ウォーカー、活動家、アンジェラ・デイヴィス、俳優のキャサリーン・チャルフォント、憲法が保証する人権センター代表、マイケル・ラトナー、非暴力創出の声の共同コーディネータ、キャシー・ケリーを含む。

 船は「希望の大胆」(皮肉を込めて)号と名付けられ、船を購入し、乗組員を雇い、認可保証、支援物資購入に、資金が緊急に必要とされている。詳しくは、ustogaza.orgを。

原文:The Indypendent
posted by mizya at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「国家はガザ撤退デモ参加者のための恩赦法正当化に90日ある」

2010年07月18日

高等裁判所は、ガザ離脱デモ参加者のための恩赦法が、シェイフ・ジャッラで逮捕されたデモンストレータが訴状を提出した後、平等に害を及ぼすと裁決する。
Chaim Levinson

(本文翻訳省略)

全文:Haaretz.com

 2005年のガザ入植地撤退への抗議行動で逮捕された右派「入植地維持派」への「恩赦法」は、東エルサレム、シェイフ・ジャッラでのイスラエル入植者らによるパレスチナ人家屋乗っ取りに抗議行動する左派逮捕者にも適用せざるを得ないから、もっと考えたら、と裁判所が政府に求める判決らしい。右派に甘く、左派に厳しい、そのような国、もうひとつ知っている。ニッポンとかいう...
posted by mizya at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ASEANがガザ封鎖終結要請に加わる

2010年07月18日

ベツレヘム - Ma'an/Agencies - 東南アジア諸国連合が、イスラエルにガザ封鎖終結を求める高まる要請に加わった。

 ASEANの年次総会は、木曜日、ベトナムで始まり、連合の10ヵ国の外務大臣たちは、月曜日に会議する。
 会談に向け発表された文書は、「ガザのパレスチナ人への、窮状軽減を促進するする人道支援の妨害されないアクセス」を求めたと、日曜日、フランス通信社は報じた。
 外務大臣たちは、5月31日のイスラエル兵士らが乗客9人を殺害した、ガザに支援物資を運ぶトルコ小艦隊への特攻隊襲撃を「強く非難し」、和平交渉再開を促した。
(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする