2010年07月29日

イスラエルのネゲヴでの民族浄化

イスラエル警察によるベドゥイン村倒壊は、国家が、ネゲヴ地域をユダヤ化する目論見に達しようと、いか程遠くまで来てしまったかを示している

Neve Gordon
guardian.co.uk
2010年07月28日水曜日

 わたしが、市から10分と離れていないところに位置するベドゥイン村、アル-アラキブに向かって運転していた時、威嚇するブルドーザ車列は、ベールシェヴァに向かって戻っていた。ひとたび村に通じる舗装されていない道に入ると、わたしは、離れる準備が整った重武装警察官と共に多数のバンを見た。彼らの任務は、果たされた、ように思える。

 破壊の標は、即刻明白だった。わたしは最初に、押しつぶされた家の側をゆっくり走る鶏とガチョウに気づき、次に、別の家、そしてまた別の家、瓦礫の中のそれらすべてを見た。子どもたち数人が、焦熱の砂漠の太陽から隠れる日陰の地点を見つけようとしていたが、彼らの後ろで、黒い煙のたなびきが燃える干し草から立ち上っていた。羊、ヤギ、牛は、どこにも見られなかった - 恐らく警察が没収したので。

 大勢のベドゥインの男たちは、彼らの周りに、引き抜かれたオリーヴの樹々が横たわる中で、黄色の丘に立っており、早朝からの彼らの経験を共有していた。40から45戸の家屋からなる村全体は、3時間にもみたないうちに、完璧に倒壊されてしまった。

(略)

全文とヴィデオ:guardian.co.uk

 誰もが彼のような英語で書いてくれたなら、翻訳作業も随分楽に違いない。文章も書かれている内実も美しいから、翻訳していても「いらいら」させられることはないけれど、視覚芸術家の常、他の記事を見てみたくなる。
 翻訳を省略した後半で、彼は、目の前に展開する情景に、軍役についていた頃のレバノンでの自らの経験を思い起こす。

参照:ネゲヴの認知されていないアラブ・ベドゥインの村々の地図


posted by mizya at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JCSER:「何百人ものパレスチナ人がエルサレムでの居住権を失う」

2010年07月27日火曜日
Saed Bannoura - IMEMC

エルサレム社会的経済的権利センター(JCSER)は、イスラエルの制限と措置のため、被占領東エルサレムの居住権を失った最新のパレスチナ人数を詳述した報告を発表した。

 2カ月前、センターは、これに関しイスラエル内務省に要望書を提出し、最近、2009年から2010年6月6日までに居住権を失ったパレスチナ人数に関する返答を受け取った。

 イスラエル(内務)省は、今年はじめから6月6日までに権利を失った108人を含む、パレスチナ人721人の居住権を取り消した。これはこの1年半で、合計829人のパレスチナ人が居住権を奪い取られたことを意味する。

 2008年に、居住権を奪い取られたパレスチナ人の最大人数が証言されたと同時に、1967年に、イスラエルが不法に奪い取り東エルサレムを占領してから、2010年6月中旬まで、居住権を奪い取られたパレスチナ人数は、86,226人(14,371家族)に到達した。

 その上イスラエルは、家族統合(一緒に生活する)の何千通もの申請書と、市に新生児パレスチナ人を登録する何千通もの申請書を無視し、拒絶している。
(略)

全文:International Middle East Media Center

 被占領西岸での入植地拡張では、「自然増加」を理由にしながら、被占領東エルサレムでパレスチナ人家庭に生を受けた乳児の登録を拒絶するなんて悪質。どちらも国際法に反している。
posted by mizya at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする