2010年08月27日

貧困に陥れる:レバノンのパレスチナ難民は新法に希望を見いだせない

いくつかの労働権がパレスチナ難民に与えられたが、資格が何であれ、彼らは多くの主要な職業でまだ働くことができないだろう

Richard Hall
Guardian Weekly
2010年08月24日火曜日

Palestinian-Lebanon-refug-006.jpg
パレスチナ人整備士がベイルートの北、バダウィ難民キャンプでスクータを修理する。レバノンの法律は、パレスチナ人の専門職と財産所有を制限する。
Photograph: Joseph Eid/AFP


 ベイルート南部、使い古しのモペットが疾走し、頭上に電線がだらしなくぶら下がる、シャティーラ難民キャンプの狭い通りに立って、7歳のハサン・ハメイドは、彼が成長したならしたいことは明確で:「医師になって、病人を治療したい」。

 しかし、パレスチナの人びとに示されたレバノンの共感にも拘らず、レバノンの法律は、国の何十万人ものパレスチナ人を拒む、専門職と所有権の長い一覧表で、彼の夢の実現を妨げるだろう。何世代ものパレスチナ人が、狭苦しくごみごみした難民キャンプで、貧困に陥れられたままになっており、教育があってさえ、家も土地も所有できず、弁護士になることも技術者になることも、残念ながら、ハサンが医師になることもできない。先週の法律の転換は、最も卑しい仕事以外すべての労働を禁止した数十年の差別法を処理する、いくつかの職業権を与え、制限を解いた。

 パレスチナ人は、無料で労働許可を申請でき、年金基金に支払うことができ、業務上の - 事故に関し - 補償を請求できるだろうが、雇用主が彼らを雇う保証はなく、あるいは、労働許可がどのように割り当てられるのか、そして彼らはまだ、多くの主要な専門職で働くことができないだろう。医学や工学の法律は、彼らが雇われる前に、産業組合に加わることを必要とする。しかし、互恵主義政策は、レバノン人への同様の利益を提供できる認知された国家に属す他の外国人のようには「国なき」パレスチナ人が雇われ得ないことを意味する。

 法律は多くにより懐疑で迎えられた。「ぼくは、電話を修理する... 13年間学んでぼくは電話を修理することができる」と、ガッサン、39歳は落胆して語る。彼は電気工学を学び、2カ月前、レバノンの博士号を受けた。彼は、パレスチナ人の教育資金の不足にも拘らず、資格を獲得したほんのわずかの中にいる。しかし新法ができてさえ、レバノンにいる限り、ガッサンは工学で雇われないだろう。 彼は語った:「ここレバノンには法律がなく、統治もなく、何も起こらない。(法律)全体を忘れよう - 書かれること、聞いたこと、見たこと、それを忘れる」。

(略:長い)

全文:guardian.co.uk


posted by mizya at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザサーフクラブは新サーフボード23本を配達される

48311.JPG.jpg
ガザサーフクラブ:photo courtesy Surfing 4 Peace

2年間搬入を拒まれた後努力が実る

Surfersvillage Global Surf News、2010年8月24日:-- 米国拠点の非営利組織、Explore Corps(探検隊)とSurfing 4 Peace(平和のサーフィン)は、ガザ回廊の地域密着サーフィンプロジェクト、ガザサーフクラブのメンバーに、サーフボード23本を首尾よく届けた。2008年以来、探検隊と平和のサーフィン共同体は、イスラエル国境当局と、ガザにボードを搬入する許可を求め交渉してきた。

 ガザサーフ救援により寄贈されたボードは、沿岸領域に対する継続中の通商停止のため、搬入を繰り返し拒まれていたが、徹底的交渉を経て、今週、許可された。

 平和のサーフィンは、サーフィン経験の共有を通して、中東での政治的・文化的障壁の橋渡しを目的とするサーファーと支援者の国際的共同体だ。探検隊は、野外教育・スポーツ・芸術などに基づくユニークな若者教育構想の立案・実施・運営に捧げる米国拠点の非営利組織である。

 探検隊は、2007年に平和のサーフィンにより、ガザサーファーに寄付されたサーフボードを使って、2008年春、ガザのサーファーたちと共に、ガザサーフクラブを起こし、共同設立した。

 探検隊設立代表、マシュー・オルセンは、コメントした:「これらサーフボードをガザに入れるため、不断の交渉に2年間かかったと思うと信じられない。しかし、そのなされたとてつもない努力は、わたしがこれらサーフボードがどのようにこれら青年たちの生活を変えるだろうと考える時、するに足る価値がある」。

(略)

全文:Global Surf News

 サーフボードが兵器に転用可能と、イスラエルといえども考えている訳ではない。ただ、人間としての尊厳を叩いて叩いて叩き潰したいのだ。
ラベル:ガザ封鎖
posted by mizya at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

Im Tirtzuがベングリオン大学へのボイコット脅迫で資金提供を失う可能性

2010年08月23日

米国拠点の親-イスラエル組織、イスラエルのためのクリスチャン連合:我々はイスラエルからのいかなる資本引き上げ呼びかけも支持しない。
Natasha Mozgovaya

 その「反-シオニスト」偏向で寄付者をボイコットさせるとベングリオン大学を威した組織、Im Tirtzuは、声高に宣伝された口論で、少なくても資金源のひとつを失った。

 John Hagee牧師により営まれる米国拠点の親-イスラエル組織、イスラエルのためのクリスチャン連合 (CUFI) の報道担当者は、月曜日、Haaretzに、彼らがもうIm Tirtzuに金を与えないと仄めかした。潜在的資金遮断は、2009年にCUFIがIm Tirtzuに寄付したのが10万ドルということから、大幅な変化となるだろう。

(略)

全文:Haaretz.com

 シオニスト同士の悶着、どうでもいいのだけれど、アーカイヴの記事を掲載した手前...

アーカイヴ:イスラエルのマッカーシズム2題(08月19日)
posted by mizya at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネタニアフ・外相凍結延長を避けるため「共謀」

2010年08月24日

エルサレム (Ma'an) -- イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフと外務大臣アヴィグドール・リーバーマンは、伝えられるところによれば、西岸での入植凍結を延長する国際的圧力を避けるため協力したと、イスラエルメディアは、火曜日に報じた。

 イスラエルのニュースサイト、Inyan Merkaziによると、ふたりは、ネタニアフ連立政権から離脱すると脅す極右外務大臣の党、我が家イスラエルを必要とするという筋書きを実行に移すことで合意した。
 イスラエル首相と外務大臣は、イスラエル政権崩壊の脅威が、米国やアラブ諸国により、9月26日に終わる一時停止を延長しない有効な弁解と判断されると考えていたと、ニュースサイトは報じた。

 報道によると、リーバーマンの脅迫が実行されることはありそうになく、報道は、彼が実行したなら、反対派が彼らへの盗聴とマネーロンダリングの容疑で尋問するだろうと付け加えた。
 ニュースサイトはさらに、ネタニアフが、リーバーマンは、大臣の椅子5つを保持する連立政権から離脱しないと知っていると、そして外務大臣が地域の平和努力を妨害したという世界的コンセンサスがあったと報じた。

原文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

国連職員が小艦隊調査でイスラエルを批判

AP
2010年08月24日火曜日

 イスラエルが、5月のガザ行き支援小艦隊への致命的襲撃の国連人権理事会の調査に協力していないと、国連の職員は、今日語った。

 Juan Carlos Mongeは、実状調査団が、トルコとヨルダンで目撃者や政府役人と話していると語った。しかしMongeは、イスラエルがチームの招待を承諾していないと語った。

 イスラエルの国連使節は今日、調査に関してコメントしないと語った。

 イスラエル特攻隊は、ガザへのユダヤ国家の封鎖を破る試みの親-パレスチナ活動家9人を殺戮した。イスラエルは、兵士らが正当防衛で行動したと語る。

 報告は、9月27日に理事会に提出されるだろう。

 ニュージーランドの元首相ジョフリー・パーマーとコロンビアの前大統領アルバロ・ウリベの下、もうひとつの国連委員団もまた、事件を調べている。

原文:The Independent

 ジュネーヴに本部のある国連人権理事会の調査団潰し、と見えた、ニューヨークに本部のある国連で調査団を組織してもなお、国連人権理事会が調査をあきらめなかったと知って嬉しい、報告を比べることができるから... というわけで、アーカイヴ。

アーカイヴ:イスラエルが国際委員会に市民への査問を許すつもりはないと語る(08月06日)
posted by mizya at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザの不足:薬品と電力

ガザの保健省が薬品不足の警告
2010年08月24日

ガザ市 (Ma'an) -- ガザ保健省医薬部は、104型医薬品と101型医療機器の不足に直面していると語る。

 省の最高責任者、Muneer Al-Barsh博士は、殆どの医療機器が、集中治療と手術に使用されたと警告した。 省により備蓄された薬品は、癌患者・腎障害患者あるいは慢性の病気、子どもたちに処方される。

 Al-Barshは、支援国と市民社会協会に、寄付の30パーセントのみが実際薬品だったと語り、ガザに薬品を送ることを引き受けるよう求めた。

原文:Ma'an News Agency

ガザ職員が電力危機が悪化したと語る
2010年08月23日月曜日

ガザ市 (Ma'an) -- ガザ職員は、月曜日、メディア報道にも拘らず、それとは逆に、ガザの電力危機は悪化したと語った。

 ガザエネルギー当局の副総裁、Kin'an Obedは、燃料論争の解決努力は失敗に終わり、8 - 12時間継続する毎日の送電停止が予定されると語った。

 今月初め、回廊の唯一の発電所は、燃料不足のため2日間停止した。病院は、救命器機が発電機に頼ったまま置き去りにされたとして、非常事態を宣言した。

 ガザ政府が、パレスチナ自治政府を、燃料引き渡しを果たさないと非難した一方、パレスチナ自治政府は、ハマース主導の政府が、ラマッラへの燃料支払い振替を怠ったと語った。
 論争解決の取り組みで、Obedは、パレスチナ自治政府への支払いを可能にするため、9月から、政府は一定の閾を越えて報酬を受ける雇用者の給料から170シェケルを控除すると語った。

 ガザエネルギー当局の報道官、Jamal Ad-Dardasawiは、発電所の発電機1基のみが機能すると語り、パレスチナ政府間の政治的対抗を脇に置き危機を解決するよう、ことさらラマダーンの聖なる月の間は、と呼びかけた。

(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何という浪費

Nicole Johnston
2010年08月07日

highres_00000401152926[1].jpg
Photo from EPA

 道路からガザの主要ゴミ集積場に近づくなら、平地の上に立ちはだかるゴミの大容量壁が見える。
 それは、100匹程のゴミをあさる犬と何十人もの貧しい子どもたちが、売れるどんなものもゴミの中を探し、這い回っている。

 この不健全な汚物溜めの中の20パーセントは、2009年1月のイスラエルとの戦争終了以来、ガザが受け取った寄付された医薬品だ。

 退けられたハマース政府の保健省と世界保健機関は、この支援が、ガザに到着する前に既に使用期限が切れていたか、切れる間際にあったと語る。
 それで現在、職員たちは、それを処分する仕事を負わされている。しかし、どのようにして? ガザには処分する適切な施設がないので、ゴミ処理地に捨てられ、他のゴミと共にならされる。

(略)


AlJazeeraEnglish

全文:AlJazeera.net

 期限切れの薬品など送られたら、わたしならどこが送ってきたのか発表する。翻訳を省略した部分に「何百万ドルもの援助が無駄になる」とあるけれど、期限の切れた薬品には1セントの価値もない、と、この記事の書き手に言いたい。どこから観ているのかと...
posted by mizya at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。