2010年09月07日

報告:米国はレバノン軍支援を続ける

アン-ナハルは、先月の国境事件後止められた軍事支援継続をオバマが支持と報じる

Ynet
2010年09月04日

 アン-ナハルは、米国政権が、レバノン軍への武器と設備の供給を続けるだろうと、外交筋が言ったと引用した。

 レバノン紙は、土曜日朝、情報筋が、米国大統領、バラク・オバマが軍を賞賛し、1億ドルと見積もられる支援供給を継続する国務省の要望を彼が支持したと語ったと報じた。
「ワシントンはまた、軍指令に抑制を働かせ、イスラエルに攻撃の口実を与えないよう要求した」と、新聞は情報筋のことばを引用した。
「イスラエルがイランを攻撃するなら、南レバノン前線が爆発するので、領域の状況は非常に敏感だ」。

 先月、ワシントンは、イスラエル国防軍士官が殺された国境事件に続き、ヒズボッラの関わった可能性の調査が必要と述べ、レバノンへの軍事支援を止めた。
 数日後、国務省報道官、P.J Crowleyは、米国が、満足いく返答を受けた後、レバノンへの支援を継続すると語った。声明は、仮に米国が条件をあげ続けるなら「金をとっておき、イスラエルにでもやればいい」とのレバノンの反駁への応答だった。

原文:Ynet news.com

アーカイヴ:Murrが米国へ:あなたたちは「条件付き」援助を続ければいい!(08月12日)

 中東の小国でさえ、米国に平手打ちぐらい食らわすことができ、米国に「条件」を撤回させることができる。ニッポンは米国の債権国、レバノンが米国に食ってかかる10倍ぐらいのことは言えてしかるべきなのに、1/10も言えないのは外務省の無能、このレバノンの国防相をニッポンの外相にヘッドハンティングするといいかもしれない。


posted by mizya at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国俳優たちがイスラエル人の西岸劇場ボイコットを支持

2010年09月06日

アメリカ人俳優、作家、ディレクター、他のアーティスト150人以上が、アリエルで公演しないと語ったイスラエル俳優たちを支持する書簡に署名する。
Chaim Levinson

(本文翻訳省略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:学術人・アーティスト150人が俳優の入植地アートセンターボイコットを支持(09月01日)
posted by mizya at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国集団がガザに飛行機を送る計画と語る

2010年09月05日日曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- 米国拠点の親-パレスチナ集団は、イスラエルによる空域・海域封鎖をものともせず、ガザ回廊への支援物資を積んだ飛行機を送るだろうと、担当官は、日曜日、語った。

「わたしたちは、船が使われたのと似通った方法で -- イスラエルやエジプトの領空を通らずに、ガザに飛行機を送るつもりだ」と、フライトを後援する、カリフォルニ拠点のフリー・パレスチナ運動組織者、Paul Larudeeは語った。
 ガザの事業機関は、このイニシアティヴを支持し、着陸地点の位置を定めるため取り組んでいると、Larudeeは語った。ガザの現在機能しないヤセル・アラファト国際空港は考慮されていないと、彼はMa'anに語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 船のように乗り込まれる懸念はないけれど、イスラエルはヒステリックな国だから飛行機を「撃ち落とす」ときっと言う。言ったことを実行に移すかどうかは判断し難いところだけれど、「しかし実行はしないだろう」と断言できないところがイスラエルという国なのだ。
posted by mizya at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランス誌が最大のイスラエル「盗聴」基地を暴露

Le Monde Diplomatique報道は、電話の会話や電子メールでの、一定の単語や数字を検出するようプログラムされた強力コンピュータを含む、イスラエル情報収集装置の覗き見を提供する

Ynet
2010年09月05日

 世界で最大かつ最重要な情報基地のひとつが、ベールシェバから遠くない、ネゲヴのKibbutz Urim近くに位置すると、フランス誌、Le Monde Diplomatiqueが、最近報じた。

 基地の存在は今まで秘密にされた。

 報道によると、基地は、中東、アジア、アフリカ、ヨーロッパの「政府、国際組織、外国企業、政治的集団と個人」の通話と電子メールアクセスを盗聴する情報ユニット8200により使用される多数のアンテナと衛星放送受信アンテナを持つ。
 フランス誌は、基地の主要な目的のひとつは、地中海を通過する船からの送信を聞くことにあると述べた。基地はまた「ヨーロッパにイスラエルを繋ぐ、ほとんどが地中海の水面下通信ケーブルを盗聴する」諜報活動の中心である。
 報告は、この基地が、この種で世界最大のもののひとつと述べた。

(略)

全文:Ynet news.com

 ニッポンにもそのような盗聴システムがあるのだから、イスラエルにあるとしても驚かない。ニッポンでは確か、青森の米軍三沢基地に、まあ、米軍ものだけど...
posted by mizya at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル入植者らがヘブロンで新入植地建設

2010年09月02日木曜日
OMAR_GAZA

ヘブロン、9月2日、 (Pal Telegraph) イスラエル入植者何百人もが、昨夜、西岸、ヘブロンの東の農村「バクア」地区に、新入植地建設を開始した。

 マリ・ジャベルという村人 (地元目撃者) は、大きな数のイスラエル入植者が、村の東側に位置する山岳地帯に、不法入植前哨基地建設を開始する準備で、多くのセメント・砂・木材・水槽を携え、夜、村を襲ったと語った。
 彼は、この領域が、市民、アブデル・ジャワッド・ジャベルのもので、何百エーカーかの面積と見積もられると説明した。

(略)

全文:The Palestine Telegraph

アーカイヴ:入植者らの前哨基地が新たな入植地として認可される(04月28日)
posted by mizya at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする