2010年09月12日

中東ピザ交渉


metierfilms

2010年09月09日

 ジャーナリストでElectronic Intifadaの共同設立者、アリー・アブニマは、8月31日、ワシントン州オリンピアの集会で、中東和平(ピース)交渉をユーモラスな比喩を使って説明する。

 内容は、しばしば取り上げているこれ、「たとえば、あなたと私が、1枚のピザを分け合う交渉をしているとしましょう。交渉のまっ最中に、私はそのピザを食べ続けている。あなたの取り分は、ほとんど残らない。今は、ちょうどそんな状況です。」ヤコヴ・ラブキン教授、NHKのインタヴュに応えて。


posted by mizya at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンマンがエルサレム近くでアラブ系イスラエル人を殺戮

English.news.cn
2010年09月10日

エルサレム、9月9日、(新華) イスラエル人4人が先週、同様の攻撃で殺された後、ガンマンは木曜日、エルサレム近くでの射撃で、アラブ系イスラエル人を殺害し、もうひとりを負傷させたと、地元救急医療は報告した。

 アラブ系イスラエル人が殺戮され、もうひとりのイスラエル人が負傷した攻撃は、エルサレムとマアレ・アドゥミン西岸入植地の間の領域で起こったと、地元救急医療のMagen David Adomは語ったとして、イスラエル日刊紙、ハーレツにより引用された。

(略)

全文:新華社

 イスラエル入植者が無辜の市民とは考えられないが、アラブ系イスラエルはまさしく無辜の市民、イスラエル建国以前からパレスチナに住んできたのに、そこが「イスラエル」と呼ばれることになったばかりに「アラブ系イスラエル人」と呼ばれることになった市民だから。「イスラエル入植者」の殺戮を伝えたニッポンのマスメディアも、無辜の「アラブ系イスラエル人」の殺戮は伝えないから、致し方なく翻訳。
posted by mizya at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナ系イギリス人の政治的アーティストがベングリオン空港で拘留、裸体捜査

2010年09月10日

Nancy leigh /ロンドン - PNN - 9月4日土曜日、イギリス生まれのパレスチナ人、政治的ヒップホップアーティスト、シャーディア・マンスールは、空港警備と諜報員に銃を突きつけられ拘束された。

 捜査官8人が、武器を抜き彼女に向けて駆け寄り、攻撃的にバッグを蹴り飛ばし、彼女を取り囲んだ時、マンスールは、通常手荷物エックス線と多様な捜索の後に荷物を返すと告げられた。

 捜査官8人は、既に10分間彼らが持っていた彼女のマイクに爆弾が埋め込まれているとする容疑で、1時間、同じ位置に立たせている間、マンスールに銃を向けていた。

 マンスールは、捜査官たちに、マイクは音楽レコーディングに使用されると保証すると、次に捜査官に歌詞を歌うよう求められ、彼らは「誰のために仕事したのか、誰がマイクを買ったのか、何について歌うのか」と彼女に声を張り上げ尋ね、捜査官や職員らがお互い叫びかわし、彼女はまた「我々はマイクに何か埋め込まれているのを見つけた」と告げられ、空港を行く人びとが、この苦しい試練の全体を目撃する中、このすべては起こった。

 イスラエル出発に際し、裸にされ捜査されることはパレスチナ人にとって標準だが、女捜査官らが攻撃的に関節と首を押しつけ、マンスールは仰向けに倒された。ひとたび女捜査官らが彼女の身体検査を終えると、マイクは返され、そしてマンスールは、何もなかったかのように、ロンドン航路フライトに向けられた。

(略)

シャーディア・マンスールの最新の歌


46STARSUK

全文:Palestine News Network
posted by mizya at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。