2010年09月13日

パレスチナ主導のピケラインの尊重

プレスリリース
イスラエルへの学術・文化ボイコットパレスチナキャンペーン
2010年09月09日

以下の公開書簡は、イスラエルへの学術・文化ボイコットパレスチナキャンペーンにより、2010年9月9日、発表された:

Palestinian Campaign for the Academic and Cultural Boycott of Israel (PACBI/イスラエルへの学術・文化ボイコットパレスチナキャンペーン) は、何十人ものアメリカ・イギリスの劇団・映画・TVアーティストを、彼らの、被占領パレスチナ領域 (OPT/occupied Palestinian territory) に違法に建設されたアリエルと残りのイスラエル植民入植地への、国際法違反故の、広まる文化的ボイコットを支持する最近発表された声明により、こころから称賛する(「歴史を作る:入植地の正常化にノーと言うイスラエルアーティストたちを支持する」)。わたしたちはまた、光にこの声明をもたらす決定的役割を果たした「和平のためのユダヤの声」に感謝を表明する。(略)

全文:The Electronic Intifada


posted by mizya at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国がイランに対する韓国の制裁に反対

VOA News
2010年09月09日

 中国は、韓国のイランへの核開発疑惑での新たな制裁に反対を表明した。

 中国外務省報道官、Jiang Yuは、木曜日、中国は、一方的制裁に賛成しないと語った。彼女は、中国政府が、鞭の代わりに外交努力で、対話と交渉を通しての解決を求めるよう望むと語った。

(略)

全文:VOA News
posted by mizya at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナは要求が境界を越えてなされるなら交渉を「断念するだろう」

The Irish Times
2010年09月11日土曜日
MICHAEL JANSEN

 マフムード・アッバス大統領は、イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフとの来週の交渉に向け、パレスチナのレッド・ラインを定めた。

「仮に(イスラエルが)難民の権利や1967年の境界で譲歩を要求するなら、わたしは断念するつもりだ」と、アッバスは語った。

「境界に関し、わたしたちは1967年の境界に同意し引かなければならない。わたしたちが境界に同意するなら、それは、わたしたちがエルサレム、水、入植地の問題の解決を見つけたことを意味する。これはわたしたちに、(会談の)第2段階で対応される難民の問題を残すだろう」。

(略)

全文:The Irish Times
posted by mizya at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする