2010年09月20日

報告:ガザ行きシリア支援船が出航

2010年09月18日土曜日

タルトゥス、シリア (Ma'an) -- ガザに向かう支援船は、土曜日、シリア港、タルトゥスから出航したと、国営シリア・アラブ通信社は報じた。

 シリア赤三日月社国務大臣、Basahr Al-Shaarは、船が、医療品40トンを含む人道支援650トンを運び、エジプト港、アリーシュを経由してガザに旅すると語った。

(略)

Viva Palestinaが最新のガザ支援コンヴォイを準備

 ヨルダン労働者組合が、第5回Viva Palestinaコンヴォイの一部として、ガザへの支援、50台分の積荷を送るだろうと、イギリス組織の報道担当は、木曜日、語った。

 ザーヒル・バラウィは、10月にシリアに到達する頃、アルジェリアからのトラック50台もまた、ヨーロッパコンヴォイに加わると語った。コンヴォイは、土曜日にロンドンを発ち、エジプトのアリーシュ港に向かうことになっている。

 前イギリス国会議員、ジョージ・ギャロウェイが、アルジェリアの主催者を訪問する一方、ニュージーランド活動家、Nicola Enchmarchが、最近支援調整のため、ヨルダンを訪問した。

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「新たな支援コンヴォイがガザに出発」CNN
CNN配信スタッフ
2010年09月18日


posted by mizya at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザ小艦隊へのイスラエル襲撃を調査する国連委員団がトルコ報告を受け取る

ガザ行き小艦隊へのイスラエル襲撃を調査する国連委員団のメンバー4人は、トルコ調査報告を受け取ったと、国連使節は語った。
2010年09月18日土曜日

 ガザ行き小艦隊へのイスラエル襲撃を調査する国連委員団のメンバー4人は、トルコ調査報告を受け取ったと、金曜日、国連使節は語った。

「委員団は、トルコ自身の調査報告を付属物と共に受け取ったと語った」と、国連中東特別調整官、ロバート・セリーは語った。
 セリーは、委員団が、イスラエル自身の(報告)提出後、報告を審査し始めると語った。

(略)

全文:World Bulletin

アーカイヴ:「トルコがガザ小艦隊船長に質問するというイスラエルの要請を退ける」(09月16日)
posted by mizya at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アブダッラ・アブ・ラフマが2年の懲役に直面してビリンは毎週の抗議行動を持つ

ADAM HOROWITZ
2010年09月17日


haithmkatib

壁に反対するビリン抗議行動の指導者、アブダッラ・アブ・ラフマ訴訟に関する民衆闘争調整委員会からの最新情報がここに:

 壁と入植地に反対するビリン民衆委員会の調整者、アブダッラ・アブ・ラフマの裁判の判決段階が、水曜日、オフェル軍事法廷で始まった。アブ・ラフマは、違法な行進を組織し、先月鼓舞したとして、有罪を宣告されたが、彼が告発された暴力の罪状 - 投石と、使用済み催涙ガス発射体を収集し展示した、報復的武器所有の罪を除かれた。

 検察当局は、組織者として厳しい判決、アブ・ラフマ自身ばかりでなく、彼の足跡をたどるだろう他をも同様抑止する刑期が必要とされると語り、アブ・ラフマに2年を超える期間の投獄を要求した。検察当局によるこの陳述は、告発の裏の政治的動機を肯定し、EU外交政策チーフ、キャサリン・アシュトンによる「アブ・ラフマ投獄の可能性は、彼や他のパレスチナ人を、分離壁の存在に対し、非暴力の手法で抗議する正当な権利の行使を妨げることを意図する」と、懸念が引き起こされた。

(略)

全文:Mondoweiss

アーカイヴ:ビリン(デモ)組織者アブダッラ・アブ・ラフマが法的手続終了まで再拘留(01月11日)
posted by mizya at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする