2010年09月22日

イスラエル職員:我々はロシアの敵に武器を売ってやる

エルサレム(イスラエル政府の意、まあ、イスラエルのニュースサイトなので - mizya)は、「過激派国家を重んずる」と言って、ロシアの巡航ミサイルのシリアへの販売に怒る
Itamar Eichner
2010年09月19日

 イスラエル当局は、モスクワが、週末、シリアへのP800ミサイル販売をなし遂げると発表した後、ロシアにとって「戦略的に重要な地域」に武器を売ると脅していると、Yedioth Ahronothは日曜日、報じた。

 ロシア発表は、イスラエル・米国のどちらも、販売を止めるよう懇願した後に訪れた。Yakhontと名付けられる、議論の巡航ミサイルは、レバノン沿岸沖のイスラエル船団を、シリア南部の海岸から発射されるミサイルで命中の危険に置く、300kmの射程距離を持つ。

(略)

全文:Ynet news.com

 イスラエルこそ世界中から「過激派国家」と考えられていると自ら認識しなければならない。イスラエルのこのような「戯言」で、誰のこころも動かせない、さしずめ、米国の共和党支持者ぐらい?


posted by mizya at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリア支援船がアル-アリーシュ港に到着

2010年09月20日月曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

アル-アリーシュ港副所長、ヒシャーム・アル-ジャナイーニ中尉は、ガザに向かうシリア支援船が、日曜日夜、エジプトのアル-アリーシュ港に到着し、物資を陸路ガザに送る前、赤三日月社監督下で船を空にするため、ドックに牽引されると述べた。

(本文翻訳省略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:報告:ガザ行きシリア支援船が出航(09月20日)
posted by mizya at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入植地をポケットに

ADAM HOROWITZ
2010年09月20日

アメリカ・ピース・ナウが、iPhoneとiPadのための整った新装置、名付けて「地上の真実」 (iTunesリンク) を発表した。それは入植地全体のデータベースとそれぞれの入植地情報を含む。

アメリカ・ピース・ナウ (APN) 発表から:

「わたしたちの装置は、どこにいようと誰もが、最も包括的に、リアルタイムで、イスラエル入植地に関する利用可能な事実に基づく情報にアクセスでき、西岸と東エルサレムで何が現実に起こっているかを知ることができる。
 わたしたちの装置は、イスラエルと西岸で、変わり続ける状況の文脈を提供するリアルタイムのツールとして、入植地/前哨基地建設、前哨基地撤去、パレスチナの暴力あるいは入植者らの暴力といった突発する出来事を反映して絶えずアップデートする」。

原文:Mondoweiss
posted by mizya at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リーバーマンを凍結せよ

2010年09月20日

入植地建設を保留する要求は、口実ではない - それはパレスチナが保持しうるほど正統の立場だ。何故彼らが、イスラエルを唯一の例外として、全世界の支持ある条件を放棄しなければならないのか?
Akiva Eldar

 或るものは、領域での入植地建設凍結延長に関する口論が、西岸の運命の交渉から大衆ををそらすと語る。或るものは、この、始まったばかりの会談で、最終地位協定に到達する挑戦を与えられる時、そのような取るにたらない問題で、政治機構を妨げるのは恥と言う。

 外務大臣、アヴィグドール・リーバーマンはしかしながら、入植問題が重要でない何かとみなす。リーバーマンは、英国外務大臣、ウィリアム・ハーグに、今週電話で、凍結は、直接会談を攻撃して無力にするパレスチナの口実以上の何ものでもないと語った。「この1年、イスラエル政府は、広範な善意のジェスチャーを示し、今はパレスチナの番だ」とリーバーマンは、何故凍結を延長できないか説明して語った。

 入植地建設を保留する要求は口実ではない - それはパレスチナが保持し得るほど正統の立場だ。何故彼らが、イスラエルを唯一の例外として、全世界の支持ある条件を放棄しなければならないのか? 建設凍結は、イスラエルの「ジェスチャー」でもない - 中東ロードマップを採択した2003年5月の決定で、イスラエル自身、すべての入植活動 (自然増加を含む) を凍結し、2001年3月以降設立の前哨基地解体を約束した。文書は、入植地問題が、撤去される違法入植地と前哨基地を除き、最終地位交渉でのみ処理されると明言した。それにも関わらず、入植地建設は続き、前哨基地は、増殖され拡張された。

(略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする