2010年09月28日

アル-メザンがイスラエル占領軍のガザでの漁師殺害を非難、国際社会に封鎖終結と市民保護を要請

アル-メザン人権センター
2010年09月26日

 2010年9月24日金曜日の午前9時30分頃、ガザ海をパトロールしていたイスラエル海軍艦艇が、漁師4人;バキル家の兄弟3人といとこを乗せたパレスチナ漁船に発砲した。漁船は、ガザ地区北部、ベイト・ラヒヤ町の海岸からおよそ2キロメートルにあった。その結果、漁師ひとりが殺された。アル-メザンは、ガザ水域での漁師に対する攻撃を非難する。この攻撃は、いかなる遅延もなしに終結しなければならない、イスラエルのガザへの違法な封鎖実施の文脈に入る。

 漁師が2キロメートル以上でない海域;すなわち、イスラエル占領軍 (IOF) により決定され発表された漁業水域内にあった時、砲撃は起こった。IOF制限によると、漁師は海岸から3海里に限られた、ガザの北と南の境界から隔たったゾーンの中で操業できる。砲撃の結果、漁師、モハメド・マンスール・オマル・バキル、20歳は、右胸を負傷した。彼と共に乗船していた親戚は、彼を撃ったイスラエル砲艦に合図して、彼の救援を提供するよう求めたが、その試みは成功しなかった。漁師たちは、岸に急ぎ、救急車が到着しているのを見いだした。救急車は負傷者をカマル・オドゥワン病院に運んだが、彼は、到着すると間もなく死んだ。

(略)

全文:Relief Web


posted by mizya at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アル-ハク現地調査員がエルサレムでイスラエル軍により拘留

2010年09月26日日曜日
アル・ハク

 2010年9月22日、オムラン・リシェク、上に活写されたアル-ハクのエルサレム現地調査員は、ジャーナリスト3人と共に、東エルサレム旧市街での衝突を記録している時、イスラエル占領軍に拘留された。

omran.jpg

 衝突は、当日早く、イスラエル入植地ガードマンに撃ち殺された、シルワンのパレスチナ住人、サメール・マフムード・アフマド・サルハン、32歳の葬儀で突発した。アル-ハクは、現在殺害を調査している。

 オムランは、イスラエル国境警察により拘留され、石を投げたとして告発された。初め、東エルサレムの警察署に捕らえられた後、西エルサレムの拘留施設に移された。拘留の間、彼は独立して3回尋問され、裸での捜索を受け、人権活動家としての彼の地位は保護されないと知らされた。 彼は後に、旧市街やシルワンに14日間入らないという条件で、解放された。

 サメール・サルハンを殺害した入植地ガードマンは保釈で解放された。

原文:The Alternative Information Center
posted by mizya at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国連:「マヴィ・マルマラ」で殺戮されたふたりは撃たれた時カメラを持っていた

PHILIP WEISS
2010年09月25日

 3日前に発表された、イスラエルが人権法と国際人道法に由々しい違反を犯したと見いだした、5月のガザ小艦隊へのイスラエル襲撃に関する、国連人権理事会報告について、わたしたちは何かしら情報を送り損なった。しかしわたしたちが遅れたことはたいしたことでない - 主流メディアは報告を大きく無視した。

 わたしは報告を読み通さなければならない。国連リンクがここに。 わたしは、報告が作戦を「不要で信じ難い」暴力、「野蛮の容認し難い水準」とし、不均衡と記述するのを見る。

(略)

全文:Mondoweiss

アーカイヴ:ガザ小艦隊攻撃:国連報告がイスラエルの「野蛮」を非難(09月26日)
posted by mizya at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。