2010年10月01日

ラビがアラブ人絶滅を呼びかける

2001年4月10日火曜日

 イスラエル超正統派、Shas党の精神的指導者、Ovadia Yosefラビは、アラブ人絶滅を呼びかける説教で、暴挙を煽動した。

「彼らに情け深くあることは禁じらている。諸君は、彼らにミサイルを送り、彼らを絶滅しなければならない。彼らは邪悪で地獄に堕ちるべき」と、月曜日、彼は、ユダヤ人の過ぎ越しの祭りを記すためなされた説教で語ったと引用された。

(略)

全文:BBC NEWS

 このような記事は、さほど生産的でもないし時間にも限りがあるので、翻訳を予定する記事に含めないが、実はかなり多い。これもイスラエルの側面だから1度ぐらい、でもいつも同じ言い回しだから、1度で充分。


posted by mizya at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大臣ら:リーバーマンはイスラエルに損害をもたらす

ネタニアフとバラクは、和平プロセスを窮地に追い込むことになると大臣らが語る、外務大臣の国連スピーチに狼狽する。Herzog大臣:リーバーマンは公然と国を恥ずかしめる。米国は、首相のみが和平会談を導くと説明

Ynet記者
2010年09月29日

(本文翻訳省略)

全文:Ynet news.com

 リーバーマンを外務大臣に指名したのはネタニアフ、違いといえば、リーバーマンは思うところを語り、ネタニアフは、成功しているかどうかはともかく、言わんとすることをオブラートに包んで差し出そうとする。内実は変わらないと、米国だってもちろん、知っている筈。
posted by mizya at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Viva Palestina 5がイスタンブールに到着

2010年09月29日水曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

ガザ回廊に向かうViva Palestina 5連帯小艦隊は、火曜日、イスタンブールに到着し、活動家たちは、文化センターで記者会見を開催した。

 トルコの人道支援基金、IHHの長、Bulent Yildirimは、エジプトはおそらく、物資を届けることができるよう、小艦隊のガザ回廊入域を許すだろうと語り、エジプト当局にイスラエルと提携しないよう呼びかけた。

 エジプトは以前、エジプトが先の連帯コンヴォイがガザ回廊に入る許可を拒絶した時、小艦隊座長のイギリス議員、ジョージ・ギャロウェイを国から追放し、彼がエジプトに入るのを許さないと述べた。

 小艦隊の活動家たちは、物資を届けるため、ギャロウェイと共にガザへの許容を主張する。

(略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:ギャロウェイ:イギリスとエジプトはエルドアンのような指導者を必要とする(01月11日)
posted by mizya at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。