2010年10月02日

ヨルダン渓谷のイスラエル併合がパレスチナを搾取して干上がらせる

The Irish Times - 2010年10月01日金曜日

渓谷が、西岸水資源の3分の1を有するとはいえ、1967年以来、パレスチナは井戸を掘ることが許されないできたと、Michael Jansen

 ヨルダン渓谷は、ヤシの葉の緑色の断片により際立たされた、ブラウンとベージュの砂漠の異なる色合いのパッチワークだ。イスラエル入植地と軍事区域が、パレスチナの空間を縮め、起伏する丘陵を使い尽くす一方、収穫場は、平地に浸食されている。

 生気ない土地の幅広い地帯が、ヨルダン王国との国境、ヨルダン川沿いに、有刺鉄線、安全道路、地雷原の背後で、北から南に120km伸びる。

 1967年に東エルサレムと西岸を占領して以来、イスラエルは、渓谷を東境界と見なしてきた。イスラエルは、西岸の30パーセントを占める渓谷が、戦略的深みと緩衝地帯を提供するので、決して撤退しないと語る。過去43年間、イスラエルは、36入植地と半ダースの軍事キャンプをここに埋め込んできた。

 これらの資産はまた、パレスチナが、彼らの将来の国家に属さなければならないと主張する渓谷の貴重な資源の支配を、イスラエルに与える。

 当局は、渓谷のないパレスチナ実体は、国家であることの本質的構成要素、主権もなく、その国境のいずれも支配できないだろうと、主張する。イスラエルが渓谷を維持するなら、西岸は、イスラエルが、陸・海・空のスペースを完璧に支配する場所、もうひとつのガザとなるだろう。

 わたしたちが通り過ぎたイスラエル入植地は、ハンガリーについての大型写真集に掲載される家々に似通った、急勾配の屋根を持つパステルカラーに塗装された家々の小さな群れだ。パレスチナ交渉支援団のアシュラフ・ハティーブは、土地の50パーセントが9,000人の入植者らに配分されたと語った。

 これは、パレスチナ人の、建て、植え、家畜に草を食ませる権利を否定することにより、達成されてきた。 自然保護区と軍は45パーセントを取った。

(略)

全文:The Irish Times


posted by mizya at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シルワンが期限切れ兵器のイスラエルの使用を調査

2010年10月01日

エルサレム (Ma'an) -- シルワン住民は、地元住民が健康被害を引き起こすと語る、イスラエル軍による期限の切れた酸化した催涙ガス弾の使用の調査に乗り出すだろう。

 記者会見が水曜日、住民が地区での最近の衝突に引き続き、疲労・高熱・嘔吐・息切れの増加を報告した後、予備的調査が着手されたと、地元委員会が語った東エルサレムのシルワン抗議テントで行われた。

 催涙ガスは、その日早く入植者ガードマンに殺された、地元の男が埋葬された9月22日に始まった一連の衝突で、イスラエル兵士らと国境警察により展開された。衝突は、事件の後、殆ど日課のごとく着実に起こり、エルサレム地区の間の移動を禁じたイスラエルの封じ込めにより駆り立てられた。

 調査組織者、ファフリ・アブ・ディアブは、シルワン住民を病院に搬送する驚かされた医療従事者が、中毒の徴候をいくつかに認め、警鐘を鳴らしたと語った。

 ボランティアが、検査のため、地域から催涙ガス弾を集め、それらが12カ月以上も有効期限を過ぎていたこと、いくつかの場合、放出弁が酸化していたことに注意喚起した。

 下級化学兵器として、催涙ガス弾は一般に、5年か6年後に期限が切れ、期限経過後、しばしば訓練用に格下げされ、人びとに対して使用されない。

(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。