2010年10月04日

Life 5主要部がシリア海岸に到着

2010年10月03日日曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

Life 5連帯船の主要部が、土曜日夜、真夜中直後、何十人もの活動家と人道支援物資を乗せシリアの港に到着した。ガザに向かうすべての連帯船は、エジプトのアル-アリーシュ港に向け出航する前に、シリア港ラーディキーヤに集まるだろう。

 小艦隊は、住人何千人もの歓迎を受け、報道担当、ザーヒル・バラウィは、シリアとその国民に、ガザでの違法なイスラエル人に挑戦する小艦隊への支持を感謝した。

(略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:Viva Palestina 5がイスタンブールに到着(10月01日)


posted by mizya at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アル-アラキブ破壊の陰に何があるのか:ネタニアフとアハラノヴィチの戦い

al-arakib-13092010.jpg
5番目の破壊に向かう警察隊、9月13日

 それで、あなたは自らに尋る:初めてのアル-アラキブ破壊のため、軍隊、通常警察官と特別監視部隊1300名を送るなら;「グリーン・パトロール」の命令で、家屋の徹底的破壊にそれほど多くを費やすなら(同じ金額で、どれほど多くの水槽が買えるだろう、どれほど多くの苗木を植えることができるだろう、そして、アル-アラキブに本当の学校が建てられるならどんなにかいいだろう!);その後、ラマダーンであると同時に酷暑の高温の中、5回目となる - ムスリムの祝宴の日「イドアル-フィトゥル」の直後、むだにする時間もないのに、もう4回もアル-アラキブを破壊するなら:この陰にいるのは誰か? これら行為の陰の政策とは何か?

 これらは、下級事務員や地元警察の決定ではない。誰かにより、鎮圧し破壊する行動に狩り立てられるより大きな権力がある。そして、何世代も彼らのものだった土地を維持するアル-アラキブの勇敢で断固とした人びとに「教訓を叩き込」もうと試みるのは、誰か?

 それはネゲヴのベドゥインすべてへの見せしめである:武装部隊がお前たちに差し向けられる時、抗議して立ち向かったりするなと市民に述べている;お前の土地を放棄し、当局がお前に準備した居住区域のひとつに移動する代わりに、誰かがお前に些細な埋め合わせを提案する時、反対するな…

 そして同様に、この国の市民すべてへの見せしめ:反対するな、顔を上げるな、イスラエルの当局は、彼らの権利のため立ち上がる市民を如何に強制的に負かすか忘れたことがないので。

 このすべての陰の政策は、いったい何か? ひとつの要素は - まったく中核を為すものは - ネゲヴへの「開発計画」である。(略:合衆国のユダヤ国民基金がユダヤ移民団を送る運動を展開し、すでに広告は開始され、アヴィグドール・リーバーマンの側近、イツハク・アハラノヴィチが全身全霊を込めて追い立て・追放運動をやっている、などなど、長い)

全文:Tarabut - Hithabrut
posted by mizya at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。