2010年10月30日

国会議員、ハニーン・ズアビがイスラエルの発砲で負傷

2010年10月28日木曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

イスラエル国会のアラブ人議員、ハニーン・ズアビは、警察が、原理主義入植者らによる行進に対抗するために通りに出発した抗議行動参加者たちを暴力的に攻撃した、水曜日のUmm al-Fahmでの衝突で、イスラエル警察によりゴム皮膜弾2発撃たれたと述べた。

 Arabs48ニュースウェブサイトは、ズアビが警察により故意に狙われたと報じた。

 警察は、何十発ものガス弾とゴム皮膜弾を抗議行動参加者たちに発砲し、また、何人かの住民を逮捕する前、追いかけて、こん棒で殴った。

(略)

全文:International Middle East Media Center

関連記事:「イスラエル警察が『憎まれる』アラブ立法府議員の背中を撃つ」The Palestine Chronicle

1288303530haneen_zoubi_pose_articles.jpg
ハニーン・ズアビは負傷者の中にいた

Jonathan Cook - ナザレ

 イスラエル警察は、昨日、北部のアラブの町、Umm al-Fahmを通る行進を企てるユダヤ人極右により煽動された暴力的衝突で、アラブ立法府議員ふたりを負傷させた。

 夏のガザへの支援小艦隊に加わって以来、イスラエルで国家的憎まれ者になり、何百もの殺人予告を受けた国会議員、ハニーン・ズアビも、負傷者の中にいた。

 ズアビは、警察が砲撃を開始し、そこから逃れる時、背中と首をゴム(皮膜金属)弾に撃たれたと報告した。インタヴュで彼女は、警察狙撃兵により、彼女と確認し、明らかに標的とされたと考えていると語った。
(略)

アーカイヴ:イスラエルアラブ国会議員ズアビ:IDFは殺戮の意図を伴いガザ小艦隊船に乗り込んだ(09月04日)


posted by mizya at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行動を:イスラエルへのキャタピラー・ブルドーザ輸送停止に支援を

2010年10月28日木曜日

 5年以上に渡り、わたしたちは、パレスチナ人への人権抑圧を犯すイスラエルのキャタピラー・ブルドーザ悪用に、イスラエル、キャタピラー、合衆国が責任を担うよう取り組んできている。これらブルドーザは、米国納税者資金提供の軍事支援として、イスラエルに提供される。

 今週前半、わたしたちは、イスラエル・メディアから、キャタピラーが、何十台ものD9ブルドーザ - 2003年3月、被占領ガザ回廊でのパレスチナ人家屋の破壊を非暴力で防ごうと試みた、米国平和活動家、レイチェル・コリーを、イスラエル軍が殺戮するのに使用したのと同じ種類 - の輸送を遅らせると決定したことを知った。

 レイチェル・コリー和平と正義基金、憲法に保証された人権センター、長老派教会イスラエル/パレスチナ派遣ネットワーク(米国)、ユダヤ人平和の声と共に、わたしたちは、これらブルドーザの輸送が通らないことを確実にするよう、オバマ政権に迫っている。

来週までに、1万人の署名を集めるわたしたちの目標達成にご協力を!

原文:End the Occupation

アーカイヴ:報告:キャタピラーのイスラエル国防軍へのD9ブルドーザ納入遅れる(10月27日)

 署名に米国人である必要はない、「not U.S.A.」をクリックすると国名をスクロールして選択できる。
posted by mizya at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。