2010年11月22日

イスラエルの有毒化学物質工場が西岸住民を癌にする

Palestine Monitor
2010年11月17日

入植地の化学工場は、パレスチナの土地を有害廃棄物で汚染し、発癌性煙霧に住民を晒す。工場労働者たちは、雇い主が防護服を提供しないので、より癌になりやすい。Sophie Croweの特別報告。

factories-1a914.jpg

 Nitzanei Shalom (平和の芽) 工業地帯は、西岸の町、ツルカレムとイスラエルとの境界の間に位置する。土地は、80年代に、イスラエルでは違法の、危険な化学工場の用地として開発するためイスラエル軍により収用された。Geshuri インダストリーは、そうした工場のひとつで、害虫駆除剤、殺虫剤、肥料などを製造している。それは元々、裁判所が健康障害を布告するまで、イスラエルの町、クファル・サバにあり、1982年に閉鎖に追い込まれた。所有者は、工場をNitzanei Shalomに移転して、イスラエルの厳しい環境法を避けた。

 このような危険な工場は通常、パレスチナ自治政府が権限を持たない、イスラエル民事行政(イスラエル占領軍民事部門)の管轄の下、入植地に出現する。パレスチナの法律は、これら用地開発に対抗するには無力だ。

 Geshuriは、工場の化学廃棄物で荒廃した農地に囲まれる。樹木はその葉を失い、大地の殆どは最早、農業に使用できない。ある野菜は、工場から100mの汚染された土で育ち、近くの町の市場で販売される。

 カイロ大学のキファイア・アブ-エルフダ博士は、西岸の化学工場の環境への影響の大規模調査を行った。「ツルカレムとサルフィド地区の西の窪地は、残りのパレスチナの土地にとり、非常に重要だ。地下水が、汚染に反応しやすい地表に非常に近い」と、キファイアは語る。彼女は、西の窪地の井戸水すべてが汚染されていると考えている。大気汚染は、地域住民に、呼吸器疾患と目の感染症をもたらす。「Geshuriがツルカレムに移って、毒性煙霧に起因する発癌率が増加した」。工場近くに住む家族全員が、現在、喘息にかかっている。

 Geshuri工場は1年の内、風が煙霧を西岸に吹かせる11カ月作動する。風が変わってイスラエルに吹く期間、毒性煙霧がイスラエルの環境を汚染しないのを保証するため、工場は休業する。

(略)

全文:Palestine Monitor

 核廃棄物もまた西岸に投棄される。しかし西岸は、パレスチナの市町村を分断するためにユダヤ人入植地を配置しているので、入植地が必ず要塞のように丘の上に建設されるとはいえ、まったく影響を免れる訳ではない。


posted by mizya at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2委員会がイスラエルにその占領下にあるアラブの土地での天然資源を危険に晒す消耗の停止を要求する本文承認

出所:国連総会
日付: 2010年11月18日

完全報告 (pdf*形式--104.2キロバイト)

GA/EF/3298

第65総会
第2委員会
第29会議 (PM)

(本文翻訳省略)

全文:ReliefWeb

アーカイヴ:ヨルダン渓谷のイスラエル併合がパレスチナを搾取して干上がらせる(10月02日)
posted by mizya at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

「福音主義者」による支持のユダヤ民族基金 (JNF) がネゲヴに植林

 エル-アラキブ在住とネゲヴ共存フォーラム活動家たちは、JNFが、またしても、エル-アラキブ村のすぐ北に、広範囲に植林すると報告する。植林が、村の土地にまたしても拡張される懸念がある。

 日曜日以来、トラクタと大型機械は忙しく作業してきた。現在植林されている土地は、1948年以前、1948年以来、ヨルダンで難民となっているAlamat部族に属した。

 寄付が、「我が息子(キリスト)復活のため...100万本の樹木を植えるため、土地を準備するよう...神から指示」を受けたと主張するGOD-TVと名付けられた福音主義聖職者らから来ることになっているとは、大いに冷笑的だ ( http://www.god.tv/excavation 21分の彼らのヴィデオ) 。そのように、キリスト復活を為すため、イスラエルを利用し、植林したがっている福音主義聖職者らを、「ユダヤ民族のために土地を取り返して」いる、ユダヤ人組織、JNFは今、支持している (また支持されている)。何であれ… それは、ベドゥインが彼ら先祖の土地を農業に利用できなくするだろう…

原文:http://baduannaqab.wordpress.com/english/the-jewish-national-fund-jnf-supported-by-the-evangelical-is-foresting-the-negev/

気まぐれのニュース解説:
「大いに冷笑的」なのは、確か、キリストが「復活」するとユダヤ国家は滅びることになっているから。ユダヤ人は皆、クリスチャンに改宗することになっている、確か。しかし、ユダヤ民族基金にしてみれば、「福音主義者」がどう考えようと、利用できるものは利用するということだろう、いずれにしろ、宗教など信じてはいないのだから。それにしてもキリストの復活を信じている輩がいよう、と、はね。

アーカイヴ:アル-アラキブ破壊の陰に何があるのか:ネタニアフとアハラノヴィチの戦い(10月04日)
posted by mizya at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100人以上のイギリス国会議員が普遍的司法権法改変に反対

2010年11月19日金曜日
Alessandra Bajec - IMEMC & Agencies

イギリス国会議員100人以上が、戦争犯罪申し立てで、イスラエル指導者らを告発する法を改変する、連立政権の計画に反対したと、 金曜日、Press TVは主張した。

 議会のEarly Day Motion(時期尚早動議?)に、今までのところ102人の国会議員が署名した。これら国会議員たちは、普遍的司法権法を適用するための、イギリス裁判所による権限を制限するいかなる法律にも反対する。この法に基づいて、逮捕礼状は、戦争犯罪を犯したと告発されたものに発行される。

「人権抑圧への普遍的司法権は、人道に対する罪を犯すものへの、正義をもたらす根拠の一部として不可欠である」と、動議は述べた。

(略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:イギリスがイスラエルの圧力に陥没;「普遍的裁判権」法廃止に同意(11月06日)
posted by mizya at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザで空爆

2010年11月19日

ガザ市 (Ma'an) -- ガザ住民6人が、金曜日、イスラエル軍による沿岸飛び地への3回の空襲で負傷したと、医療従事者は語った。

 イスラエル軍は、声明で攻撃を認め、攻撃が回廊の「テロ・サイト」を標的とした語り、「直接の命中が確認された」と付け加えた。

 打撃は、ガザ回廊南部と中央のサイトを標的とした。2階建て家屋を標的としたDeir Al-Balahへの攻撃で、4人が負傷した。女ふたりを含む負傷者は、病院に運ばれたと、ガザの医療業務報道官、アドハム・アブ・サルミーヤは語った。

 2つの攻撃は、ガザ南部、ハーン・ユーニスを標的とした。南部地域への攻撃のひとつは、男と子どもを負傷させ、ナセル病院に運ばれたと、アブ・サルミーヤは語った。

 農夫たちの畑に命中した3つ目の攻撃で、負傷者は報告されなかった。

(略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事(イスラエル・ヴァージョン):「燐爆弾がイスラエルに発射されイスラエル国防軍がガザ攻撃」Haaretz.com
2010年11月19日
パレスチナ民兵組織が、水曜日のガザでの民兵ふたりのイスラエルによる殺害への報復で、迫撃砲発射の犯行声明を出す。
Haaretz Service and Reuters

アーカイヴ:兄弟がガザ市中心への空爆で殺された(11月20日)
posted by mizya at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シルワンでパレスチナ家屋88戸が破壊される

2010年11月19日金曜日
Alessandra Bajec - IMEMC & Agencies

イスラエルが、東エルサレムのシルワン地区で、パレスチナ家屋ほぼ88戸の破壊を命令したと、パレスチナ当局は警戒した。

 イスラエルの代理人、Yehuda Weinsteinは、アラブ家屋が違法に建てられたと主張し、al-Bustan地区に、破壊命令を渡した。パレスチナ大統領職のエルサレム・ユニットのチーフ、Ahmed al-Rowaidhiは、観光センター建設のためのイスラエルの動きが、al-Bustanからのパレスチナ人1,500人追い立てをもたらすだろうと語った。

 パレスチナ官僚は、Weinsteinの決定が、東エルサレムの家屋2万戸に影響するかもしれず、破壊命令が実行されるなら、パレスチナ人ほぼ10万人が、その領域から立ち退きさせられるかもしれないと付け加えた。

(略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:イスラエル植民地が拡張、パレスチナ人は家屋破壊に直面(11月04日)
posted by mizya at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。