2010年11月03日

副首相、メリドルが訴訟の脅威でロンドン訪問キャンセル

2010年11月01日

情報・核エネルギー大臣は、伝えられるところによれば、ガザ行き小艦隊へのイスラエル国防軍襲撃で担った役割で告発に直面した。
Barak Ravid

 情報・核エネルギー大臣、ダン・メリドルは、到着で、訴訟か逮捕状に直面するかもしれないという情報を受け、計画されていたイギリス、ロンドン訪問を、月曜日、キャンセルした。

(略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「スペインはDichterに逮捕に対する免除を提供できないと語る」The Palestinian Information Center

2010年11月01日

マドリード、(PIC)-- スペイン当局は、イスラエルのシン・ベト(諜報機関)元トップ、Avi Dichterに、彼が国を訪問するつもりなら、彼に対して発行された逮捕状のため、逮捕と捜査の免除を与えることはできないと語った。

 Dichterは、パレスチナ自治政府とイスラエル官僚間のサミットに出席するため、マドリードに旅するつもりだったが、逮捕を恐れイヴェントへの参加をキャンセルした。
(略)

アーカイヴ:ヨーロッパでの逮捕がイスラエル人の旅行を阻む(2009年10月19日)


posted by mizya at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OCHA報告:2010年、パレスチナ人1,000人がイスラエル軍により負傷

Palestine Monitor
2010年11月1日

The Office for The Co-ordination of Humanitarian Affairs’ (OCHA/人道調整事務所) の市民保護報告は、今週、2010年に今までのところ、パレスチナ人1,000人がイスラエル軍により負傷させられたと発表した。 数は、昨年の同時間枠での総計の38%の増加となる。

newnab-db288.jpg
ナビ・サラのイスラエル兵

(本文翻訳省略)

全文:Palestine Monitor
posted by mizya at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エルサレムのカトリック教会が差別を主張

ラス・アル-アムドの「アブラハムの家」のMichael O'Sullivan神父は、教会の保護、強盗と嫌がらせの申し立てを調査しない警察を非難する。「わたしは、中東で民主主義を標榜する唯一の国家からより多くを期待していた」

Ronen Medzini
2010年11月02日

 東エルサレムのフランスカトリック教会、「アブラハムの家」は、最近教会により提出された強盗と嫌がらせの申し立てを調査しないので、イスラエル警察を非難している。

「イスラエル警察はわたしたちを保護していない」と、教会の長、Michael O'Sullivan神父はYnetに語った。「先月だけでわたしたちは、ふたつの事件に、故意に入り口の門に衝突して逃げる大きなヴォルヴォトラックに見舞われた。2番目の事件の後、わたしたちは、警察に訴えたが、何も起こらなかった。彼らは、わたしたちの主張を調べるために、警察官ひとり、ここに送ることさえしなかった」。

 ラス・アル-アムド地区の中ののどかなオアシス、「アブラハムの家」は、1964年に、聖地を訪問したポール四世法王の依頼で設立された。 彼のヴィジョンで、ローマ法王は、教会を経済的手段なしにエルサレムを訪問するクリスチャン巡礼者の必要を実現させる場所と看做した。

 毎年、世界中から何千人もの旅行者が、ゲストハウスとしても機能する教会を訪問する。しかしながら最近、教会とゲストハウス住人たちは、嫌がらせと窃盗を被ってきた。

 O'Sullivan神父によると、最近の事件は、教会のゲストハウス住人たちが、共に過ごさざるを得ない無法のいくつかの例に過ぎない。「わたしたちは、強盗、窃盗、嫌がらせを被るが、警察は、何もしないか、何かしているふりだけする。2年ほど前わたしたちは、現行犯で泥棒を捕まえ警察に渡したが、彼は翌日釈放された。2カ月後、彼は、再び盗み始めた」。

(略)

全文:Ynet news.com
posted by mizya at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IJAN声明:アパルトヘイトへの忠誠はありえない

これは提出されるべき質問、組織されたユダヤ人コミュニティ指導部にでなく、というのも、彼らが決定できる会員資格はともかく、彼ら指導部に向けては決して決定しないだろうから。何故アパルトヘイトなのか? 何故民族浄化なのか? 世界の歴史上、最大のユダヤ人ゲットーとしてイスラエルを維持するためか? 悪質な着想。わたしはIJANと共にある。 あなたもそうしたほうがいい。

2010年10月31日日曜日

 2010年10月10日に、イスラエル政府は、市民権を与えられた非ユダヤ人市民に「ユダヤ・民主国家」への忠誠を宣誓する義務を負わせる法案を提出した。The International Jewish Anti-Zionist Network (IJAN/国際ユダヤ人反-シオニスト・ネットワーク) は、その存在が、パレスチナの生来の民族除去を前提とされる国家 - ユダヤ人国家としてのイスラエルの承認を要求するこの試みを遺憾に思う。

 この法案への応答で、イスラエルのシオニスト「左派」メンバーは「ファシズムからの独立宣言」を発表した。中東の最も民族浄化された都市 (生来人口:4パーセント) テルアヴィヴの集会で発表された宣言は、法案が「イスラエル国が設立された原則 --(イスラエルの)基本的公約、平等・市民的自由・平和の真摯な熱望の原則への基本的委任に反する」と断言する。

 シオニスト「左派」は、この政策から自体を遠ざけているが、提案された宣誓は、イスラエルの人種主義土台と継続的民族浄化 - シオニスト「左派」が過失と体裁繕いで中心的役割を果たしたすべてに完全に一致している。

(略)

全文:ewbonics
posted by mizya at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | statement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。