2010年11月06日

イギリスがイスラエルの圧力に陥没;「普遍的裁判権」法廃止に同意

2010年11月04日木曜日
Saed Bannoura - IMEMC News

今週のイスラエルと被占領パレスチナ領域への訪問で、英国外務大臣、ウィリアム・ヘイグは、戦争犯罪でイスラエル閣僚を逮捕するイギリスの脅威への応答に、ヘイグとの高官安全保障会議をキャンセルしたイスラエル当局により「待ち伏せ」されたと報告した。

 ヘイグは、イギリス連立政権が、人道に対する罪に従事した外国市民の起訴を許可する「普遍的裁判権法」を変えるのに既に同意したので、イスラエルによるこの動きに憤慨したと語った。

(略)

全文:International Middle East Media Center

関連記事:「イギリスが逮捕法を変えるため取り組んでいるとヘイグは語る」Ma'an News Agency
2010年11月03日水曜日

行動:「UJ:戦争犯罪者は歓迎しない - 2分取って議員にメールを」Palestine Solidarity Campaign

 イギリス人は行動を! どうもニッポン人の行動は期待されていないらしい、イギリス政府に代議員を送っていないから。


posted by mizya at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。