2010年11月10日

ボイコット・アロマ・カフェ

cgulkin
2010年10月11日

トロントのアロマ・カフェへのボイコット行動。アロマは、西岸違法入植地に小売店鋪を持つイスラエル人所有企業。


cgulkin


posted by mizya at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親愛なるアメリカのユダヤ人、あなたがイスラエルを愛するなら - 批判せよ

2010年11月07日

イスラエルが愛しいなら - そして、あなたたち殆どの真実なら - 受けるに足るだけの批判をすることに率直であれ。
ギデオン・レヴィ

 今日、あなたたちの代表は、大きな年次会議、総会を開催するだろう。New Orleans' MarriottとSheratonホテル間で、あなたは、講演、講演者たち、委員団や議論グループに飽きるほどうんざりさせられるだろう。或るものはあなたたちについて、或るものはわたしたち、イスラエルについてとなろう。もう一度、あなたは決まり文句のすべて - そして、ジョー・バイデン、ベンヤミン・ネタニアフ、ツィッピ・リヴニをもまた聞くだろう。

(略)

 わたしは、あなたたちのメニューが、イスラエルの朝食と、イスラエルの地球的非合法化に関するいくつかの議論を含む、と読む。疑いなく話し手たちは、反ユダヤ主義故と、あなたたちに告げるだろう。

 それらを信じてはならない。世界に反ユダヤ主義は存在するが、彼らがあなたたちに告げるだろう範囲にあるというのではない。またいかなる「イスラエルの非合法化」もない。イスラエルの暴力と占領の政策非合法化があるのみである。

(略)

 あなたの愛しいイスラエルは依存症だ。占領と攻撃性を常習し、そして誰かが、これら依存症から引き離さなければならない。どんな他の中毒者同様、自身で治ることはできない。したがって、この仕事はあなたの手に落ちる。

 あなたたちの何人かは真実を知っている。あなたたちは、強いイスラエルを望むのに、入植地がそれを弱めるばかりと知っている。 あなたたちは、より大きなイスラエルを夢みるが、そんなイスラエルが正当であり得ないと知っている。あなたたちはイスラエルを誇りに思いたいのに、そして近年、これは殆ど不可能になってしまったと知っている。

(略)

 あなたたちは、イスラエルの振舞いを変えるよう、あなたたち政府に影響を及ぼす力を持っている。そしてそうする政府は、イスラエルに敵対的政府とはならないだろう。

 これは、あなたたちの殆どが引き裂かれた心で投票したくじかれた大統領に、手法を変えるようイスラエルに圧力をかけるよう、影響を及ぼすあなたたちの機会である。これは、あなたたちにとって重要であり、わたしたちにとってもまた重要だ。

 この大統領は、世界の未来を最も危険にさらす領域に、既に2年間を費やした。アメリカ愛国者としてユダヤ人として、シオニストとしてさえ、あなたは今、この務めに邁進するよう彼を励まさなければならない。

(略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。