2010年11月19日

イスラエル:東エルサレムの新計画政策

2010年11月16日火曜日

エルサレム (Ma'an) -- エルサレム市長、Nir Barkatは、火曜日朝、東エルサレム市民(パレスチナ人)が、友人や家族とEid Al-Adhaを祝っていた中、論議呼ぶ東エルサレムの新都市計画政策を一般市民に提示した。

 再区分計画は、市長執務室からの声明によれば、「現在の不満足な状況」を考慮に入れ、計画が承認され進むことができるまで、現在の破壊命令のすべての凍結を求める。

 計画は、進める前に、イスラエル政府により承認されなければならないだろう。

 被占領東エルサレムのBarkat計画は、発火地点たる聖なる都市で緊張を煽ってきた動き、いくつかの家屋破壊を含む。

(略)

全文と地図:Ma'an News Agency


posted by mizya at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JAI-ATGオリーヴ植樹プログラム - 2011年2月

パレスチナとの市民国際連帯プログラム
案内状

2011年2月5日 - 14日

 聖地の農業専門家は、1948年に建国されて以来、イスラエルにより100万本以上のオリーヴ樹が根こそぎにされ、破壊されてきたと見積もっています。これらオリーヴ樹の殆ど半分は、2000年の第二次インティファーダ (イスラエル軍事占領に対するパレスチナの立ち上がり) 開始以来、根こそぎにされました。

 宗教的、文化的、生来の、栄養価が高く経済的その価値を顧慮せず、オリーヴ樹は、イスラエル軍事占領により、安全、パレスチナの土地での壁建設、イスラエル - ユダヤ人専用 - 植民地(入植地)拡張の口実で、絶えず標的にされてきました。オリーヴ樹の破壊は、多くのパレスチナ農夫、地主、パレスチナ住民一般の生活に、意図的で破壊的結果をもたらしました。

 これらの理由と他の多くのことで、Olive Tree Campaign(オリーヴ植樹キャンペーン)は、影響を受ける農夫の必要にあてることにより、系統的破壊への建設的応答として2001年に開始されました。オリーヴ植樹キャンペーンは、正義を伴う和平へのパレスチナ人の権利を提唱するツールとして、オリーヴ樹を使います。今までのところ、8回の成功を収めた植樹シーズンが、何百人ものパレスチナ農夫と地主を支援し、半世紀以上も、正義を伴う和平のため闘ってきたパレスチナ人の生活実体について、拡大する友人やパートナーの国際的ネットワークに認識をもたらしました。

 2008年以来、Olive Tree Campaign - Keep Hope Alive(希望を生かし続ける)は、友人やパートナーに、パレスチナ人との連帯の署名として、オリーヴ植樹を案内してきました。人びとは、パレスチナ人への連帯を示すために、そしてこの継続する闘争で虐げられた者たちへの正義を伴う和平のより良い未来に「希望を生かし続ける」わたしたちの使命を強化するために、世界のいろいろな場所から来ました。

オリーヴ植樹プログラムについて、もう少し読んでください。

(略)

全文:Joint Advocacy Initiative
posted by mizya at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。