シルワンでパレスチナ家屋88戸が破壊される

2010年11月19日金曜日
Alessandra Bajec - IMEMC & Agencies

イスラエルが、東エルサレムのシルワン地区で、パレスチナ家屋ほぼ88戸の破壊を命令したと、パレスチナ当局は警戒した。

 イスラエルの代理人、Yehuda Weinsteinは、アラブ家屋が違法に建てられたと主張し、al-Bustan地区に、破壊命令を渡した。パレスチナ大統領職のエルサレム・ユニットのチーフ、Ahmed al-Rowaidhiは、観光センター建設のためのイスラエルの動きが、al-Bustanからのパレスチナ人1,500人追い立てをもたらすだろうと語った。

 パレスチナ官僚は、Weinsteinの決定が、東エルサレムの家屋2万戸に影響するかもしれず、破壊命令が実行されるなら、パレスチナ人ほぼ10万人が、その領域から立ち退きさせられるかもしれないと付け加えた。

(略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:イスラエル植民地が拡張、パレスチナ人は家屋破壊に直面(11月04日)
posted by mizya at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イギリスのセンターがパレスチナの歴史的地図を発表

2010年11月16日火曜日

ロンドン (Ma'an) -- ロンドンのパレスチナ帰還センターは、金曜日、1917年と1966年の間のパレスチナ地図帳を発表する研究会を開催した。

 プロジェクトは、ドイツ、フランス、トルコ、イギリスの記録から収集された公文書と地図を使用した、サラマン・アブ・シタ教授の研究で、パレスチナの歴史、風景、地理学を概説すると、センターの声明は述べた。

 国会議員、ジャーナリスト、研究者たちの出席を得た発表で、アブ・シタは、1947年に始まった継続する追放のメカニズムを分析したと、センターは語った。

「わたしは、特に西洋で、イスラエルが消去を試みた、パレスチナの真実で、歴史的、記録された証拠の不足があると考える。イスラエルの語りは長年、厳しい酷評に直面していたが、主流だった。この地図帳は、今、打ち砕く打撃を与える。地図帳は、パレスチナに人は住んでいなかったとする考えを含む多くの作り話の正体を、事実上暴露する」と、パレスチナ帰還センター所長、Majed Al-Zeerは語った。

原文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兄弟がガザ市中心への空爆で殺された

2010年11月17日水曜日

ガザ市 (Ma'an) -- イスラエル航空機は、水曜日、ガザの最も人口密度の高い都市を標的にし、パレスチナ人の男ふたりを殺した。

 目撃者は、無人機攻撃が、地面に穴を残し、ガザ市中心のアル-ウェフダ通りを外れたばかりの、白のスバルを標的にしたと語った。

 車は半分に裂かれ、後半分は、前半分から10メートル吹き飛ばされ、他の破片が通りに散らばった。送電線は爆破で損傷した。煙と炎の黒い染みが、隣接するビルから見えた。

 攻撃は、Eid Al Adha祝日の第2夜、日没、都市の込み合う区画で起こった。

 アッシーファ病院の医療当局は、故人を、ムハンマド・ヤシンと彼の兄弟、イスラーム・ヤシンと特定した。ムハンマド・ヤシンは、病院に到着した時死んでおり、上半身はやけどで覆われていた。イスラームは、死ぬ前、左腕切断を含む手術を受けた。

 イスラエル軍報道官は、2週間で2回目となるこの暗殺を認めた。

(略)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。