2010年11月21日

「福音主義者」による支持のユダヤ民族基金 (JNF) がネゲヴに植林

 エル-アラキブ在住とネゲヴ共存フォーラム活動家たちは、JNFが、またしても、エル-アラキブ村のすぐ北に、広範囲に植林すると報告する。植林が、村の土地にまたしても拡張される懸念がある。

 日曜日以来、トラクタと大型機械は忙しく作業してきた。現在植林されている土地は、1948年以前、1948年以来、ヨルダンで難民となっているAlamat部族に属した。

 寄付が、「我が息子(キリスト)復活のため...100万本の樹木を植えるため、土地を準備するよう...神から指示」を受けたと主張するGOD-TVと名付けられた福音主義聖職者らから来ることになっているとは、大いに冷笑的だ ( http://www.god.tv/excavation 21分の彼らのヴィデオ) 。そのように、キリスト復活を為すため、イスラエルを利用し、植林したがっている福音主義聖職者らを、「ユダヤ民族のために土地を取り返して」いる、ユダヤ人組織、JNFは今、支持している (また支持されている)。何であれ… それは、ベドゥインが彼ら先祖の土地を農業に利用できなくするだろう…

原文:http://baduannaqab.wordpress.com/english/the-jewish-national-fund-jnf-supported-by-the-evangelical-is-foresting-the-negev/

気まぐれのニュース解説:
「大いに冷笑的」なのは、確か、キリストが「復活」するとユダヤ国家は滅びることになっているから。ユダヤ人は皆、クリスチャンに改宗することになっている、確か。しかし、ユダヤ民族基金にしてみれば、「福音主義者」がどう考えようと、利用できるものは利用するということだろう、いずれにしろ、宗教など信じてはいないのだから。それにしてもキリストの復活を信じている輩がいよう、と、はね。

アーカイヴ:アル-アラキブ破壊の陰に何があるのか:ネタニアフとアハラノヴィチの戦い(10月04日)


posted by mizya at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100人以上のイギリス国会議員が普遍的司法権法改変に反対

2010年11月19日金曜日
Alessandra Bajec - IMEMC & Agencies

イギリス国会議員100人以上が、戦争犯罪申し立てで、イスラエル指導者らを告発する法を改変する、連立政権の計画に反対したと、 金曜日、Press TVは主張した。

 議会のEarly Day Motion(時期尚早動議?)に、今までのところ102人の国会議員が署名した。これら国会議員たちは、普遍的司法権法を適用するための、イギリス裁判所による権限を制限するいかなる法律にも反対する。この法に基づいて、逮捕礼状は、戦争犯罪を犯したと告発されたものに発行される。

「人権抑圧への普遍的司法権は、人道に対する罪を犯すものへの、正義をもたらす根拠の一部として不可欠である」と、動議は述べた。

(略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:イギリスがイスラエルの圧力に陥没;「普遍的裁判権」法廃止に同意(11月06日)
posted by mizya at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガザで空爆

2010年11月19日

ガザ市 (Ma'an) -- ガザ住民6人が、金曜日、イスラエル軍による沿岸飛び地への3回の空襲で負傷したと、医療従事者は語った。

 イスラエル軍は、声明で攻撃を認め、攻撃が回廊の「テロ・サイト」を標的とした語り、「直接の命中が確認された」と付け加えた。

 打撃は、ガザ回廊南部と中央のサイトを標的とした。2階建て家屋を標的としたDeir Al-Balahへの攻撃で、4人が負傷した。女ふたりを含む負傷者は、病院に運ばれたと、ガザの医療業務報道官、アドハム・アブ・サルミーヤは語った。

 2つの攻撃は、ガザ南部、ハーン・ユーニスを標的とした。南部地域への攻撃のひとつは、男と子どもを負傷させ、ナセル病院に運ばれたと、アブ・サルミーヤは語った。

 農夫たちの畑に命中した3つ目の攻撃で、負傷者は報告されなかった。

(略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事(イスラエル・ヴァージョン):「燐爆弾がイスラエルに発射されイスラエル国防軍がガザ攻撃」Haaretz.com
2010年11月19日
パレスチナ民兵組織が、水曜日のガザでの民兵ふたりのイスラエルによる殺害への報復で、迫撃砲発射の犯行声明を出す。
Haaretz Service and Reuters

アーカイヴ:兄弟がガザ市中心への空爆で殺された(11月20日)
posted by mizya at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。