2010年11月30日

拷問を可能にし占領を促進するヴォルヴォ設備

David Cronin
Electronic Intifada
2010年11月24日

091007-nieuwhof-volvo.jpg
Merkavimウェブサイトのプロモーションヴィデオは、武装バスに乗り込むイスラエル兵士らを示す。

 ヴォルヴォは、頑丈、安全、信頼性の典型と誇っている。イスラエルへの車輌メーカー出資の慎重な調査後、おそらく、それはまた、拷問を可能にすると同義となるべきだ。

 このスウェーデン企業は、イスラエル企業、Mars囚人バスのメーカー、Merkavimに26.5パーセントを直接投資している。このバスは、被占領西岸とガザ回廊で捕らえられたパレスチナ人を、イスラエルの国際的に認められた境界内に輸送する、イスラエル囚人当局による使用のため特別に設計された。 Merkavimの残りは、イスラエルでのヴォルヴォの独占的代理として笑いが止まらないMayer's Cars and Trucksにより所有されている。

(略)

 ヴォルヴォ報道担当、Per-Martin Johanssonは、スウェーデン社団法人は提携企業がすることを「制御できない」と語った。「囚人輸送車輌は、世界中のあらゆる国に見られる」と、彼は付け加えた。「これらバスが、イスラエルで特別なのではない。囚人が逃亡しないことを確実にするため、あらゆる国でそれらを必要とする」。(しかしすぐわき上がる疑問、それら占領地専用に設計されたバスが、イスラエル国内の囚人輸送に、果たして使われているのだろうか - mizya)

 Johanssonの声明は、ヴォルヴォが名目上委ねる高い倫理基準と際立つ対照をなす。2003年に、ヴォルヴォ理事会は、企業の「行動規範」に賛成した。それは、企業が「国際的に宣言された人権と、人権抑圧に共謀していないと確実にすること」を支持すると述べる。

 そのコードにも拘らず、ヴォルヴォは、製品がイスラエルの弾圧ツールとして使用されているという頻繁な告発に直面してきた。今年4月、イスラエル軍は、パレスチナ村、アル-ワラジャでの、ヴォルヴォブルドーザで軍事行動するのを撮影された。軍は、2004年、計画を違法と宣言した国際司法法廷により発表された見解にも拘らず、イスラエルが西岸の占領の土地に建設を続ける大規模壁に関連する作業を実施していた。東エルサレムと、より広域な西岸での、パレスチナ人家屋破壊におけるヴォルヴォブルドーザ使用も、ヴォルヴォがいかに占領から利益を得るかに光をあてることで貴重と証明する、Electronic Intifadaの投稿者、Adri Nieuwhofの仕事で同様に記録された。

(略:長い)

全文:Electronic Intifada

アーカイヴ:ヴォルヴォ:イスラエル入植者に武装バス供給(2009年10月10日)


posted by mizya at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『わたしたちの来歴』DVDリリース

Palestine Monitor
2010年11月25日

イスラエル-パレスチナ闘争の一方的分析生成の後、ムスタファ・バルグーティ博士の『わたしたちの来歴』は、占領と民族浄化の歴史に関するパレスチナ人の見解を最終的に提供する。

 熱心な国際的歓迎と映画封切りに続き、『わたしたちの来歴』は、1948年から今日までの占領と立ち退きを図表する、パレスチナの歴史の完全正確な報告を提供する。ガザ戦争の衝撃的報告を特集し、映画は、パレスチナ-イスラエル闘争の陰の語られざる真実を知りたいと願う誰にとっても是非見るべきものである。

クリップをご覧ください:


映画のDVD版注文:palestineourstory@gmail.com
電話:+972 599 9 400 73

原文:Palestine Monitor
posted by mizya at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。