2010年12月29日

「カストリード作戦」から2年

2010年12月27日

Lina.JPG.jpg

[2010年12月27日] - 今日は、ガザ回廊へのイスラエル軍事攻撃の開始から2周年を記す。2008年12月27日から2009年1月18日まで、352人の子どもたちを含む、パレスチナ人、1,400人以上が殺戮された。

(略)

 2周年を標し、DCI-パレスチナは、戦争で殺された子どもたち352人すべての物語を発表している。 これら簡単な、しかし無視できない物語は、それら事件の証言となる。

写真: リーナ・ハサン - 1999年9月1日生まれ、2009年1月6日殺戮される。

全文:Defence for Children International

「殺された子どもたち352人」をクリックすると、「殺された子どもたち352人」のリストにリンクする。そのリストで氏名をクリックすると、それぞれの子どもたちの物語にリンクする、上記、「リーナ・ハサン」をクリックすると彼女の物語、ジャバリア難民キャンプの国連が運営する学校に避難していて、砲撃を受け殺戮された、と記されたページに移行するように。
 思い出すのは「シャヒード、100の命」展、ラマッラ、ハリール・サカーキーニ文化センターでつくられた、第二次インティファーダの開始以来、イスラエルにより殺戮された100人のシャヒードのポートレートと遺品で構成された展覧会で、日本にも招聘された。「シャヒード」は、英語にしろ日本語にしろ「犠牲者」、「殉教者」と翻訳されるが、「見た者」、「見たが故に証言できる者」、つまり「自ら体験した死を証言する者」の意で、犠牲者も殉教者も、実は舌足らず、正しい翻訳とは言い難い。もっとも、イスラーム墓地を破壊した上に「寛容博物館」建設を計画して物議をかもすサイモン・ウィゼンタール・センターなどは、日本に招聘した時の助成基金に、「シャヒードとは『テロリスト』のこと、それを知って助成しているのか」と脅しをかけてきたが、シャヒードに「テロリスト」の意味はない。ただ、パレスチナ闘士が死んだ場合、「シャヒード」と呼ばれることはあるにしても...


posted by mizya at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行動を:「カストリード」から2年、オバマ政権はイスラエルに責任を負わせなければならない

2010年12月27日月曜日

gaza_castlead_bombing.jpg
「カストリード」作戦でのイスラエルのガザ爆撃

 2年前の今日、ガザ回廊の包囲のパレスチナ市民、150万人に対し、イスラエルは「カストリード作戦」と名付けられた恐ろしい攻撃に着手した。

 地球上の何百万人もの良心に衝撃を与えた、徹底的な22日間の攻撃で、イスラエルは、その殆どが一般市民のパレスチナ人、ほぼ1,400人を殺戮した [1] 。

 それ以来、イスラエルとハマースの間の休戦は大方保たれているが、イスラエルは、違法封鎖を通し、ガザ回廊のパレスチナ住民への集団懲罰を継続している。

 その指導者らは、ゴールドストーン報告 [2] が、人権と国際法の違反、戦争犯罪、人道に対する罪の可能性を証明したことに、責任を取らないできた。

オバマ政権への米国キャンペーンの要請に参加を:
1. イスラエルのガザ回廊への違法封鎖終結の要請、
2. 行為に対しイスラエルに責任を負わせることから国際社会が妨げるのを停止。

次の22日間で2万2000人の署名目標に到達するようご支援を

(略)

全文:End the Occupation

 最終行「ご支援を」をクリックすると署名ページに移行。
posted by mizya at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

シルワン中に荒れ狂った衝突でパレスチナ人若者が撃たれる

2010年12月25日土曜日

シルワン、エルサレム (SILWANIC) -- 昨日、12月24日午後早く、シルワンで噴出した衝突は、その日1日中続いた。緊張は、若いパレスチナ人が、イスラエル兵か警察官によるゴム(皮膜)弾に撃たれた時、引き起こされた。若い抗議者たちが、タイヤやごみ箱に火をつけ、イスラエル兵士らに投石して、衝突は、村中のいくつかの地区に広まった。目撃者は、パレスチナ人ひとりがイスラエル警察に逮捕されたと報告する。

DSC_0623.jpg

DSC_0569.jpg

DSC_0630.jpg

原文と画像6枚:Wadi Hilweh Information Center - Silwan
posted by mizya at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それは「〜でない」で定義するイスラエル

2010年12月26日

アラブ人にノー、ユダヤ人にノー、世界にノー;外国人にノーで入植凍結にノー;核兵器にノーで和平イニシアティヴにノー;封鎖終結にノーでシリアにノー。それは驚くほど薄っぺらな語彙 - 1単語国家辞書。

ギデオン・レヴィ

 イスラエル国は、否定で定義し得る:アラブ人にノー、ユダヤ人にノー、世界にノー;外国人にノーで入植凍結にノー;核兵器にノーで和平イニシアティヴにノー;封鎖終結にノーでシリアにノー。それは驚くほど薄っぺらな語彙 - 1単語国家辞書。「ノー」の過剰の中で、「イエス」のことばは消え失せた。その建国から62年、国家がどこに向かうのか誰も知らない。何を望むのか? 指導者と市民は何を求めているのか? わたしたちはどのような類いの国家を見たいのか?

(略)

全文:Haaretz.com

「核兵器にノー」の意味するところ、核廃絶を目指しているわけでなく「イランの原子力開発にノー」の意、イスラエル自身、核保有国なのだから。イスラエル人ジャーナリストによるイスラエル紙の記事、イスラエル人読者には明確ながら...
posted by mizya at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パラグアイが11年のパレスチナ国家承認

2010年12月26日日曜日

ラマッラ (Ma'an) -- パレスチナ国家の一方的宣言を支持する、増加する南米諸国に加わり、パラグアイが、来年、独立パレスチナ国家承認を計画していると語ったと、パレスチナ閣僚は、日曜日、記者団に語った。

(略)

 EUが、パレスチナ国家承認要請を断った一方、EU諸国は、パレスチナ代表の地位を完全な外交地位に段階的に引き上げてきた。12月上旬、ノルウェーが、傾向に続き、オスロのパレスチナ解放機構使節を格上げし、一方、トルコは、67年境界の国家支持を誓約し、それが外交的見地に影響し、同様にするよう他の諸国を説得するだろうと語った。

(略)

イスラエルの警告:世界はすぐパレスチナ国家を承認するかもしれない

 立ち往生の和平会談にも拘らず「全世界」は、1年以内にパレスチナ国家を承認し得ると、ハト派イスラエル閣僚は、日曜日、交渉再開を促して警告した。

「全世界、米国さえ、1年以内にパレスチナ国家を承認しても、わたしは驚かない、そして我々は、これがいかに起こったか釈明しなければならないだろう」と、ベン・エリエゼルは、毎週の閣議に向け、記者団に語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 どんな国にも、イスラエルのような国にさえ、まともな政治家がひとりふたりはいるのだけれど、体制にはなり得なくて、だからどんな国も、ガタピシと音を軋ませながら、あらぬ方向に運ばれて行く。

アーカイヴ:エクアドルが公式にパレスチナ国家承認(12月27日)
posted by mizya at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

報告:モサドチーフがイギリスに謝罪

Telegraph報道は、新チーフが、マブフーフ暗殺での偽造パスポート使用を謝罪するだろうと伝えた

Ynet
2010年12月25日

 今週、モサドチーフの役割を引き継ぐ予定のタミール・パルドは、1月のハマース指揮官、マフムード・アル-マブフーフ暗殺遂行での、政府機関による詐取パスポート使用を英政府に謝罪するだろうと、Telegraphは土曜日に報じた。

(略)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:イギリス:パスポート詐取は非常にゆゆしき問題(02月20日)

 マブフーフ暗殺への関わりを否定していたイスラエルも、偽造パスポート使用を謝罪しなければならないところに追い込まれたらしい。偽造パスポート使用の謝罪であって、マブフーフ暗殺の謝罪ではない。暗殺はもちろん、国際法に反するけれど、何もかも国際法に反するイスラエルにしてみれば、暗殺程度の国際法違反は意に介さない、ということか。
posted by mizya at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル軍勢800名が発火地点、ナフハ刑務所を襲撃

2010年12月26日

ガザ、(PIC) -- イスラエル軍勢800名が、日曜日、イスラエルのナフハ刑務所、第11区を襲撃したと、Wa'id囚人協会は語り、動きは、施設での増加する管理的攻撃を目論む、一連の攻撃の最新のものだったと付け加えた。

「夜襲の間、囚人たちは直接暴行を受け、この区の独房12室すべてが空にされ、拘留者たちは、最低限の生活の必要さえ失われた、古く打ち捨てられた区に連れて行かれた。彼らはそこに、冷たい砂漠の気象に曝されながら、48時間残された」。

(略)

 協会は、赤十字と他の人権団体すべてに、そのような犯罪に横たわる危険が、真実の姿で、メディアに到達し得ないと語り、イスラエル刑務所でのパレスチナ囚人に対する暴力を終わらせるため、即刻介入するよう要請した。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

関連記事:「イスラエル占領軍がネゲヴ刑務所襲撃、収監者たちの冬服没収」Sabr
2010年12月24日金曜日

ガザ、(PIC)-- イスラエル刑務所のパレスチナ人収監者を支援する全国最高委員会は、木曜日、イスラエル占領軍がネゲヴ砂漠刑務所を襲撃し、大打撃を加え、パレスチナ人収監者たちのコートや冬服を没収したと語った。(略)

アーカイヴ(どれにするか考えたけどこれ):猫は違法:潜在的テロの脅威(2009年11月23日)
posted by mizya at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。