2011年01月19日

メドベージェフ:1988年同様、ロシアはまだ独立パレスチナを承認する

2011年01月18日

ロシア大統領は、西岸でのパレスチナ自治政府大統領、マフムード・アッバスとの会談後発表する;イスラエル当局は、中国を含む他の諸国に、ロシア主導に続くドミノ効果を引き起こすと承認を怖れる。

Barak Ravid and Reuters

 ロシア大統領、ドミトリー・メドベージェフは、火曜日、モスクワが1988年に独立を承認し、旧ソ連により採択された立場を変えていないと語り、パレスチナ国家を支持した。

 イスラエルに占領された西岸への、ロシア元首として初めての訪問で、メドベージェフは、彼が代表する現代ロシア連邦によるパレスチナ国家承認の響き渡る宣言発表までには至らなかった。

「ロシアの立場に変わりはない。ロシアは昔にその選択をした… 我々は、東エルサレムを首都とする独立国家への、パレスチナ人民の不可分の権利を支持したし支持していくつもりだ」と、メドベージェフは語った。

(略)

 メドベージェフは、彼の旅行のイスラエル行程をキャンセルさせたイスラエル外務省衝突により要求の、国家元首としては稀なルート、ヨルダンのアンマン空港から護衛車列を組んで、歴史的アレンビー橋を渡って陸路西岸に入った。

(略)

 メドベージェフは、通常、最初の停止位置がイスラエルとなることに明確に関連して -- 「これは、他の国への訪問と連動しない、パレスチナへの、ロシア大統領初の訪問である」と注意喚起して、パレスチナから拍手喝采を引出した。

 ロシアは、中東和平交渉を監督する国際的権力「カルテット」を構成する合衆国、ヨーロッパ連合、国連のパートナーである。

(略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「イスラエルがロシアのパレスチナ国家承認を懸念」Haaretz.com
2011年01月18日

ファタハ閣僚、ナビル・シャアスは、アル・ハヤト新聞に、ドミトリー・メドベージェフが、西岸訪問で、1988年のソ連のパレスチナ国家承認を確言するだろうと語る。
Barak Ravid


posted by mizya at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シルワンの十代が再-逮捕

2011年01月16日日曜日

シルワン、エルサレム (SILWANIC) -- イスラエル軍は、シルワン住人、ムサブ・シューヒー、18歳を、既に自宅軟禁に服しているとき再逮捕した。シューヒーは、自宅軟禁の期日を破った廉で、警察により彼の家から連れ去られた。

 告発は、伝えられるところでは、エラドの仲間入植者により撮られ、警察に引き渡された、シューヒーが家の外の彼の家族の農地で働く写真に基づいた。問題の入植者が実際、パレスチナ人、国際連帯活動家、ジャーナリストに投石している写真もまた存在するが、彼は警察により調査されたことはない。これは、支える証拠が殆ど、あるいは全くないまま、投石の薄っぺらな告発で頻繁に逮捕されるシルワンと他の地域のパレスチナの子どもたちとの際立つ対比を成す。

DSC_0918.jpg

DSC_0921.jpg

DSC_0933.jpg

原文:Wadi Hilweh Information Center - Silwan
posted by mizya at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

イスラエル裁判所がエルサレムに住む子どもに1年の投獄を言い渡す

2011年01月16日

被占領エルサレム、(PIC)-- イスラエル裁判所は、日曜日、被占領エルサレムの15歳のパレスチナ少年に、イスラエル占領警察に投石したとして禁固刑1年の判決を下した。

 地元筋は、Maskobehの行政裁判所が、被占領エルサレム、シルワン町の子ども、 Motez Al-Rajabiの弁護士による、保釈での彼の釈放要請を却下したと語った。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:パレスチナの子どもたちの狩猟とオフェル刑務所での再-教育(2010年12月09日)
posted by mizya at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガブリエル・ギフォード、トム・ハンダルそしてパレスチナの子どもたち… 頭部への発砲

2011年01月16日
ALISON WEIR – Salem-News.com

ガブリエル・ギフォードが完全に回復し、議会に戻り、彼女が次に - パレスチナ人を含む - 他のひとたちが頭部を撃たれるのを防ぐため働くことを祈ろう。

giffords-tom-kids.jpg
ガブリエル・ギフォード、トム・ハンダル、そして何人かのパレスチナの子どもの死者

 だれかが頭を撃たれるとき、特にぞっとさせる何かがある。おそらくそれは、身の毛のよだつイメージ、脳の破壊、明確な殺意。アリゾナの連邦議会議員、ガブリエル・ギフォードへの最近の発砲は、その破壊的負傷の位置により、さらなる悪夢とする。

 イスラエル-パレスチナに焦点を合わせるわたしたちは、この恐怖を鋭く意識している。

 何年か前、わたしは、イスラエル占領に対するパレスチナの反乱、第二次インティファーダの最初の月に、イスラエル軍により殺されたパレスチナの子どもたちの死因を調査していた。わたしが数を合計したとき、わたしは始まりの月の個々の最も頻繁な死因が「頭部への発砲」と発見して、寒気を覚えた。

 過去10年間で、イスラエル軍は、少なくてもパレスチナ未成年者255人を、頭部への発砲により殺してきており、そして、多くの例で、致命的外傷の身体的位置の特定がなされていないので、数字は実際、より大きいかもしれない。さらに、この統計には、イスラエル兵士らにより頭部を撃たれて生き延びた、あれやこれやのもっと多くのパレスチナの子どもたちが含まれていない。

1295059778.bmp
第二次インティファーダの写真 - イスラエル・シャミール著作

 以下は、死んだものたちの小さなサンプル。 (IDFの用語は「イスラエル国防軍」を表し、これら軍は、実際には占領軍で、殆ど常に攻撃用に配備される;以下の事件はパレスチナ領域で起こった):

 サミ、12歳、デモンストレーションでIDF銃撃で頭部の傷で死亡。アブダル、9歳、葬儀で、頭部へのIDF銃撃で殺された。アラ、14歳、 イスラエル兵が石で負傷した1時間後、家のテラスでIDF銃撃による頭部の傷で死亡。オマル、11歳、デモンストレーションでIDF銃撃で頭部の傷で死亡。ディヤ、3カ月、兄と共に、彼女の頭部と背中へのイスラエル入植者銃撃により殺された。バラ、10歳、家の近くで、頭部へのIDF銃撃で殺された。アイマン、15歳、農作業中、頭部へのIDF戦車砲撃で殺された。ハリール、11歳、友人と遊んでいて、頭部へのIDF戦車砲撃により殺された。ラミ、13歳、家の前で遊んでいて、頭部へのIDFヘリコプター砲撃により殺された。ヤーセル、11歳、デモンストレーションで、至近距離で発射されたIDFゴム皮膜弾による頭部の傷で死亡… /1/(注:原文参照)

 想像してください、これらの名前が、ボビー…マイケル…スーザン…メリッサ…ジミーであったらと、そして彼らを殺す外国軍が、アリゾナ、コネチカット、オハイオ... に侵攻していたならと...

(略)

全文:INTIFADA
posted by mizya at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

イスラエル政府がユダヤ「嘆きの壁」用地拡張でムスリム地区に侵攻

2011年01月16日日曜日
Saed Bannoura - IMEMC News

エルサレムのムスリム指導者が「挑発」と呼ぶ動きで、イスラエル政府当局は、イスラエル観光省による拡張に反対する勧告にも関わらず、土曜日、パレスチナ17家族により、彼らの家屋への出入りに使用される路地 - Rabat al-Kurdとして知られる領域に「嘆きの壁」祈り用地拡張を決定した。

rabatalkurd.jpg
Rabat al-Kurd (photo by Ir Amin)

 イスラエル組織、Ir Aminの長、Danny Zeidmanは、イスラエル新聞、Ha'aretzの記者に「ユダヤ人過激派に、ムスリム地区中心への出入りを許すなら、解決できる政治的闘争を暴力的宗教の闘争に変える危険をもたらす」と、語った。

(略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:エルサレム自治体が嘆きの壁祈り敷地拡張のためイスラーム教地区に入る(01月15日)
posted by mizya at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェパードホテル区画建設が住民控訴で遅れ

2011年01月16日

 内務省地区控訴委員会は、東エルサレムのシェパードホテル区画建設に対し、差し止め命令を出した。

 委員会は、シェイフ・ジャッラ住民、Waqf協議会、イスラエルのムスリム業務により提出された控訴の、水曜日の公聴会が終るまで、建設を遅らせると決定した。(略)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:イスラエルブルドーザがエルサレムのホテルの瓦礫を片付ける(01月13日)
posted by mizya at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。