2011年01月10日

イスラエル軍がシェファードホテルを破壊

2011年01月09日

エルサレム (Ma'an) -- イスラエルブルドーザは、日曜日、イスラエル警察と国境警備の巨大軍勢保護の下、被占領東エルサレム、シェイフ・ジャッラ地区のシェファードホテルの破壊を始めた。

 イスラエル当局は、新入植地への道をあけるため、ホテルを押しつぶした。当初計画は、ユダヤ人オンリー住宅戸建て20棟の建設と、Ma'anのエルサレム特派員は報じた。

(略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル軍が検問所でパレスチナ人を撃ち殺す

2011年01月08日土曜日

ナブルス (Ma'an) -- ナブルスの東、ハムラ検問所に配置されるイスラエル部隊が、土曜日、パレスチナ人男性を撃ち殺したと、医療従事者は語った。

 見ていた人たちは、犠牲者が、ジェニンに近いアル-ヤムン村の25歳、ハルドゥーン・サムーディと確認した。

 パレスチナ赤三日月社医療従事者は、軍が初め、地域を軍事閉鎖区域と宣言し、救急車に300メートル離れて留まるよう命じたと語った。

(略:イスラエル軍報道官の談話は真偽のほどが判らないので)

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:パレスチナ自治政府:イスラエル砲撃の「危険なエスカレーション」(01月03日)
posted by mizya at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エジプトがイラン支援物資のガザ到達許可

2011年01月06日木曜日

gholizadeh20110106233654687.jpg
ガザへのアジア連帯キャラヴァン活動家たち

エジプトは人道支援物資と救援に、イランからの医療物資がラファ国境検問所を通って包囲の飛び地に運ばれるのを許し、ガザとの国境を開いた。

 イランの医療物資は、推定100万ドル相当の、バス4台と発電機10機同様、医薬品、食糧、おもちゃなどを病院に運ぶ、ガザへのアジア連帯キャラヴァン、あるいはアジア1と称される、アジア支援コンヴォイの一部である。

 今週前半、エジプト当局は、多くのイラン人活動家に入域を拒み、イスラーム共和国により寄付された発電機10機の、ラファ国境検問所の通り抜け許可を拒絶した。

(略)

全文:Press TV

先行記事:「エジプトがガザへの完全な支援物資輸送を止める」Press TV
2011年01月05日水曜日

エジプトは、困窮するガザ回廊への打撃を大にするイスラエルによる封鎖を破ろうとするアジア支援コンヴォイに、厳しい制限を課した。

アーカイヴ:アジアの支援コンヴォイがガザ回廊に到達(01月04日)
posted by mizya at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Wadi Hilweh情報センター所長、ジャワド・シヤムが今日釈放

2011年01月07日金曜日

シルワン、エルサレム (SILWANIC) --
拘束されていたWadi Hilweh情報センター所長、ジャワド・シヤムは今朝、エルサレム行政裁判所での公聴会の後、解放された。シヤムは、彼にかぶせられた暴行罪を証拠だてる警察の充分な証拠提出の怠慢で釈放された。

(略)

全文:Wadi Hilweh Information Center - Silwan

アーカイヴ:シルワン活動家が釈放命令後数時間で再逮捕(01月08日)

 再び逮捕される可能性は残る。警察と仲のよろしい担当判事のときを狙って。
posted by mizya at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレスチナ自治政府は西岸入植地を非難する決議で来週国連投票を求める

2011年01月07日

米国が決議を支持するかどうかは、明確でない;米国は以前、決議が両サイドを和平協定に近づけないだろうと語った。
Associated Press

 パレスチナは、イスラエルがすべての入植活動を即刻、完全に停止することを要求する、来週の国連決議投票を望んでいると、パレスチナ外交官は、木曜日に語った。

(略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「イスラエルを制御するよう安全保障理事会に圧力増す」ISP
Haider Rizvi

国連、2011年1月6日 (IPS) - イスラエルが、市民に対する武力行使を増大させ、パレスチナ領域に新たな入植地建設を継続する中、中東の状況に向けた迅速な国際的対応への要請は増大している。

 しかしながら、安全保障理事会15ヶ国が、国連・合衆国・ヨーロッパ連合・ロシア主導の立ち往生する和平プロセスを回復させるため、即刻のいかなる措置をも取ろうとする徴候はない。
(略)
posted by mizya at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。