2011年01月11日

アービング・マスコウィッツが入植者住宅建設のためエルサレムのホテル部分を破壊

歴史的パレスチナの用地に住宅20棟の米国ミリオネアの計画が、既にある緊張状況をあおるとアナリスト

Harriet Sherwood、シェイフ・ジャッラ
guardian.co.uk
2011年01月09日日曜日

hotel-demolished-moskowit-007.jpg
ブルドーザが入植者住宅建設のためシェパードホテル部分を破壊。アービング・マスコウィッツは1985年に建物を買った(誰から? - mizya)。Photograph: Ammar Awad/Reuters

(略)

 米国・イギリスどちらの政府も、ホテルをユダヤ人入植地に置き換えることに異議を唱えてきた。東エルサレムは、1967年、イスラエルにより併合され、そこでの入植地は国際法下違法である。ホテルは、1967年以降、「不在者財産」と宣言された。戸建て住宅20棟に道を開く建築物部分破壊の許可が昨年、エルサレム地区計画・建設委員会により与えられた。

(略)

全文:guardian.co.uk

関連記事:「世界がシェイフ・ジャッラ建設を非難」Ynet news.com

米国国務長官、クリントンは、ユダヤ人戸建て住宅を選ぶシェパードホテル破壊は「二国家解決達成の和平努力を害する」と語る。日曜日早く、ヨーロッパ連合、イギリス外務省もまた、東エルサレムの建設を非難した

News agencies
2011年01月09日

     「イギリスがエルサレムの破壊を非難」Ma'an News Agency
2011年01月10日

     「ネタニアフ:東エルサレムのホテル用地での建設はイスラエル法に対応する」Haaretz.com
2011年01月10日
首相府が、イスラエルはユダヤ人がエルサレムで私有財産を購入することを禁止できないシェパードホテルの破壊に、政府は関わっていないとする声明を発表。
Barak Ravid

150110039.jpg
2011年1月9日日曜日、ブルドーザが東エルサレムのシェパードホテルを破壊。
Photo by: Tomer Appelbaum

「不在者財産」として没収を可能とするイスラエル法なるものが既に国際法違反であり、没収した土地・建物は「国家財産」として扱われる筈だから、その「国家財産」が民間のユダヤ人に払い下げられるとすれば、「国家は関与していない」などとは言えない。


posted by mizya at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルで左派であることがいつ違法となったのか?

2011年01月06日

警察、法制度、クネセト、シン・ベト、イスラエル国防軍は、審理しない検察官として振る舞う右翼宣伝者軍勢に加わった。
ギデオン・レヴィ

 イスラエル左派に関する法的禁止が、制定された最高潮である。わたしたちは何故、遠回しに言い続けるのか? わたしたちは何故、法の後に法を制定する、そのような骨の折れる徹底的な立法が必要なのか? これら様々な提案と修正すべての使用は何か? 前述すべての代わりに、とても単純なひとつのことをしよう:左派は、イスラエル国で違法な存在と宣言せよ。それ以後、左で考える、左に行動する、左のデモンストレーション、左に寛大な者は誰あれ、刑務所に行くだろう。

(略)

全文:Haaretz.com
posted by mizya at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年イスラエル国防軍調査:催涙ガスの高い集中は致命的

2011年01月07日

パレスチナ人とイスラエル人何百人もが、ジャワヒル・アブ・ラフマ追悼式に続く、金曜日の週1回のデモンストレーションに来ると思われる。
Anshel Pfeffer

 イスラエル国防軍は、パレスチナ人がイスラエル兵士らが発砲した催涙ガスのせいにする、先週のジャワヒル・アブ・ラフマの死の、まだ調査中にも拘らず、デモンストレーションを分散するため使用するCS催涙ガスは安全と、主張し続けている。

 イスラエル国防軍は、彼女が前からの持病で死んだということを含め、他の可能性を調べている。

 7年前、イスラエル国防軍医療兵団は、イスラエル医学雑誌「Refuah」と海外の定期刊行物「毒物学のアーカイヴス」の両方に、CSガスに関する研究を発表した。

 動物実験に基づくその研究は、人を殺すため、デモンストレーション分散に使用する量の800倍から5,600倍大きい量を必要とすると結論した。

 にもかかわらず、特定の場所でのガスの高い集中は、深刻な、あるいは致命的危害をさえ引き起こす場合があり、したがって、ガスが無毒とは考えられないと付け加えた。

 ここ11年間、ビリンで、イスラエル国防軍は、一度に同じ場所に、ガスの厚い雲を引き起こすキャニスター6個を発砲できる、催涙ガス擲弾発射機「Ringo」を使用し始めてきた。パレスチナ人は、アブ・ラフマが、そのような雲に襲われたと語る。

 Haaretzが、医療兵団調査にかかわった医師の何人かに連絡すると、彼らは、研究が必ずしも今日の条件に妥当とというわけでないと語り、コメントを断った。

(略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:ビリン婦人の死に関するイスラエル報道でHaaretzがHaaretzをこきおろす(01月07日)
posted by mizya at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。