2011年01月13日

イスラエルブルドーザがエルサレムのホテルの瓦礫を片付ける

2011年01月12日

エルサレム (Ma’an) -- イスラエルのブルドーザは、その2日前のエルサレム、シェイフ・ジャッラ地区での破壊後、水曜日、シェパードホテルの瓦礫を取り除き始めた。

 イスラエル裁判所が、イスラエル入植者グループにより争われる、用地の所有権を主張するフセイニ家により提出された告訴を拒絶した後、破壊は再開した。

 家族は、建物を建設し、イギリス委任統治下追放され、次に、エルサレムがヨルダン支配下に入った時、建物を管理した。1967年、イスラエルは、その領域を占領し、議論呼ぶ「不在者財産」法の下、結局、邸宅を支配下に置いた。そしてそれを、入植地開発業者に販売した。

 最新の判決は、2日以内に建物の残りが破壊されるのを確実にすると思われる。フセイニ一家を代理する弁護士、サナ・ジョージは、イスラエル裁判制度は役に立たないと語った。

「イスラエル司法の優先権は、イスラエルのより高い利益に奉仕する」と、ジョージはMa’anに語った。

 エルサレムのパレスチナ知事、アドナーン・フセイニは、訴訟を押し進めることに希望はないと語った。

 また水曜日、日本政府は破壊への反対を述べた。

日本が破壊を非難

 外務大臣、前原誠司は、Ma'anへの声明で、日本が「ユダヤ人のための新住宅戸建てを建設するための、東エルサレムのシェパードホテルの一部の破壊を非難する」と述べた。

 声明は、日本が「1967年以前の境界に関して、最終的解決を予断するいかなる一方的措置」も認めないと注意喚起し、「また日本は、イスラエルによる東エルサレム併合を承認せず、これに関し日本は、東エルサレムの現状を変え得る、いかなる一方的行動も控えるようイスラエルに促す」。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 う〜ん、イスラエルではなく、パレスチナを非難するのに、米国発表を一字一句違えず繰り返していた自民党時代のニッポン政府より、幾分、独立国家らしい声明かもしれない。もちろん国連はイスラエルに、1967年戦争での占領地からの全面的撤退を勧告しているのだが、今回のニッポン政府声明は、少なくても米国の口先ばかりのイスラエル批判よりは半歩ほど踏み込んでいるといえなくもない。北方領土返還に例えるなら、1967年境界への言及は「2島返還」、1948年境界に言及して初めて「4島返還」といったところか。ニッポン政府、通産省による、イスラエル企業、ベタープレイス助成は止めて欲しい。


posted by mizya at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボイコット総括:米国催涙ガス製造元CSIがイスラエルへの販売中止に駆立てられる

報告
The Electronic Intifada
2011年01月10日

110110-tear-gas.jpg
活動家たちは、催涙ガスの米国製造業者に、イスラエル軍への製品提供停止を求めている。 (ActiveStills)

 米国の活動家4集団が、催涙ガス製造会社に、被占領西岸、ビリン村でのイスラエル軍により発砲の催涙ガスを吸い込み、2011年1月1日、重度の呼吸困難によるジャワヒル・アブ・ラフマの死に続き、イスラエル軍への製品提供を停止するよう求めている。

 Adalah-NY: イスラエルボイコット・ニューヨーク・キャンペーン、Code Pink、和平のためのユダヤ人の声、イスラエル占領終結米国キャンペーンは、1月3日、米国拠点のCombined Systems, Inc (CSI) への、「被占領パレスチナ領域で、抗議者たちを殺戮し傷害を負わせる、イスラエル軍によるCSI群衆制御装置の継続的・予見可能な悪用への対応として、イスラエル政府へのCSI器機の提供を中止する」よう促す書簡を発表した ("Combined Systems, Inc, Stop providing equipment ...," 3 January 2011) 。

「この2年間だけで、イスラエル軍は、西岸、ビリン村の一家族の平和的抗議者ふたりを殺し、米国の平和的抗議者ふたりに重傷を負わせ、そして大変多くに重傷を負わせるため、貴社製品を使用してきた」と、書簡は述べた。「イスラエル人権集団、B'Tselemによると、別のパレスチナ人ふたりが、2002年、イスラエルの催涙ガスにより殺戮された」。

 書簡は、CSIによりイスラエル軍に送られた催涙ガスキャニスターが、米国政府軍事援助パッケージの一部としてイスラエルに提供された -- 米国納税者の金で、資金提供された可能性を付け加えた。

(略:総括だから他のボイコットにも及んでいる)

全文:The Electronic Intifada
posted by mizya at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

極左活動家ヨナタン・ポラックが獄中

ポラックは、違法集会の有罪判決を受け、懲役刑を始める。「悪い冗談のように見える」と、活動家の父、俳優のヨシ・ポラックは語る

Hagai Einav
2011年01月11日

 彼の両親、ガールフレンド、親友2人に伴われ、極左活動家、ヨナタン・ポラックは、火曜日、彼が禁固3カ月の刑に服する下ガリラヤのヘルモン刑務所に到着した。

 ポラックは、2年前のカストリード作戦に対するテルアヴィヴ抗議行動で、交通渋滞を引き起こす、テルアヴィヴの通り沿いをゆっくり自転車に乗って、違法集会で有罪を宣告された。

 刑務所に入るにあたり、活動家は語った:「懲役刑は、イスラエル社会で、抗議者の道筋を制限し、障害を置く傾向の部分である」。

「わたしは、今日ここで起こっていることは、見合わせられた帰結だったと考える」とポラックは語った。「抗議の制限は、証拠も裁判もないまま、わたしのより長い投獄期間を課せられるパレスチナ人を通して表される」。

(略)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:イスラエル活動家、ジョナサン・ポラックが懲役3ヵ月の判決(2010年12月30日)
posted by mizya at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。