2011年01月15日

ノルウェーがパレスチナを承認するEU最初の国になるだろうと語る

新たな国家制定と基盤整備を望む

Nasouh Nazzal、特派員
2011年01月14日

ラマッラ:ノルウェーは、水曜日、パレスチナ制定が整い次第、パレスチナ国家を承認するEU最初の国になるだろうと発表した。

 ノルウェー外務大臣、ヨーナス=ガール・ストーレは、ラマッラでのパレスチナ首相、サラーム・ファイヤド博士との共同記者会見で、彼の国が、パレスチナ制定がパレスチナ自治政府により発表されるスケジュールと計画どおり整ったなら直ちにパレスチナ国家を承認する先導する国となるだろうと語った。

(略)

全文:gulfnews.com


posted by mizya at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル占領軍がガザ沿岸で漁師4人を逮捕;子どもふたりを含む

2011年01月11日

 2011年1月11日火曜日正午頃、ガザ海をパトロールしていたイスラエル海軍艦艇が、パレスチナ漁師4人を逮捕し、彼らの船を没収した。漁師たちは、ガザ海岸から2.5キロメートルほどで、すなわち、イスラエルが宣言した許可漁業水域内で仕事していた。(略)

全文:Al Mezan Center For Human Right

 19歳を筆頭に15歳までの4人、ニッポンなら皆子どもだ。
posted by mizya at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エルサレム自治体が嘆きの壁祈り敷地拡張のためイスラーム教地区に入る

2011年01月14日

エルサレム – PNN - ムスリム・コミュニティからの強い反発を呼び起こすのが確実な動きで、エルサレム自治体は、大衆の祈りのため、Rabat al-Kurd路地として知られるムスリム地区に、嘆きの壁の小さな区域、「Little Kotel」を開くと決定した。

weepingwall01.jpg
嘆きの壁のユダヤ人群衆 (PNN Archive) 。

(略)

全文:Palestine News Network

 画像正面の「嘆きの壁」前も現在は広場になっているが、1968年当時は細い路地で家屋がひしめき合っていた。ユダヤ教徒たちは何を祈るのか。世界遺産の中でも「危機遺産リスト」に長期登録されたままだ。イスラエルが破壊しているのだから当然なのだけれど... 旧市街の「ユダヤ地区」はあまりに人工的で、既に「遺産」とはいえない「新築」だ。
posted by mizya at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルがパレスチナ立法府メンバー(国会議員)を標的にし続ける

水曜日、2011年01月12日
Tania Kepler for the Alternative Information Center (AIC)

 オマル・アブダル・ラズィク (正式にはオマル・マフムード・マタール・マタール) は、イスラエルがパレスチナ立法議会議員を標的とし続ける折、火曜日早朝、イスラエル部隊により、サルフィトの家で逮捕された。

 ラズィク博士は、ハマース変化・改革ブロックのパレスチナ立法議会議員で、2006年、ハマース主導政府の大蔵大臣を務めた。

 イスラエル兵士らは、午前1時30分にラズィクの家を襲い、家とオフィスの大規模捜査を始め、彼を逮捕する前、彼のパーソナルコンピュータと電話を奪ったと、Palestinian News Networkは報じた。ラズィク博士が現在どこにいるかは不明。

 夏の数カ月で、イスラエル当局は、エルサレムのパレスチナ立法議会議員攻撃を強めた。(イスラエル)内務大臣、エリ・イシャイは、パレスチナ立法議会議員、モハメド・アブ・テイル、アフマド・アトゥワン、ムハマド・トッター、ハーリド・アブ-アラファのエルサレム在住許可を、ハマース党での政治活動として、無効とした。

 6月3日、エルサレム警察は、イスラエル高等裁判所判事が、ハマース立法府地位を放棄する裁判所命令を彼らが無視し、男たちのエルサレムからの追放を妨げないと裁決した後、彼らのイスラエルの身分証明書を没収した。

 アブ・テイルは現在、エルサレムからの強制追放を拒否して刑務所にあり、他の男たちは、立法者たちが200日以上もテント暮らしする、東エルサレム、シェイフ・ジャッラの国際赤十字社本部に避難してきた。

原文:The Alternative Information Center

 イスラエルはパレスチナ人に(占領地のパレスチナ人にばかりでなく、イスラエル国内に住むパレスチナ人にも)何だってできる。イスラエルが法をつくるのだから。しかしイスラエルがつくる法は国際法に違反する。いわばイスラエルは無法を遂行するために「法」を制定する。
posted by mizya at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。