2011年01月21日

イスラエルはパレスチナ独立を止められない

2011年01月19日

イスラエルが行っている「外交引き延ばし戦術」は、部分的成功を味わってきたが、世界は徐々にパレスチナが今夏、国際社会に加わるという考えに馴染んできている。
Aluf Benn

 彼らは、エルサレムの夏の暑さの中に出かけ、サラディン通りを旧市街の壁に向け行進するだろう。パレスチナ人50人、次に100人、次に200人、そして1,000人、そして10,000人。行進しながら「イスティクラル」、独立、と叫ぶ。彼らがエフード・バラクの新党、Atzmaut (ヘブライ語で独立) を支持するからでなく、グリーン・ラインを越えた領土からイスラエルを追い出し、そこにパレスチナ国家を築くために。丁度チュニジアのデモンストレーターがZine al-Abedine Ben Aliを追い払ったように。

 イスラエルはどのように反応するだろう?  世界中からのカメラの前で、デモンストレーターに発砲し、彼らを殺すだろうか? 国家関係の大失態。無許可デモンストレーション遂行で数千人を投獄するだろうか? 現実的でない。パレスチナ自治政府を非難するだろうか? 無関係。 そして、デモンストレーターが、国際的共感と国際ニュースメディアすべてに支持された、行進を日々維持するならどうなるだろう?

 その研究者、シャウル・ミシャルとドロン・マッツァがホワイト・インティファーダと呼ぶこのシナリオは、パレスチナが、独立国家取りかかりを宣言すると決めた目標日として、8月か9月に起こるかもしれない。(略)

全文:Haaretz.com

 この記事のように展開してくれたなら、記事を翻訳しないで済む日がくるかもしれない。無料で100MB使えるこのブログサイトで、最近、半分の50MBを越え、現在52MB使っている。100MBになったなら、役割を終えるつもりでいるけれど、100MBの分量がこれほど多いと、始めるときは思わなかった。100MBに達せずに役割を終えることができたならどれほどいいだろう。


posted by mizya at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生命維持に必要な医薬の枯渇が近づきガザ住民400人が危険に陥った

2011年01月18日

ガザ、(PIC)-- ガザ厚生大臣、バッシム・ナーイムは、ガザの腎臓患者400人が、世界保健機関により提供された透析液が尽きようとする瀬戸際で、危険に晒されていると語った。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

 手が回らず掲載しなかったけれど、ガザでは母体の栄養不良から未熟児での誕生が激増していて、外国から派遣される医師団に衝撃を与えている。イスラエルによるガザ封鎖はジェノサイド以外の何ものでもない。
 掲載するニュースは何もない、といった日を夢見ているのだけれど...
posted by mizya at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラブ諸国が入植地決議草案提出を決定

2011年01月18日火曜日
Alessandra Bajec - IMEMC & Agencies

アラブ使節たちは、国連安全保障理事会に、イスラエルの違法入植地建設に反対する公式決議草案提出を決断したと、AFPは火曜日に報じた。

 チュニジア国連大使、Ghazi Jomaaは、月曜日の会談後、アラブ諸国の代表団が、火曜日の終わり前、国連安全保障理事会に、西岸での違法入植地建設活動の非難を要請する決議提出を決定したと、記者団に語った。

 アラブ集団議長、Jomaaは、草稿が、被占領パレスチナ領土での、イスラエルの違法建設活動の完全な凍結を要請すると説明した。

 安全保障理事会は、水曜日に、中東とイスラエル-パレスチナ紛争を議論すると予定されている;しかしながら、投票は殆ど不可能と言われている。

 パレスチナと他のアラブ交渉者たちは、伝えられるところによれば、米国に動きを妨げないよう圧力を試みている。また、米国大統領、オバマは、イスラエルの入植地建設計画に強く反対してきたが、イスラエルを非難する決議は、合衆国により拒否権を行使されると知られている。

(略)

全文:International Middle East Media Center

関連記事:「賢人たちが米国に国連反-入植地決議に拒否権を行使しないよう促す」IPS
Jim Lobe

ワシントン、2011年1月19日 (IPS) - 4ダースほどの元米国外交官トップと著名な政策アナリストは、バラク・オバマ大統領に、被占領領域でのユダヤ人入植地の違法性を再確認すると予想される、提案の国連安全保障理事会決議に拒否権を行使しないよう促している。
posted by mizya at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベッドで偶然パレスチナ人を撃った兵士放出される(除隊だけ? - mizya)

南方軍司令部チーフは、指名手配中のハマーステロリスト拘束作戦(釈放されたばかりの筈だけど - mizya)中の、65歳のヘブロン男性の付属的銃殺の調査結果を採用する:兵士は「職業的規則違反」に行動した責任があると語る

Hanan Greenberg
2011年01月19日

 イスラエル国防軍南方軍司令部チーフ、アヴィ・ミズラヒ少将は、西岸、ヘブロン市での最近の拘束作戦で、65歳のパレスチナ人、オマル・カワスミを、寝室で射殺した職業軍人の服務を延長しないと決定した。

(略)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:イスラエル占領軍の弾丸13発がパレスチナ年配男性の頭蓋と心臓を貫通(01月08日)

 証拠もない投石でパレスチナの少年は投獄1年の刑を受けるのに、寝室で眠るパレスチナ人を射殺したイスラエル兵は無罪放免、おかしくない?
posted by mizya at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国連は、2009年から2010年、入植地ブームに歩調を合わせ占領におけるパレスチナ人家屋破壊が60パーセント跳ね上がったと語る

PHILIP WEISS
2011年01月20日

国連情報筋から。

2、3のことに注意。貯水池。それらの30:イスラエルはこれらの人びとを飢えさせている。そして、パレスチナ人による「自身での破壊」が、破壊命令を取り扱うことに注意。 おお、気の毒。そして、ジェフリー・ゴールドバーグは、自身による犠牲(殉死 - 訳注)がアラブ事情のシンボルと言う。圧政的恐怖を生み出す当局のかかとの下での自身による破壊についてはどうだろう?


(本文:2010年破壊概要最終版に近いもの:翻訳省略:まだ最終版ではないのでエネルギーを倹約して)

全文:Mondoweiss

アーカイヴ:イスラエルの破壊はパレスチナの子どもたちに精神的外傷を与えると国連職員は語る(2010年12月30日)
posted by mizya at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エルサレム自治体が歴史的イスラーム墓地の墓200基を破壊

2011年01月20日

images_News_2011_01_20_mamanullah_300_0.jpg

被占領エルサレム、(PIC)-- イスラエル行政裁判所は、エルサレム最大のイスラーム墓地の墓200基を掘削する自治体要求を承認したと、アクサ財団は語った。

 主要なイスラーム名士何人かが、歴史的ママヌーラ墓地に埋葬されてきた。

 イスラエルのエルサレム自治体と土地行政は、それらが復旧プロジェクト期間に詐欺行為で建てられたと主張し、墓220基を破壊するため、また、ママヌーラが「不在者財産」法の下(ということはやはり、パレスチナ人の資産と認識している訳だ - mizya)、諸機関により取得されるよう、裁判所の承認を求めた。

 裁判所は後に、墓地管理者、サミ・リズクッラ・アブ・ムフとムスタファ・アブ・ズフラを代理して、アクサーイスラーム遺産財団の弁護士、モハメッド・スレイマン・イジュバリアにより提出された、仮差し止め命令要請を拒んだ。

(略)

全文:The Palestinian Information Center
posted by mizya at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポップスター、パラディは政治的にイスラエルコンサートを中止したのか?

2011年01月16日

フランス歌手、ヴァネッサ・パラディは、パートナー、ジョニー・ディップとのイスラエル訪問は、専門的理由で中止されたと主張するが、消息通は、反-イスラエル・ボイコット・キャンペーンが役割を果たしたと語る。
City Mouse Online and Matan Abramovitch

 フランスポップスター、ヴァネッサ・パラディは、ファンや専門家らが、中止の理由をあれこれ推測するまま、パートナーのハリウッド俳優、ジョニー・ディップと共に国に到着すると思われたほんの1カ月前、イスラエルでのコンサートを中止した。

(略)

231225208.jpg
ジョニー・ディップとヴァネッサ・パラディ
Photo by: AP

全文:Haaretz.com

 ポップスターより物書きは政治的センスに欠けているかもしれない。村上春樹以来、隔年の「エルサレム賞」を今年受賞するのはイギリス作家、イアン・マキューアンだ。という訳で、関連記事はイアン・マキューアンのエルサレム賞。

関連記事:「イアン・マキューアンはエルサレム賞を受けると語る」guardian.co.uk
作家 - 賞を受けに市の図書見本市に出かける - は、イスラエル指導者に支持を与えると非難される

Stephen Bates
guardian.co.uk
2011年01月19日水曜日

 長い文学履歴で、小説家、イアン・マキューアンは、西欧諸国の多くから受賞したが、しかし来月、イスラエルの図書見本市で彼に贈られるエルサレム賞ほど、潜在的物議をかもすものは恐らくない。

 今夜、「異邦人たちの慰め」「イノセント」「贖罪」の作家、マキューアンは、彼がエルサレムで賞を受けると示した。前の受賞者は、連帯の行為として拒絶するよう、パレスチナ問題支援者からの圧力を受けた。

(略)

 マキューアンはGuardianに語った:「わたしは常に、市民社会とその政府を区別をすべきと思う。賞を用意するのは、イスラエル外務省ではなく、エルサレム図書見本市だ。わたしは、人々に区別をするよう促す - それは文学に関するものだ。

(略)

 エルサレム地方自治を仕切るエルサレム市長、Nir Barkatは、パレスチナ人家屋破壊と土地強奪を進める首謀者、その市長が出席する「エルサレム賞」が単なる「市民社会」でないことは疑いない。これは文学のみに関することではない。ものを書き発表する行為自体、すでに社会性、政治性を有する行為であって、「文学」とやらの殻に逃げ込むなど、卑怯じゃないか。
posted by mizya at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。