2011年01月22日

入植者3000人が西岸のパレスチナの土地に乱入、抗議した農夫たちは軍により攻撃される

2011年01月20日

ベツレヘム – PNN – 木曜日午前、イスラエル入植者らおよそ3,000人が、西岸南部の都市、ベツレヘムに近いパレスチナ人村人による所有の農地を襲撃した。

 エルタスとワディラハルの土地を所有する農夫たちが、入植者らに強奪された土地まで行進した。入植者らを保護するイスラエル兵らが、催涙ガスを発砲し、抗議者の何人かに暴行した。軍は、ハリール・アブ・シダ、17歳を拘束したが、3時間後、彼を釈放した。

 パレスチナ人ジャーナリストたちは、イスラエル兵士らが、事件取材を止めたと語った。村人たちは、入植者らがテントを持って来たと語り、新入植前哨基地を築く試みを示す。

(略)

全文:Palestine News Network


posted by mizya at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。