2011年01月24日

エレカット:リーバーマンの報道されたパレスチナ国家の地図は「悪ふざけ」

2011年01月23日

Army Radioとの談話で、パレスチナ自治政府交渉者チーフは、和平会談復帰を促し、パレスチナ国家は現れつつあり、それについてイスラエルができることは何もないと付け加えた。

 外務大臣、アヴィグドール・リーバーマンの暫定的パレスチナ国家の地図の草案は、「捏造で悪ふざけ」と、その日早くのHaaretz報道に続き、パレスチナ交渉者チーフ、サーエブ・エレカットは、日曜日、Army Radioに語った。

 日曜日、Haaretzは、アヴィグドール・リーバーマン外務大臣が、基本的に「少々の変更で、領域の現状を凍結するだろう」暫定的境界内のパレスチナ国家の地図を作成したと語る、上級外務官僚を引用した。

(略)

全文:Haaretz.com

先行記事:「リーバーマンの『解決策』:パレスチナは元来の土地の13%に住むことを強いられる」International Middle East Media Center
2011年01月23日日曜日
Saed Bannoura - IMEMC News

イスラエル市民権を持つパレスチナ人の「移送」を提唱する物議をかもす姿勢で知られる、イスラエル外務大臣、アヴィグドル・リーバーマンは、元来の土地の13%を占めるいくつかの続かない土地をパレスチナに残し、イスラエルの粗暴な部隊によりパレスチナ人から奪われた土地のすべてが、イスラエルの手に残るのを可能とするだろう、イスラエル-パレスチナ闘争を「解決する」彼自身の地図をつくり、そして、難民は国際的に承認された帰還権を阻まれるだろう。

     「リーバーマンが将来のパレスチナの境界の自身の地図を作成」Haaretz.com
2011年01月23日

「イスラエル市民権を持つパレスチナ人」とはイスラエル建国以前もパレスチナに住んでいたパレスチナ人、イスラエル建国で、殺されようとも自分の土地を離れないと決意したパレスチナ人とその子どもたち、孫たち、つい最近イスラエル人になったリーバーマンとは大地に根ざす時間が違う。もっとも、イスラエル内に残ったパレスチナ人も住んでいた土地家屋を奪われ、イスラエル内難民生活を強いられてきたのではあるけれど...
 リーバーマンの地図が「捏造と悪ふざけ」であるからには、細部を取りざたしても無意味だけれど、東エルサレムへの言及は避けているから、全部奪うつもりなのだろう、まあ、驚かないけど。東エルサレムへの言及を避けたこのような地図で、パレスチナに動いた国際社会を呼び戻そうと考えているなら「甘い」。国際社会が驚くような譲歩を考える頭は持っていなそうだ。


posted by mizya at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オバマはイスラエル入植地を非難する国連決議で拒否権を行使しないだろう

アメリカ情報筋は、米国が、初めて、安全保障理事会でのイスラエル入植地建設の非難を控えないだろうと指摘する

Saleh Naami
2011年01月23日日曜日

 米国大統領、バラク・オバマは、国連安全保障理事会のイスラエル入植地非難決議に対し拒否権の使用に反対と、イスラエルメディアは報じた。

「オバマ大統領は、安全保障理事会に提出された、イスラエル入植地政策を非難する、いかなるアラブの決議に対しても拒否権の使用を望んでいない」と、アメリカ情報筋は、諜報に特化したイスラエルのウェブサイト、Tid Debakaに語った。

 情報筋は、西岸でのイスラエル入植地に対して、米国が拒否権を使用しない最初となるだろうと付け加えた。

(略)

全文:ahram online

関連記事:「米国元外交官たちからオバマに:イスラエル入植地を非難する国連草案を支持するよう」Haaretz.com
2011年01月22日

アーカイヴ:アラブ諸国が入植地決議草案提出を決定(01月21日)

 boycottilはHaaretzより早く、上記関連記事内容を掲載したことになる。アーカイヴの日付は01月21日だから。(アーカイヴの関連記事参照)
posted by mizya at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルのパレスチナ政治囚 - Adalahシリーズ

Fire bad tree pretty
Daily Kos、2011年01月22日

 西岸、東エルサレム、ガザ (被占領パレスチナ領域、あるいはOPT) の違法占領の始まりから、70万人以上のパレスチナ人がイスラエルにより拘束されてきた。*(注:原文参照)

 これはOPTの人口のおよそ20パーセントである。

 OPTの男性人口の40%以上が投獄されてきた。

 2010年11月30日、その日、イスラエル当局は、囚人と拘留者5741人を捕らえていた。4652人が刑に服しており、162人が拘留されており、3人が法定戦闘員法の下で拘留され、719人が法的手続きの結論まで拘留されており、そして、行政拘留者205人がいた。データは、刑事訴因で囚われたものたちを除く。

 2010年12月、16歳以下の子どもたち30人と、16歳から18歳までの子どもたち180人が、イスラエル治安部隊により拘留で捕らえられた。イスラエル法を犯し、国連子どもの権利条約に違反して、18歳以下のパレスチナの子どもは、大人と考えられている。

(略:長い報告なので:占領地での軍令の恣意的発行と運用/拷問の種類/拷問で引出された証言が有効な政治囚の作り方・軍事法廷の役割・イスラエルの占領システム)

全文:uruknet.info

 その殆どが美術家の、わたしのパレスチナの友人たちの何人かも拘留を経験している。占領下にあっては、パレスチナ人なら誰もが潜在的政治囚なのだ。占領され、土地を奪われ、生計を奪われ、移動もままならない状況を誰が喜ぶだろう。
posted by mizya at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル軍がシルワンの通りから10歳を捕らえる

2011年01月21日金曜日

シルワン、エルサレム (SILWANIC) -- 10歳の子どもが、今日午後、イスラエル軍にシルワンの通りで捕らえられた。マフムード・アバシは、イスラエル兵士らにより、シルワンのアル-ブスタンとワディ・ヒルウェ地区の境の通りで捕らえられ、次に、シルワンの入り口のワディ・ヒルウェ大通りのダヴィデの市入植地複合に移送された。

 衝突は、住民が幼い少年の逮捕理由を知ろうと試みて、パレスチナ住民とイスラエル軍の間で突発した。アバシは今、警察拘留に移され、警察署に囚われている。

silwannet1.jpg

silwannet2.jpg

silwannet3.jpg

原文と画像4点:Wadi Hilweh Information Center - Silwan
posted by mizya at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。