2011年01月27日

パレスチナ自治政府官僚:漏らされたメモは本物

パレスチナ交渉チーム元メンバー、ナビル・シャースは、アルジャジーラにより発表された書類を現実と認める。元ファタハの指導者、ダフランはイスラエルを指差す

Elior Levy
2011年01月25日

 パレスチナ交渉チーム元メンバー、ナビル・シャースは、火曜日、アルジャジーラ・チャンネルにリークされた秘密書類が本物と認めた。元ファタハの力による指導者、ムハンマド・ダフランは一方、「西岸に断絶をつくる試み」とイスラエルを非難した。

 ラマッラからの指示に反して、シャースは、月曜日夜、アルジャジーラのインタヴュに応じ、書類が本物と認めた。「これら書類は、PLOの立ち位置を示し、そしてわたしの知る限り、アルジャジーラはわたしたちが持つ書類の殆どを得た」と、彼は語った。

 書類で明かされた重要なパレスチナの譲歩に触れ、シャースは、彼がそれらを受け入れなかったと語った。「それらに関し不確かだったから、わたしは1995年に交渉を離れた」と、彼は述べた。「わたしは、語られてきたこと、語られずにきたことを判断できない。わたしは、難民の権利に執着し、それらを諦めることを拒絶する、公式なパレスチナの立場に関心がある」。

 カタールのネットワーク(アルジャジーラ - 訳注)に書類をリークしたかもしれない人びとのひとりとして言及されたダフランは、火曜日、沈黙を破り、イスラエルを指差した。

 ダフランによると、メモは「まさしくガザで起こったことのような、西岸に断絶をつくるために、パレスチナ人の間に楔を打ち込むイスラエルの試みだ」。

(略)

全文:Ynet news.com

関連記事:「アルジャジーラ書類は本物と元オルメルト顧問」Middle East Monitor
2011年01月25日火曜日


posted by mizya at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルはアパルトヘイト国家か? 南アフリカ調査はイエスと言う

soysauce
2011年01月21日金曜日

 国際法は、アパルトヘイト犯罪を「制度化された政権の系統的弾圧、人種集団のひとつによる、他のいかなる人種集団あるいは集団群の支配の文脈でなされた、そしてその政権を維持する目的でなされた」人類に対する行為と定義する。

 南アフリカの人間科学研究協議会は、2009年、西岸、ガザ、東エルサレムのイスラエル占領がアパルトヘイトを構成する仮説を調べる調査を任命した。調査は結論を下した:

イスラエルは、OPT(被占領パレスチナ領域)のパレスチナ人に、その支配を維持する意図の政策を、実行しており持続しており、そして、それら政策へのいかなる形の反対をも抑圧すると、明らかに思える。南アフリカのアパルトヘイト実践の比較分析は、この報告のアパルトヘイト分析の至る所で撚りあわされ、アパルトヘイトの意味を定義するよりむしろ解明する。

確かに、南アフリカで適用されたそれと、イスラエルのOPTでの政策と実践のアパルトヘイトの間の違いは明白だ。それにもかかわらず、ふたつのシステムは、同様の支配特徴により定義し得る。


(略:同様の支配特徴の詳述)

全文:Daily Kos
posted by mizya at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。