2011年01月29日

Iraq Burinで入植者らがパレスチナ人殺害

2011年01月27日
人民闘争調整委員会


 ウダイ・マヘル・ハムザ・カドゥース、19歳は、Iraq Burinの彼の土地で農作業していて、入植者らに殺害された。軍部隊は、Iraq Burin村を占拠した。

 19歳のウダイ・マヘル・ハムザ・カドゥースは、今日午後、ナブルスに近いIraq Burinの彼の土地で農作業中、射殺された。Barchaの入植者らが農地に入り、ウダイの腹を撃ったとき、カドゥースは、Iraq Burinの西側で、いとこ、オメル・アフマド・カドゥースと共に農作業していた。オメル・アフマド・カドゥースは、事件の全部を見、発砲の前、入植者らとの衝突はなかったと報告した。彼は、入植者らが農地に入ると撃ち始めたと語った。カドゥースは、現場からナブルス病院に運ばれたが、到着すると死亡を告げられた。軍は現在、Iraq Burin村を占拠しているが、衝突は報告されていない。

(略)

全文:International Solidarity Movement


posted by mizya at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエル国会議員がムバラク支持表明

EE staff
2011年01月26日水曜日

 イスラエル日刊誌、The Jerusalem Postによると、イスラエル国会議員、イスラエルのクネセト・メンバー、ベンヤミン・ベンエリエゼルは、水曜日、エジプト大統領、ホスニ・ムバラクの支持を表明した。

「わたしは、(エジプトでの革命が)可能とは思わない」と、ベンエリエゼルはArmy Radioに語ったと報じられた。「わたしは、ことはすぐ治まると思う。そこで起こっていることに、イスラエルは何もできない。我々にできるのは、ムバラクへの支持を表明することと暴動が静かに過ぎるのを望むことだけ」。

(略)

全文:Al Masry Al Yaum

 エジプト市民の意志に反して、ということは、民主主義に反して、ホスニ・ムバラクに支持を表明するのはイスラエルと米国のみ。ムバラク政権が潰れるとガザ封鎖が立ちいかなくなるから。しかしながら、イスラエルと米国の目論みに反して、世界市民は、エジプト市民への連帯を表明している。
posted by mizya at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。